まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ティム・ロスさん、ドラマ「シーハルク」は正気の沙汰ではなかったと語る

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「インクレディブル・ハルク」でヴィランのアボミネーション/エミル・ブロンスキーを演じたティム・ロスさんが、海外メディア Uproxx とのインタビューで、ディズニープラスシリーズ「シーハルク」でMCUに復帰することについて語りました。

sponsored link
 

ティム・ロスさんはインタビューの中で次のように語りました。

まあ、正直なところ、完全に驚きました。ケヴィン・ファイギと話をしに行ったら、「アイディアがあるんだ」と言われたんだ。「ぜひ参加してほしい」と。本当に?というのも、私が最初に「インクレディブル・ハルク」の映画を作ったとき、その原型は自分の子供のために参加しただけだったんです。当時は、MCUがどうなるかなんて誰も知らなかったしね。それが2作目でした。撮影自体はアイアンマンの公開前でした。

ロスさんは続けて、彼らがいかに本当に「理解」したかに触れ、ウルヴァリンやデッドプールといった作品(残念ながらMCU作品ではありませんが)を賞賛しています。

そして、それは彼らがそれを理解したときだった。「ああ、こうすればいいんだ」と。そして、彼らはそれをやり遂げました。ある者はより良く、またある者はより良く、しかし彼らはそれをやり遂げたのです。僕にとっては、ウルヴァリンとデッドプールがそうだった。子供たちが小さかった頃は、子供たちのためにやっていました。

「シーハルク」の撮影については、「マーク・ラファロと一緒に仕事ができた」ことが「最高だった」と語り、シー・ハルクのプロジェクト全体が「正気の沙汰ではなかった」と次のように語っています。

「彼らが戻ってきて、どう思う?」と言われたときは驚きました。「ああ、そうだな」ってね。そして、去年の夏くらいに撮影したところかな。今ポスト(プロダクション)をやっていると思います。おまけにマーク・ラファロと一緒に仕事ができたんだ。すごいね。大好きな人、と言っていいのかどうかわからないけど。そして、この素晴らしい女性、タチアナは…シーハルクを演じている…まさにインクレディブル(信じられない)な女性だ。だからすごく楽しかった。正気の沙汰ではありませんでした。

「シーハルク」は1話30分のリーガル・コメディになると発表されており、主人公である弁護士のシーハルク/ジェニファー・ウォルターズをタチアナ・マズラニーさんが演じ、親友役にジンジャー・ゴンザーガさんがキャスティングされています。その他、MCUからハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロさんの登場と、ティム・ロスさんも再登場となります。

ドラマ「シーハルク」は2022年ディズニープラスにて配信予定です。

ソース:Tim Roth On ‘Sundown,’ ‘She-Hulk,’ And Why He Was Cut Out Of ’Once Upon A Time In Hollywood’

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」から、タイムキーパーのキャラクターポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」から、タイムキーパーのポスターが公開されました。本作における重要な組織TVAの創設者として紹介された3人のタイムキーパーたちですが、3話で …

ソニー・ピクチャーズがNetflixと新たな契約 ─ ’22年以降作品を独占配信へ

ソニー・ピクチャーズとストリーミングサービス最大手のひとつNetflixが新たな契約を締結したと、海外メディア Hollywood Reporter が報じました。2022年以降の複数年にわたって公開 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなセット写真が公開 ─ ワンダの謎の衣装は?

ディズニープラスで独占配信となるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなセット写真が明らかになりました。キャストの衣装にスポットをあてたもので、トレーラーでも …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の新たなポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の新たなポスターが公開されました。今回公開されたのはアーティストのベラ・グレースさんがデザインしたも …

映画「シャン・チー」続編とディズニープラススピンオフの制作が報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督がマーベル・スタジオを複数年の契約を締結し、続編映画とディズニープラス向 …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。