まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」、第2話ラストで登場したヴィランはレディ・ロキではない?スペイン語版の表記が話題に

投稿日:

昨日配信されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第2話「変異体」にて、ヴィランが姿を現しました。第1話で明かされた事実と、昨年からのリーク情報などから考えられるのはレディ・ロキ。コミックにも登場するレディ・ロキがはやくも登場したことで、海外でも配信後すぐに話題になりましたが、スペイン語版のある1枚の画像がさらに話題を呼びました。

※真偽は不明ですがこれより先は今後のエピソードのネタバレを含む可能性があります。

sponsored link
 

©MARVEL

ソフィア・ディ・マルティノーさんが演じるレディ・ロキは、ファンがコミックになぞらえてそう呼称しているだけで、今の所クレジット(英語版)では 「The Variant」として表記されています。日本語吹替では「変異体」となっています。

©2021 MARVEL,Disney

ところが、Redditに投稿されたスペイン語版の画像によると、そこには「Sylvie」というキャラクターが掲載されており、さらに不思議なことに数時間後には修正されてそのキャラクターの名前がなくなったとの事。(上:修正前 下:修正後)

©2021 MARVEL,Disney

シルヴィというのはコミックでも有名なキャラクターであり、ロキと関係の深い人物「シルヴィ・ラッシュトン(Sylvie Lushton)」が存在します。別名エンチャントレスとも呼ばれる彼女は、ロキに魔力を与えられて誕生した少女でした。

シルヴィが「ロキ」に登場するといった噂は1年以上前から存在し、そのときは幼いシルヴィ役としてケイリー・フレミングちゃんがキャスティングされたという噂で、本作にシルヴィが登場するのではと話題になっていました。

2話でマルティノーさん演じるレディ・ロキと考えられているヴァリアントは他人の身体を乗っ取る描写があり、コミックのレディ・ロキもロキの魂がレディ・シフの身体を乗っ取ったことで誕生したキャラクターでした。

スペイン語版の表記が誤表記でなく、一足はやいお披露目だったとすれば、マルティノーさんが演じているのはヴァリアント・ロキに身体を乗っ取られたシルヴィという事になりそうで、黒幕の本体は別にあるという事でしょうか。

物語は2話の後半ではやくも怒涛の展開を迎え、来週以降のエピソードにも期待が高まっています。

ドラマ「ロキ」は 毎週水曜日 16時より ディズニープラスで新エピソードを追加配信中。次回、第3話は 2021年6月23日 配信です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ホークアイ」の新トレーラーとフィーチャレットが公開

来週からディズニープラスで配信スタートのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」より、新たなトレーラー「Show Me」とフィーチャレットが公開されました。コミックのデザイ …

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」監督がサノスに関する噂を否定

昨日、ディズニープラスで配信予定の「ザ・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・ホリデー・スペシャル」について「ガモーラ&ネビュラとサノスの家族のような関係についてフォーカスされた作品になる。」と報じられ …

ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんがロキの過去、現在、そして未来を語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でロキを演じる俳優のトム・ヒドルストンさんが、MCUのロキの過去を振り返り、間もなく配信が始まるドラマ「ロキ」と今後のMCUにおけるロキについて、海外メデ …

ケヴィン・ファイギ社長、ドラマ「ロキ」はMCUに大きな影響を与えると明かす ─ テーマはグレーゾーン

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の配信開始を控え、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が Empire Magazine とのインタビューの中で、本作が「他の作品よ …

ドラマ「ワンダヴィジョン」予告編に登場している養蜂家情報まとめ

先日公開されたドラマ「ワンダヴィジョン」の第2弾予告編に映っている謎の養蜂家。熱心なマーベル・コミックのファンであれば、あの姿がなんなのかは察しがついていると思いますが、今回はあの養蜂家を取り上げた記 …

PREV
ドラマ「アーマー・ウォーズ」でアイアンマンはどうなる?ディズニーCEOが示唆
NEXT
ドラマ「ワンダヴィジョン」シーズン2の可能性についてケヴィン・ファイギ社長が言及 ─ 物語は継続する

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。