まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」拡張版には新たなクレジットシーンが含まれるという

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の The More Fun Stuff Version の追加シーンが明らかになったと、Redditユーザーの u/KostisPat257 氏が投稿しました。報告によると、通常版では映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の予告が流されたポストクレジットシーンの変わりとなる映像が公開されるとの事です。

※これより先は「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff Version のネタバレを含んでる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

 

sponsored link
 

映像の具体的な内容は次のように説明されています。

ドクター・ストレンジ予告の代替クレジットシーンでは、ベティ・ブラントの卒業に際して、最後の高校ニュース放送が行われます。ベティは友人たちと一緒に過ごした 4 年間を思い出します。サイエンス・デカスロン、ヨーロッパ旅行、プロムなどの特集がありますが、そこにピーター・パーカーの姿はありません。

ということで、ドクター・ストレンジの「世界の人々の記憶からピーター・パーカーを消す呪文」はどうやら「記録」についても削除されてしまっている事が伺えます。

これにより、ピーター・パーカーは無戸籍と同様の状態になっている事が推測され、家を借りたり、進学についてもかなりの苦労を背負うことになるでしょう。

記憶消去呪文について描写が曖昧だったことについて、脚本を担当したエリック・ソマーズさんとクリス・マッケナさんは以前に「ここで回答されなかった疑問がある場合は、別の映画で回答できることを願っています。」Variety とのインタビューにて語っていました。

今回報告された新たなポストクレジットシーンが「モービウス」の時のように米ソニー・ピクチャーズが勝手に制作したものでなければ、脚本家の二人が想定していた設定が盛り込まれ、記憶とともに記録も失われてしまった事を意味しているようです。

写真や映像、文書からもピーターの存在が消されているとなると、「アベンジャーズ/エンドゲーム」でトニー・スタークを時間泥棒作戦への協力を決意させたピーターとの写真も、トニーひとりの写真に変化してしまっていることでしょう。

©MARVEL,Disney

また、MJやネッドたちのアドレス帳やメッセージアプリのユーザーリストからも「存在しないユーザー」として過去ログごと消えているであろうと考えると、なかなか切ないものがあります。

投稿によると、その他にピーターの高校入学直後の体育の授業のシーン(予告動画にも含まれていた)、スパイダーマンたちのシーン、メイおばさんとヴィランたちのシーン、弁護士マット・マードックのシーンなどが拡張されているとし、デイリービューグルの公式Tiktokのインタビュー動画が3分ほど含まれているとの事です。

sponsored link
 

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff Version は 2022年9月9日 日本劇場公開予定です。

ソース:Spider-Man: No Way Home, The More Fun Stuff Deleted Scenes Reportedly Revealed

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ/エンドゲーム」のシークレットポスターが公開

ツイッターより アーティストのパオロ・リベラさんが新たに映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のポスターを公開しました。 ツイッターでリベラさんは「これらの『 …

サノス再び!?海外で”サノスリターン計画”の情報

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ1から3までのインフィニティ・サーガにおいて、ラスボスとも称されるスーパーヴィランのサノスはその圧倒的なパワーと行動をアベンジャーズたちに見せつ …

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」、キングピンの新たな衣装が目撃され噂を後押しする

マーベル・スタジオが撮影中(そしてストの影響で一時停止中)のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」より、キングピン/ウィルソン・フィスクの新たな姿が現場 …

映画「シャン・チー」の監督がコロナウイルス検査の結果を報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の28番目の作品、映画「シャン・チー」(原題: Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings )のデスティン・ダニエ …

エリザベス・オルセンさんが映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に問題があった事を認める

マーベル・スタジオが制作したドラマ「ワンダヴィジョン」や映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じたエリザベス・オルセンさんが、海外メ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。