まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

【ネタバレ注意】ドラマ「ホークアイ」に新たなローニンの登場が確定か?

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のコンセプトアートや玩具の新商品リストが流出し、それらがクリント・バートンではない新たなローニンの存在と、その正体を示唆していると海外ファンの間で話題になっています。

※この記事にはドラマ「ホークアイ」、他MCU作品のネタバレを含んでいる可能性があります。

sponsored link
 

まず玩具のリーク情報をチェックすると、Funkoから発売されている人気シリーズPop!の新商品としてマスク姿のエレーナという商品がある事が分かります。

そして数ヶ月前に海外の掲示板に投稿されたコンセプトアートがこちら。

出どころが不明で記事にはしていませんでしたが、どうやらエレーナがローニンである事はFunkoの新商品ラインナップと一致するようです。

エレーナがローニンになるようだという話は昨年末から報じられていました

映画「ブラックウィドウ」のラストでヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌとビジネス契約を交わしている様子のエレーナでしたが、ローニンとしての新たなターゲットがクリント・バートンである可能性は極めて高いようです。

ちなみに「アベンジャーズ/エンドゲーム」でローニンを演じたジェレミー・レナーさんは、「ホークアイ」の撮影中にローニン姿をインスタグラムに投稿し、ファンを楽しませていました。ローニン同士の対決があったりするのでしょうか?

コミックのローニンはドラマ「ホークアイ」で新登場となるエコーが初代であり、エレーナがローニンになった事はありません。(レッドガーディアン/アレクセイは3代目ローニン)

今回、Funkoの新商品リストによって、流出されたコンセプトアートの信憑性があがりましたが、だからと言って全てのコンセプトアートのキャラクターが登場するかどうかは分かりません。当ブログでもたびたび未使用シーンのコンセプトアート等が公開された時に紹介していますが、この流出した画像が最終決定案かどうかは判断出来ません。

とはいえ画像右上のクレアのようなキャラクターは特に気になる所で、コミック版ではドクター・ストレンジの元恋人であり、ドルマムゥの姪にあたる女性。果たして映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」への登場はあるのでしょうか?今後の情報にも注目です。

ドラマ「ホークアイ」はディズニープラスで2021年内に配信予定です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ワイアット・ラッセルさん、「サノスと戦えば1秒でやられただろう」とコメント ─ 嫌われている事も自覚していると明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で新たなキャプテン・アメリカとして登場したジョン・ウォーカー。そんなジョンを演じるワイアット・ラッセ …

ドラマ「ホークアイ」、ヘイリー・スタインフェルドさんがケイト・ビショップがサノスのスナップの影響を受けたか説明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」で新登場となったケイト・ビショップを演じるヘイリー・スタインフェルドさんが、海外メディア The Wrap …

ドラマ「Ms.マーベル」でインヒューマンズはどうなる?

先日のディズニー主催のイベントで、主要キャストが発表され、撮影が進んでいることが公式に伝えられた、ディズニープラス独占配信のドラマ「Ms.マーベル」。この発表を受けて、本作に出演する俳優のリシュ・シャ …

ドラマ「ホークアイ」、クリントの子どもたちも登場か?

現在撮影が進められているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」に、これまでのシリーズにも登場していたクリント・バートンの子どもたち、クーパー、ライラ、ピエトロの子役さんが …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」、ジェマ・シモンズ役エリザベス・ヘンストリッジさんがMCU復帰への意欲を示す

ABCのマーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.の天才生化学者ジェマ・シモンズを演じたエリザベス・ヘンストリッジさんが、海外メディア Comicbook.com とのイ …

PREV
映画「ブラックウィドウ」のVFXの裏側が公開
NEXT
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー”Need”が公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。