まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「シーハルク」のタチアナ・マスラニーさんはソニーのオーディションで落とされた事を明かす

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の主演を務めるタチアナ・マスラニーさんが、ポッドキャスト Comedy Bang Bang に出演し、シーハルクとなる以前にソニー・ピクチャーズのオーディションを受け、落ちていた事を明かしました。

sponsored link
 

司会のスコット・オーカーマンさんが「マーベルがようやくあなたを捕まえましたね」と話すと、タチアナ・マスラニーさんは「私が彼らを捕まえようとしてきたんです」と述べました。

「何度も断られた」と明かすマスラニーさんに対して司会者が「そうなの?何役に挑戦していたの?」と質問すると、「ヴェノムです。ヴェノムの役ではありませんよ。ヴェノムのガールフレンドか何かでした」と明かしました。

司会者が「ヴェノムのガールフレンド?トム・ハーディ・・・エディ・ブロックの恋人じゃなくて、ヴェノムのガールフレンドだけ?」と質問を続けると、「ええ(笑)ヴェノムのガールフレンドだけです。シンビオートのガールフレンド」と答えました。

そして「ヴェノムは誰と付き合おうとしてたの?」と質問されると、「彼女はカットされました(笑)」とその詳細については伏せました。

最後に他にもいくつかのマーベルキャラクターのオーディションを受けた事を明かしつつ、シーハルク役にかなり満足していると語りました。

「ヴェノム」シリーズのオーディションに落ちた事は、タチアナ・マスラニーさんにとって結果的に良かったのかもしれません。SSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)はこれからが楽しみなユニバースのひとつですが、今の所その展開は遅く、次の一歩がどうなるのかも不透明な状態が続いています。一方でMCUは「アベンジャーズ」シリーズの最新作も制作が発表されており、先日はハルクを演じるマーク・ラファロさんがアベンジャーズ映画にシーハルクが参加する事を明かしていました。

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の公式概要は以下のとおりです。

私はジェニファー。ヒーローじゃない。弁護士です――
本作の主人公は、地方検事としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。 彼女のささやかな願いは、ただ普通に仕事と恋を楽しむこと。 しかし、ある事故をきっかけに、突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまった…。

解禁された予告編では、手に入れてしまった力をコントロールするため、ハルクから直々に訓練を受けるジェニファーの姿がうかがえる。 その後は超人専門弁護士に抜擢され、アボミネーションやウォンなど、顧客となる様々なマーベル・ヒーローやヴィランによる騒動への対応に追われることに。そんな中、望まずして手に入れた最強の<ハルク>の力を巡る壮大な戦いが水面下で動き出し…?

アベンジャーズ最強の力と、弁護士として最強の頭脳をあわせ持つ“シー・ハルク”による、 前代未聞のリーガルコメディ・アクション、いざ開廷! 

ドラマ「シーハルク」は 2022年8月18日 よりディズニープラスで日米同時配信です。

-ドラマ, 映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」のキャラクター批判に対してマーベル・スタジオが声明を発表

D23 Expo 2022で発表された、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」に新登場する事になったイスラエルの新たなヒーロー「サブラ」 …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」でのガントレット問題について、脚本家が言及

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)の謎のひとつとして、サノスのインフィニティ・ガントレットに関する疑問がありました。 インフィニティ・ウォーを見て分かる事は、ガントレットはニ …

映画「ブラックウィドウ」、スタジオPが「ナターシャの旅の終わりにしたくない」と明かす

マーベル・スタジオの副社長兼プロデューサーのビクトリア・アロンソが海外メディア Bionic Buzz とのインタビューの中で、公開が来週と迫っているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最 …

ブリー・ラーソンさん、「ザ・マーベルズ」の撮影が「自分だけのディズニーランドのようだ」と明かす

現在撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」の主演を務めるブリー・ラーソンさんが Sirius XM に出演し、本作の撮影について制作陣が「ヤバい世界を構築してい …

映画「キャプテン・マーベル2」には原作でも関係が深いカマラ・カーンとモニカ・ランボーが登場

2022年公開予定の映画「キャプテン・マーベル2」に、原作コミックでも関係が深いキャラクターであるモニカ・ランボーとミズ・マーベル/カマラ・カーンが登場することが発表されました。 sponsored …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。