まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」、デザイナーが1話から気づかれていなかったイースターエッグを明かす ─ ラストシーンについても解説

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のプロダクション・デザイナーを務めるカスラ・ファラハニさんが、本作の1話からフィナーレまでに散りばめられた、ファンが気づいていなかったイースターエッグについて明かしました。

sponsored link
 

Marvel.com とのインタビューの中でファラハニさんは、第6話で在り続けるものが登場したシタデルの建築について語りました。

©2021 MARVEL,Disney

「コミック(1996年「THOR」#245)では、”時の終わりの城 “が小惑星の上にあるという前例があります。私が初期に提案したのは、建物全体、建築物のすべてが小惑星からその場で削り出されたものであり、他の建築材料は存在しないというアイデアでした。」

ファラハニさんはまた、最初の5つのエピソードを通して、他の場所にあるシタデル石を見るために、ファンはシリーズを再視聴する事をおすすめしています。シタデルに使われた石は1話からいろんな場所に登場していました。

©2021 MARVEL,Disney

この石は1話から登場しており、レンスレイヤーの判事席に使われています。

©2021 MARVEL,Disney

2話で登場した、レンスレイヤーのオフィスの内壁やタイムキーパーの像も、シタデルと同じ建材から出来ていました。

©2021 MARVEL,Disney

第4話ではタイムキーパーとの面会に向かうためのエレベーターの内壁もこの建材でデザインされています。


また、ショーのラストシーンのTVAはカーンの像を除いてまったく同じであるとファラハニさんは保証しました。その理由について「視聴者とロキが別の場所にいること、別のタイムラインにいることを理解するのを遅らせるためです」と述べています。

それゆえにメビウスの「君は誰だ」というセリフになり、直前まで見てきたTVAとは別のTVAに来てしまった事を表現していました。

ヴァリアント・TVAに来てしまったロキと、時の終わりに取り残されたシルヴィはどうやって神聖時間軸に戻ってくるのでしょうか。

ドラマ「ロキ」シーズン1はディズニープラスで全話配信中です。

ソース:Loki: Deconstructing He Who Remains’ Life’s Work at the Citadel at the End of Time

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ワンダヴィジョン」、配信日は10月30日か? ─ インドネシア版予告に表記

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のディズニープラス独占配信のドラマ「ワンダヴィジョン」のトレーラーが公開され、公開1時間ほどで40万回を超える再生回数になっています。 sponsored …

セバスチャン・スタンさん、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」と「ワンダヴィジョン」の違いについてコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズを演じる俳優のセバスチャン・スタンさんが、海外誌 Tot …

ドラマ「ムーンナイト」にオスカー・アイザックさんが交渉中

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のムーンナイト/マーク・スペクター役にスター・ウォーズシリーズや映画「X-MEN/アポカリプス」でアポ …

セバスチャン・スタンさんがドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」のカメラテスト時の写真を公開

3月からのドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」配信開始を控え、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズを演じる俳優のセバスチャン・スタ …

ドラマ「ホークアイ」、クリントの新コスチュームが判明するもすぐに削除される

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」で新ヒーローのエコーを演じるアラクア・コックスさんが舞台裏写真を公開しました。その投稿ではエコーとクリン …

PREV
ドラマ「ホークアイ」は11月配信?出演俳優が意味深発言
NEXT
ドラマ「ロキ」、トム・ヒドルストンさんが生涯ロキを演じたい意欲を見せる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。