まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ネタバレ王の帰還、マーク・ラファロさんが次の出演作品を明かしてしまう─ソロ作品にも言及

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベルのネタバレ王の二つ名を持つハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロさんが、次に出演するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画をうっかり話してしまったと、海外メディア Variety が報じました。それによると、ハルクの次の登場作品は 2025年公開予定の「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」になるようです。

sponsored link
 

動画の終わりごろ、サンタバーバラ国際映画祭に出席したマーク・ラファロさんはインタビューの中で司会者から「あなたが2025年のキャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールドに出演するとも聞いていますが・・・」と話題をふられると、笑顔で「ええ、素晴らしい作品になるでしょう」と出演をあっさりと認めてしまいました。

スクーパーたちは「キャプテン・アメリカ」最新作でのハルクやシーハルクの出番は見送られたとも報じていましたが、昨年後半にストライキが終わってからの脚本の書き直しと再撮影で、ハルクの再登場が再び検討されているのでしょうか?

また、この発言から少し前の部分でハルクのソロ映画の現状について言及。

ファイギ社長から「ハルクのソロ映画を作るとしたらどうする?」と質問された事を明かし、その時のやり取りについて次のように語りました。

僕は『彼を怒れる狂人から統合されたキャラクターにしたい』と言いました。
するとファイギは「じゃあ、4本の映画を通してそうしていこう。その代わり、ソロ映画はなしだ」と言ったんです。

そして観客のリアクションを感じて、「がっかりさせてしまって申し訳ないんですが、現時点では実現しそうにありません。」とソロ映画の可能性が極めて低くなっている事を説明しました。

2023年末にはハルクのソロ映画に関する話題や、それに連なる部分として「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」の結末の一部なども報じられていましたが、現状はゴーサインが出ていないようです。

噂のソロ映画の原作にあたる「ワールド・ウォー・ハルク」はハルクの怒りがアベンジャーズたちヒーローに向く事で起こるイベントであり、マーク・ラファロさんが望んだ「統合されたキャラクター」とは逆の位置にいるハルクとも言えます。

ファイギ社長は代替案として4本の映画にハルクを登場させる計画があるようで、「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」におそらく「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」と「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」が加わり、少なくともあと1本の映画で新しいハルクの物語を作り上げていくようです。

sponsored link
 

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」は 2025年2月14日 、米国にて劇場公開予定です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】MCUのキングピンに関する計画が報じられる─原作「デビルズ・レイン」はアニメ化か

マーベル・スタジオの今後の計画のひとつとして、ドラマ「ホークアイ」でNetflixのドラマ「デアデビル」から再登場を果たしたヴィランのキングピンを中心としたアークが検討されていると、海外メディア Co …

米ソニー・ピクチャーズがネッドのマルチバースの旅を描いたショート動画を公開

米ソニー・ピクチャーズがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のBlu-ray発売プロモーションのひとつとして、1991年の映画「Bill &am …

アニメ「X-MEN’97」の配信数週間前にクリエイターが突然解雇

今月初め、マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「X-MEN’97」の製作総指揮、脚本、ショーランナーを務めるボー・デ・マヨさんを解雇していた事が分かったと、海外メ …

幻のジェームズ・キャメロン版「スパイダーマン」、レオ様とシュワちゃんの対決になるはずだったと言う

2002年公開のサム・ライミ版「スパイダーマン」よりさらに遡る事10年ほど、「ターミネーター」、「エイリアン2」、「アバター」等で知られるジェームズ・キャメロン監督が「スパイダーマン」の実写映画に取り …

ケヴィン・ファイギ社長が映画「ブラックウィドウ」のイースターエッグを示唆

先週行われたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のワールドプレミアのイベントの中で、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が今作のイースターエッグについて示唆し …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。