まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

【ネタバレ注意】ドラマ「ホークアイ」に新たなローニンの登場が確定か?

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」のコンセプトアートや玩具の新商品リストが流出し、それらがクリント・バートンではない新たなローニンの存在と、その正体を示唆していると海外ファンの間で話題になっています。

※この記事にはドラマ「ホークアイ」、他MCU作品のネタバレを含んでいる可能性があります。

sponsored link
 

まず玩具のリーク情報をチェックすると、Funkoから発売されている人気シリーズPop!の新商品としてマスク姿のエレーナという商品がある事が分かります。

そして数ヶ月前に海外の掲示板に投稿されたコンセプトアートがこちら。

出どころが不明で記事にはしていませんでしたが、どうやらエレーナがローニンである事はFunkoの新商品ラインナップと一致するようです。

エレーナがローニンになるようだという話は昨年末から報じられていました

映画「ブラックウィドウ」のラストでヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌとビジネス契約を交わしている様子のエレーナでしたが、ローニンとしての新たなターゲットがクリント・バートンである可能性は極めて高いようです。

ちなみに「アベンジャーズ/エンドゲーム」でローニンを演じたジェレミー・レナーさんは、「ホークアイ」の撮影中にローニン姿をインスタグラムに投稿し、ファンを楽しませていました。ローニン同士の対決があったりするのでしょうか?

コミックのローニンはドラマ「ホークアイ」で新登場となるエコーが初代であり、エレーナがローニンになった事はありません。(レッドガーディアン/アレクセイは3代目ローニン)

今回、Funkoの新商品リストによって、流出されたコンセプトアートの信憑性があがりましたが、だからと言って全てのコンセプトアートのキャラクターが登場するかどうかは分かりません。当ブログでもたびたび未使用シーンのコンセプトアート等が公開された時に紹介していますが、この流出した画像が最終決定案かどうかは判断出来ません。

とはいえ画像右上のクレアのようなキャラクターは特に気になる所で、コミック版ではドクター・ストレンジの元恋人であり、ドルマムゥの姪にあたる女性。果たして映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」への登場はあるのでしょうか?今後の情報にも注目です。

ドラマ「ホークアイ」はディズニープラスで2021年内に配信予定です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ジェマ・シモンズ役エリザベス・ヘンストリッジさんの監督デビューを祝って、エージェント達が舞台裏写真を公開 ─ 今週放送分のエージェント・オブ・シールド

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でジェマ・シモンズ役を演じるエリザベス・ヘンストリッジさんが、今週放送の同作ファイナルシーズン 第9話 …

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」の撮影現場でNetflix版と同じセットが目撃される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」の撮影が行われているニューヨーク …

ヘイリー・スタインフェルドさん、ドラマ「ホークアイ」でのフローレンス・ピューさんとの共演について語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」に出演するヘイリー・スタインフェルドさんが、海外メ …

ドラマ「ロキ」、監督が「在り続ける者はイモータスではない」とコメント ─ タイムキーパーの声優も判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のケイト・ヘロン監督が、第6話「とわに時を いつでも」に登場した在り続ける者の正 …

エリザベス・オルセンさんがワンダのアクセントの変化について語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが、海外メディア R …

PREV
映画「ブラックウィドウ」のVFXの裏側が公開
NEXT
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー”Need”が公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。