まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ワンダーマン」主役にヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世さんがキャスティング

投稿日:

マーベル・スタジオが開発中だと噂されているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のディズニープラス向けドラマ「ワンダーマン」の主人公ワンダーマン/サイモン・ウィリアムズ役に、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世さんがキャスティングされたと海外メディア Deadline が報じました。

sponsored link
 

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世さんはDCのヒーロー映画「アクアマン」とその続編「アクアマン・アンド・ザ・ロスト・キングダム」でヴィランのブラックマンタ/デイビット・ケインを演じていましたが、「アクアマン」出演について「ピエロの仕事」と揶揄した事が話題にもなりました。(参照:IGN

彼が「アクアマン」を批判した真意は明かされていませんが、DCとマーベルに何か違いがあるのか、「ワンダーマン」の契約合意に至っているようです。

「ワンダーマン」はマーベル・スタジオ及びディズニーからの正式発表がない作品ですが、今回の主役キャスティング以外にも、映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督が製作総指揮と監督を務め、ホークアイの共同プロデューサーであるアンドリュー・ゲストさんがヘッドライターを務めると報じられています。

また、ベン・キングズレーさんが演じるトレヴァー・スラッタリーもこの作品に登場すると報じられています。

コミックのワンダーマン/サイモン・ウィリアムズは元ウィリアムズ・イノベーション社の社長の次男として生まれました。兄エリックはヴィランのグリムリーパーとなり、エリックは若くして父親を亡くし、会社を継ぐものの経営能力の不足からスターク社に敗北、会社を倒産させてしまいます。この時期にサイモンはバロン・ジモにイオンエネルギーを注入されワンダーマンへと変化します。

ワンダーマンはイオンエネルギーのボディを持つ超人で、実質的に無敵、不死身である設定ですが、にも関わらず結構死んでしまうキャラクター。ジモはワンダーマンをアベンジャーズに送り込み、内部崩壊させようと計画しますが、ワンダーマンは裏切り、アベンジャーズを助け、メンバーになりました。その後、ヴィジョンの人格モデルにもなっている人物で(MCU版のヴィジョンの人格モデルはJ.A.R.V.I.S.)、会社倒産後は俳優、スタントマンとして表の生活を送っています。

本ドラマのリリース時期は不明ですが、デスティン・ダニエル・クレットン監督は「シャン・チー2」や「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」、さらにシャン・チーの妹シャーリンのスピンオフドラマも抱えているため、制作が成立するのか不安視する声もあがっています。

THRの最新のレポートによると、クレットン監督は「ワンダーマン」で最低ひとつのエピソードを監督するとしています。「ワンダーマン」の計画は実際にどこまで進んでいるのか、今後も要注目となりそうです。

ソース:‘Wonder Man’: Yahya Abdul-Mateen II Tapped To Lead Marvel Series For Disney+

-ドラマ
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「エコー」におけるデアデビルとキングピンの役割が報じられる

現在撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「エコー」への登場が噂されているデアデビルとキングピンですが、彼らの役割について海外スクーパーの The Weekly Planet …

クリス・エヴァンスさん、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」を見るのが待ちきれないと言う

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でキャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースを演じてきたクリス・エヴァンスさんが、海外メディア ACE Universe とのオンラインミーティングの中 …

ドラマ「ホークアイ」11月24日配信開始 ─ 海外メディアは「ミズ・マーベル」延期の可能性を指摘

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」が 2021年11月24日 から米ディズニープラスで配信される事が発表されました。あわせてホークアイ/クリント・バートンとケイト・ビ …

ドラマ「ロキ」、コンセプトアートの中にいくつかのマーベルキャラクターが発見される

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のメイキングドキュメンタリー「マーベル・スタジオ・アッセンブル」のロキ編が公開され、番組で様々なコンセプトアートが紹介される中で、一部のマ …

ドラマ「ミズ・マーベル」ではサイクロップスのイースターエッグが削除されていた

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」の新たな未使用コンセプトアートが公開されました。アーティストの Shae Shaz 氏が ArtStat …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。