まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シーハルク」、ヴィランを演じるジャミーラ・ジャミルさんが「最も迷惑な存在になる」と語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」でヴィランのティターニアを演じるジャミーラ・ジャミルさんが、海外メディア ScreenRant とのインタビューの中で、彼女が「MCU史上最も迷惑な存在になる」と語りました。

sponsored link
 

ジャミルさんは自身の役割について「ティターニアが目立つのは、実は彼女が最も迷惑な存在だからだと思います。彼女はほとんど力を使う必要がなく、ただみんな死ぬほど困らせることができる。それは、私たちがまだ十分に活用していない超能力だと思います。また、彼女はとてもグラマラスです。少し丸みを帯びているところもいいし、まったく無頓着なところもいい。無意識のうちに、とても奇妙なことをするんです。もうすぐ判りますよ。」と語りました。

シーハルクのヴィランの当初のキャスティング募集では、「グラマラスなソーシャルメディアのインフルエンサーで、カーダシアンのようなダークサイドを持つ人」とされていた事やトレーラーでもSNSに関するシーンが含まれている事から、ティターニアはソーシャルメディアでの名声を目的に動いているのかもしれません。

また、E!ニュースとの別のインタビューでは、この役が自分の人生をいかにして変えたかについて話しました。

ジャミルさんは「私はいつもひょろ長くて、情けなくて、Mr.ビーンみたいだったから、全く新しい方法で自分の体を使う方法を学ぶことができました。そして初めて、自分が強くてパワフルだと感じるようになったのです。スタントも9割方自分でやりました。マーベルの場合、全体の文脈の中で出来ることは限られているので、実際にどの程度ショーに反映されたかはわかりません。でも、私は変身して、立ち姿が変わり、自信がつき、自分の体について感じる方法が変わりました。」と述べています。

そして「私はずっと摂食障害の回復に取り組んできて、初めて、ティターニアを演じることで、大きくなりたいという気持ちになり、実際にそれを克服出来たと感じています。強くなりたい。それが彼女のすべてなのです。彼女はそれを美しく、力強いものだと考えています。」と、このキャスティングが決定し、役に取り組むにあたって摂食障害を克服したと語りました。

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の公式概要は以下のとおりです。

私はジェニファー。ヒーローじゃない。弁護士です――
本作の主人公は、地方検事としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。 彼女のささやかな願いは、ただ普通に仕事と恋を楽しむこと。 しかし、ある事故をきっかけに、突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまった…。

解禁された予告編では、手に入れてしまった力をコントロールするため、ハルクから直々に訓練を受けるジェニファーの姿がうかがえる。 その後は超人専門弁護士に抜擢され、アボミネーションやウォンなど、顧客となる様々なマーベル・ヒーローやヴィランによる騒動への対応に追われることに。そんな中、望まずして手に入れた最強の<ハルク>の力を巡る壮大な戦いが水面下で動き出し…?
アベンジャーズ最強の力と、弁護士として最強の頭脳をあわせ持つ“シー・ハルク”による、 前代未聞のリーガルコメディ・アクション、いざ開廷! 

ドラマ「シーハルク」は 2022年8月17日 よりディズニープラスで日米同時配信です。

sponsored link
 

ソース:She-Hulk’s Titania Is Most Annoying MCU Villain Ever, Says Jameela Jamil

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

Netflix「デアデビル」カレン役がデッドプールの画像公開で一騒ぎ

Netflixのマーベルドラマ「デアデビル」でカレン・ペイジを演じたデボラ・アン・ウォールさんが、11月23日の感謝祭を祝して Instagram を更新、その際にデッドプールの画像を用いたことでウォ …

ジェマ・シモンズ役エリザベス・ヘンストリッジさん、イギリスへの移動を報告 ─ 「シークレット・インベージョン」に参加か?

ABC制作のドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.の科学者ジェマ・シモンズを演じていた女優のエリザベス・ヘンストリッジさんがInstagramで近況を報告。その中でイギリスに …

【噂話】ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」、オーブリー・プラザさんの役割について新たな報道、グリーン・ウィッチを演じると言う

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」に出演のオーブリー・プラザさんが演じる謎のキャラクターについて、海外スクーパーが新たな …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」最初の約40秒間の本編映像が公開、あのドラマとのクロスオーバー要素も

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の米公開を来週に控え、本作の冒頭約40秒ほどの映像が公開されました。映像の大半はこれまでのトレーラーで見られ …

エンパイアからドラマ「ワンダヴィジョン」の新たな写真が公開

ディズニープラスで配信予定のドラマ「ワンダヴィジョン」の新たな劇中写真が、雑誌 Empire より公開されました。クラシックな装いのワンダ・マキシモフとヴィジョンの姿が写されており、一枚は白黒でベッド …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。