まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シーハルク」、タイアニア役ジャミーラ・ジャミルさんはドクター・ドゥームに改造されたい

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」に出演したジャミーラ・ジャミルさんが、タイタニアの今後について、ドクター・ドゥーム・バージョンを演じたいと海外メディア GamesRadar とのインタビューの中で語りました。

sponsored link
 

ジャミルさんはコミックのタイタニア/メアリー・マクファーレンを取り上げて、「ドクター・ドゥーム版のタイタニアは、私が本当に実現させたいものです。アブソービングマン(タイタニアの夫)を登場させたいし、ボルカーナ(親友)も登場させたいわ。マーベルが私を再度呼んでくれるかどうかはわからないけれど、もし呼び戻したら、私が最も語りたい物語です。『シーハルク:ザ・アトーニー』は私の番組ではありません。これはシーハルクのものであり、私は彼女の成長のためのアクセサリーとしてそこにいる、それはもう光栄の極みです。もしタイタニアが再登場の瞬間を迎えることがあれば、私はその背景の全貌を伝えたいです。」と語りました。

コミックのタイタニアにはなかったインフルエンサーというアレンジについて、「親近感のあるソーシャルメディアのインフルエンサーにしたことはとてもクールで面白いと思いますが、タイタニアには全く別の世界、別の側面があるんです。」と評価しつつも、「ダン・スロットが描いた、タイタニアが子供の頃にいじめられ、それが彼女を不安定にさせるというストーリーが大好きです。ドラマはそのストーリーを描いているわけではないのですが、私の頭の中にはそのようなイメージがありました。そして、エピソード6で初めて、タイタニアを突き動かす不安の片鱗を垣間見ることができるんです。」とドラマでは特に設定されていなかったタイタニアの過去について、コミック版をもとに役作りした事を明かしました。

コミックのメアリー・マクファーレンは「シークレット・ウォーズ」の際にドクター・ドゥームの提案を受け入れ、怪力を持つタイタニアとして生まれ変わりました。映画「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」にはドクター・ドゥームやシーハルクが登場するだろうと考えられており、いくらかのタイタニア再登場の可能性はあるようにも思えます。

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」シーズン1はディズニープラスで配信中です。

ソース:Jameela Jamil talks Marvel, her dream Star Wars role, and being part of the Star Trek universe

-ドラマ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、6話のイースターエッグをピックアップ

2021年7月14日配信のドラマ「ロキ」エピソード6「とわに時を いつでも」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。 ※この先はシリーズのネタバレ、および今後の物語のネタバレの可能 …

ドラマ「ムーンナイト」のプロモーションアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の配信開始を3月に控え、米国では様々なグッズの予約販売などが開始されています。その中で、今作におけるムーン …

マーベル・スタジオが「ワンダーマン」のドラマを計画中、シャン・チーの監督が起用されていると報じられる

マーベル・スタジオがドラマ「ワンダーマン」の開発の初期段階に入っていると海外メディア The Hollywood Reporter が報じました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「 …

ドラマ「ロキ」、ラヴォーナ・レンスレイヤーの原作コミック設定とは

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」に登場するラヴォーナ・レンスレイヤーのコミックバージョンをご紹介。TVAの裁判官として登場したラヴォーナ。メビウスの上司のようでもあり、T …

【噂話】ブレイドは映画「ブレイド」の前にディズニープラスに登場すると言う

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)としてリブートが計画されている映画「ブレイド」の公開よりもはやく、主人公ブレイドが画面に登場するだろうと、海外メディア The Cosmic Circus …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。