まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

マーク・ラファロさん、ハルクのソロ映画が難しい理由について「制作費が高すぎる」とコメント

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「インクレディブル・ハルク」以降、長きにわたって活躍しているハルク/ブルース・バナーを演じるマーク・ラファロさんが、海外メディア GQ とのインタビューの中で、ファンが熱望しているソロ映画の難しさの理由について「制作費の高さ」がある事を指摘しています。

sponsored link
 

ラファロさんは「シーハルク」でMCUのドラマシリーズへの登場についても触れ、最近のスタジオの路線変更も交えて次のように語っています。

ストリーミングへの拡張は本当に興奮しましたが、映画の素晴らしいところは3年待たなければならなかったことで、それが神秘性を生んでいました。(ディズニーとマーベル・スタジオの)これらの見直しは本当にポジティブなことになるかもしれません。それが以前のようになるかどうかはわからないんです。

また、今後についてはソロ映画を実現したいとしつつも、かなり難しいだろうと述べています。

単独のハルク映画をやりたいですね、ただそれは決して実現しないと思います。映画全体を作ると非常に高額なので、ハルクは節約して使われているんです。僕の値段が高すぎました!

ラファロさんは以前にイベント会場でのトーク中にもソロ映画の実現の難しさについて言及。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長から「ハルクのソロ映画を作るとしたらどうする?」と質問されたとしつつ、そのやり取りの結果、「じゃあ、4本の映画を通してそうしていこう。その代わり、ソロ映画は無しだ。」と言われた事を明かしていました。

ハルクについてはコミックの「ワールド・ウォー・ハルク」を原作とする実写映画が計画されているとされており、それを裏付けるかのように「シーハルク」ではハルクの息子スカーが紹介されました。

この物語がいくつかに分割され複数の映画を通して語られていくのか、それとも障害を乗り越えてソロ映画が実現するのか、今後の動きにも注目です。

ソース:Mark Ruffalo Wants to Be Bad Too

-ドラマ, 映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

Netflixドラマ「アイアンフィスト」女優が映画「シャン・チー」の出演オファーがあった事を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 Netflix制作のドラマ「アイアンフィスト」にコリーン・ウィング役で出演していたジェシカ・ヘンウィックさんが、MCU(マーベル・シネマティッ …

カレン・ギランさん、特殊メイクの様子を公開して映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の撮影開始を報告

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでネビュラを演じるカレン・ギランさんが、自身 …

4月2日はクラーク・グレッグさんの誕生日。S.H.I.E.L.D.のエージェントやファンがコールソンをお祝い

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最初の映画「アイアンマン」から登場し活躍したコールソンを演じる俳優のクラーク・グレッグさんが4 …

Roxxcartのウェブサイトが発見される ─ ドラマ「ロキ」との関連性は?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のトレーラーに登場していた架空の会社 Roxxcart のウェブサ …

トム・ホランドさん、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレについて「話せなかった事がたくさんある」と語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の主演を務めるトム・ホランドさんが、海外メディア …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。