まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ホームカミング」、スコーピオン役俳優がファンと不満を共有

投稿日:

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」でマック・ガーガンを演じた俳優のマイケル・マンドさんが2017年に公開されて以降まったく登場しない事へのファンの不満のツイートをシェアしました。

sponsored link
 

元のツイートでは「スパイダーマン:ホームカミングから5年が経ち、ソニーは彼と何もしていません」と投稿。マイケル・マンドさんはこれをリツイートし、何らかの意思を示しました。

マンドさんが演じたマック・ガーガンはバルチャー/エイドリアン・トゥームスの武器取引相手として登場した多数の犯罪歴を持つ殺人鬼。船上での取引の最中に逮捕され、ポストクレジットシーンではスパイダーマンに復讐を誓うシーンが用意されていました。

マック・ガーガンはコミックではスコーピオンと呼ばれるヴィランであり、後にはシンビオートに寄生されヴェノムとして活動したこともあるキャラクター。クモの天敵であるサソリのパワーを持つスコーピオンはスパイダーマンを2度打ちのめし、グリーンゴブリンと共にシニスター・トゥエルブを結成した事もありました。また、スパイダーマンの敵というだけでなく、サンダーボルツやダークアベンジャーズに加入するなど、マーベルヒーロー全体にとっても敵役であり、「スパイダーマン:ホームカミング」の後は派手に暴れる事が期待されていました。

しかし「ホームカミング」以降、ソニーは「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」をリリースし、SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画として「ヴェノム」、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」、「モービウス」をリリースしましたがマック・ガーガンの登場シーンはありませんでした。

唯一、「ノー・ウェイ・ホーム」では原作コミックのスコーピオンらしきシルエットが確認されていますが、それが何を意味するかは今の所判明していません。

MCUではスパイダーマンの新たな3部作が、SSUは今後「クレイヴン・ザ・ハンター」、「マダム・ウェブ」、「エル・ムエルト」、「ヴェノム3」の制作、公開が決まっており、ドラマシリーズなどの制作も報じられていますが、スコーピオンはどの作品で戻ってくる事になるのでしょうか。

映画「スパイダーマン:ホームカミング」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ2」出演の噂のブルース・キャンベルさんが、メイクの様子を公開し出演を示唆【エイプリルフール】

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に出演するのではないかと噂されているブルース・キャンベルさんが、メイ …

クリヘムの兄ルーク・ヘムズワースさん、ウルヴァリンを演じたいと明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)での登場が期待されているX-MENの人気ヒーロー「ウルヴァリン」役を巡って、新たな候補者が名乗りを上げました。米HBO作品「ウエストワールド」(2016~ …

ブリー・ラーソンさん、4年前の「キャプテン・マーベル」のキャスティング発表を記念して舞台裏写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」において、4年前にキャスティングが発表された時にブリー・ラーソンさんが主人公のキャロル・ダンバース/キャプテン・マーベルを演 …

映画「モービウス」のランタイムが明らかに

来月米国にて公開予定のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の公式ランタイムが明らかになった事が報じられています。米国の大手スクリーンチェーン Cinemark によると、 …

リス・エヴァンスさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でのリザード再演について「わからないのは良い事です」とコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」では過去シリーズより何人ものヴィランが再登場する事がトレーラーなどからも確認出来ていますが、その中でリザード …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。