まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シークレット・インベージョン」、キリアン・スコットさんがミュータント・スクラルを演じると報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」。2022年配信予定の本作は同名コミック「シークレット・インベージョン」を実写化するもので、本作へのキャスティングが報じられていたキリアン・スコットさんの役割が判明したと、海外メディア The Direct が独占情報として報じました。

記事によると、キリアン・スコットさんはフィズと言う名のスクラル人を演じるとの事。

コミックのフィズはスクラル人であり、かつミュータントでもあるキャラクター。数名の仲間とともにスクラル帝国を追放されたフィズは地球に到着し、プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアと出会い、短期間一緒に過ごしました。そしてその後、フィズはX-MENがアポカリプスと戦うのを手助けしています。

フィズのミュータント能力は自身のサイズの拡大縮小であり、スクラルの変身能力と同時に扱う事で、本来スクラル人が変身出来ないような大きな物から小さすぎる物にまで変身出来るというもの。

スコットさんが演じるのはスーパースクラルのクラートだと以前に報じられた事もあり、そちらはファンタスティック・フォーと関連のあるキャラクターになっています。

どちらの報道が正しいかは不明ですが、キリアン・スコットさんは「X-MEN」、あるいは「ファンタスティック・フォー」への道筋を作る重要なポジションになる可能性が高いようです。

本作はすでに撮影が始まっていることを主演のサミュエル・L・ジャクソンさんが報告しており、秘密だらけのこの作品には注目が集まっています。

sponsored link
 

ドラマ「シークレット・インベージョン」は 2022年、ディズニープラスで配信予定です。

ソース:Marvel’s Secret Invasion: Killian Scott to Play X-Men-Connected Skrull In Disney+ Series (Exclusive)

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」のポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のポスターが公開されました。クリスマスのニューヨークを背景に、ジェレミー・レナーさん演じるクリント・バートン …

ジョナサン・メジャースさん、告発撤回か─担当弁護士が発表

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」で征服者カーンを演じたジョナサン・メジャースさんが逮捕された件について、メジャースさんの担当弁護士は告発撤回の …

ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」、アグネスの次回作が決定か

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」の新たな写真が話題になっています。主人公アガサ・ハークネスは前作「ワンダヴィジョン」で …

ドラマ「ロキ」、第2話ラストで登場したヴィランはレディ・ロキではない?スペイン語版の表記が話題に

昨日配信されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第2話「変異体」にて、ヴィランが姿を現しました。第1話で明かされた事実と、昨年からのリーク情報などから考えられるのはレディ …

ミズ・マーベル/カマラ・カーンの死にケヴィン・ファイギ社長の関与を作家が暴露するも、会社は否定の声明を発表

2023年発売のコミック「アメイジング・スパイダーマン」#26でミズ・マーベル/カマラ・カーンが死亡した事に関して、「マイルズ・モラレス:スパイダーマン」のライターであるコーディー・ジグラーさんが、こ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。