まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」、監督がメビウスの家族を描く可能性があった事を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のケイト・ヘロン監督が、オーウェン・ウィルソンさん演じるメビウスの撮影には至らなかったプランについて、海外メディア Comicbook.comとのインタビューで明かしました。

sponsored link
 

ヘロン監督は、メビウスの家族や過去の人生を描いた「いくつかのドラフト」があったことを認めました。しかし、監督はそのアイデアを完全に破棄したと説明しました。

私たちは、メビウスの家族や人生が描かれた脚本のドラフトがいくつかあったことを話していましたが、それが何であるかはまだ分からないと皆で決めました。それはとてもエキサイティングなことだと思います。なぜなら、彼と一緒に旅をする道が増えるからです。そして、彼が剪定されることになったとき、彼が『もし家族がいたら』と言うことは、より辛いことだと思います。なぜなら、彼は家族を持ったかもしれないし、持たなかったかもしれないし、脚本家が彼のキャラクターをどこに連れて行くのか分かりませんから。

さらにヘロン監督は、TVAのエージェントが全員ヴァリアントであることを明らかにしたことについては、フラッシュバックは必要なかったと指摘しています。

しかし、私たちが一番感じたのは、緊張感を高めるためには、B-15のように彼女が自分の記憶を見て、それが彼女の人生に影響を与えることがより効果的だということでした。そして、それがTVAのすべての人々に反映されると思います。なぜなら、彼女が見たものによってどれほど心を動かされ、何をするかがわかるからです。ですから、少なくともこの部分では、必ずしもフラッシュバックをする必要はないと考えました。

監督は最後に、これらのアイデアはスタジオで検討されましたが、最終的には “将来の検討のためにオープンにしておく “ことができると考えたと述べています。

でも、そうですね、脚本家と私は確かにそのことについて話し、スタジオと検討したと思います。ただ、すべてが揃い始めたときに、ああ、この方法で演じたほうがいいんだな、と判断して、基本的には将来的な検討のためにオープンにしておくことにしました。

「ロキ」のシーズン1ではメビウスだけでなく、シルヴィやC-20、B-15、レンスレイヤーなどの本来の人生もほとんど見ることは出来ませんでした。彼らの家族や人生の背景はあえて白紙の状態で残され、来たるべきシーズン2などで必要になった時にあらためて描かれるのかもしれません。

sponsored link
 

ドラマ「ロキ」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

ソース:Loki Director Says Mobius Had a Family Backstory That Might Change (Phase Zero Exclusive)

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ムーンナイト」、フィナーレはゴジラに影響を受けたと監督が語る ─ 今後の映画化についても言及

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」シーズン1のモハメド・ディアブ監督が海外メディア The Wrap とのインタビューに応じ、本作を振り返り …

ドラマ「ロキ」のEPがシーズン3の可能性について語る─今後の目標はソーとの再会

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるケヴィン・ライトさんが海外メディア Variety とのインタビューに応じ …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のセット写真よりバトロックと謎の女性を確認

ディズニープラスで配信予定のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は中断されていた撮影が再開され、その様子はキャストやスタッフ達のオフショットやスクーパー達のリークと言った形で日を追うご …

「ロジャース:ザ・ミュージカル」、ディズニーカリフォルニアで今夏スマッシュが決定

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」の劇中で上演されていた「ロジャース:ザ・ミュージカル」が、2023年夏にディズニーカリフォルニアアドベンチャ …

アニメ「What if…?」からキルモンガーのキャラクターポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」よりエピソード6の主人公と見られるキルモンガーのキャラクターポスターが公開されました。2 …

PREV
ドラマ「ロキ」、2話の神聖時間軸爆破のあとどうなっていたのか、監督が解説
NEXT
ドラマ「ロキ」、コンセプトアートの中にいくつかのマーベルキャラクターが発見される

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。