まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

チャーリー・コックスさん、「デアデビル」のMCU版スーツはコミックに忠実なものを期待している

投稿日:

Netflixドラマ「デアデビル」で主人公デアデビル/マット・マードックを演じたチャーリー・コックスさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中でどんなスーツを着たいか」という質問に対し、「ちょっとしたアイデア」を語りました。

sponsored link
 

チャーリー・コックスさんは「これはチャーリー・コックスが観たいものであり、ファンやクリエイターの心象を悪くしたくありません」と前置きしつつ、「憶測で物を言うと、抜け出せなくなるのであまり好きではありません。マットの旅、彼の感情の旅のある時点で、もう一度言いますが、今起きていること、これから起きるかもしれないこと、そしてそれが私たちがすでにやったこととどう関係しているのか、すべて分かりませんが、私はこのアイデアがずっと好きでした。でも、ある時点で、彼がDDを持つ権利を得たと感じるというアイデアはずっと気に入っています。それは、これまでなかったことです。」と語りました。

「そして、ある日突然、マットがその決断を下し、スクリーン上でその進化を目撃することになる、というアイデアが好きなんです。これは、私が持っていたちょっとしたアイディアで、とてもクールなものになると思っているんですよ。」と続けました。

コミックのデアデビルは胸に頭文字であるDDがプリントされており、チャーリー・コックスさんは劇中でコミックに忠実なスーツへとアップグレードさせたいと考えているようです。

©MARVEL

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にマット・マードックとして出演したチャーリー・コックスさんですが、あくまで弁護士としての登場であり、デアデビルのスーツを着る機会はありませんでした。

今後のMCUにおける再登場ではお馴染みの赤スーツではなく、クラシックなコミックの黄色のスーツになるのではないかという噂もありますが、コックスさんの希望のスーツを着用する場面は訪れるのでしょうか?

ドラマ「デアデビル」は 2022年3月16日 より米ディズニープラスで配信予定です。

ソース:Daredevil’s Charlie Cox Chats Kin Renewal, MCU Future, and More

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ムーンナイト」、ファーストトレーラーのチェックポイント

2022年3月30日よりディズニープラスで配信予定のドラマ「ムーンナイト」の最初のトレーラーが公開されました。本記事ではそのトレーラーの中でチェックしておくべきポイントをピックアップしてご紹介していき …

ドラマ「ロキ」から新たな動画”Clock”が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」から新たなTVスポット「Clock」が公開されました。この動画ではメビウス・M・メビウスがロキに対して物事を真剣に考えるように指示していま …

ドラマ「ホークアイ」のスピンオフ、「エコー」が開発中と報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」に登場するエコー/マヤ・ロペスをメインにしたスピンオフドラマの開発計画が初期段階にあると海外メディア Variety が報じました。 …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の日本向け予告が3本公開

3月19日の配信開始を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の日本向け予告動画が3本公開されました。動画の語り手はキャプテン・アメリ …

ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんが生涯ロキを演じたい意欲を見せる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のシーズン1の最終話が配信され、シリーズを通してロキの成長とこれまでになかった側面を描きました。そしてシーズン2の制作が正式に発表された中 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。