まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」のチャーリー・コックスさんが作品の継続性について再度言及

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーンアゲイン」の主演を務めるチャーリー・コックスさんが、海外メディア ScreenRant(Youtube)とのインタビューの中で、Netflix版との継続性について言及しました。

sponsored link
 

チャーリー・コックスさんは「どうでしょうね。でも僕の直感では、ボーンアゲインいう番組名と、ケヴィン(・ファイギ)がシーズン4ではなく、シーズン1だと話していることから、これは全く新しい契約なんだ、と思っているんですけどね。」と新しいものになるとの考えを明かしました。

コックスさんは以前の ExtraTV とのインタビューでも、まだ脚本を見ていないと前置きしつつ、「これは新しい始まりで、今までのシリーズとは違います、まったく違うものになるという感覚です。新しい物語、新しいアイディアが生まれそうです。」と語っていました。

また、ヴィンセント・ドノフリオさん演じるキングピンとの再会について質問されると、「僕の親愛なる友人であり宿敵だ」と評しつつ、「将来、どこかの時点で、僕がニューヨークに行き、職場に来て、衣装を着て、彼とセットで歩く日が来るでしょう、そしてそれは記念すべき日になると思います。想像しただけで感無量です。シーズン3の最後に撮影したシーン以来、大きな戦いと感情的な対話のシーンは、それ以来一緒に撮影現場に行っていません。だから、6年ぶりにあの素敵な俳優とセットで、このキャラクターたちの奥深くに戻って、素晴らしい物語を作る瞬間が待ち遠しいですよ。」とコメントしました。

本作はNetflixで制作されたマーベルドラマを継承する初の作品で、主人公デアデビルと宿敵キングピンが以前と同じキャスティングになることが明かされています。しかしその他のキャスティングについては公表されておらず、どこまで維持されるのかは現状不明です。なお、撮影が来年5月から始まると報じられています。

物語に関してはチャーリー・コックスさんやケヴィン・ファイギ社長がいうように、やはり新しく「生まれ変わる」との事で、Netflix版の物語の一部、あるいは全てが一旦白紙になる可能性が高いようです。

デアデビルは今後一ヶ月以内にドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」に登場するはずですが、そこで何らかのヒントが得られるのでしょうか?

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」は2024年春にディズニープラスで配信予定です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

アニメ「ホワット・イフ・・・?」シーズン3は2024年末配信?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ・・・?」のプロデューサー兼ディレクターのブ …

MCUフェーズ5ではケイト・ビショップが重要になるとディズニーが公開するも即削除

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェース4が終わりに近づき、フェーズ5やフェーズ6に関する新情報の発表が続いている中、ディズニ …

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」が新たなワーキングタイトルを取得、LLCも決定

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」が新たなワーキングタイトルが判明 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」脚本家がクイックシルバーの変化の理由について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の脚本を担当したジャック・シェイファーさんが、最近の Empire …

ドラマ「アガサ:ダークホールド・ダイアリーズ」のティザーが公開─「ワンダヴィジョン」Blu-rayに収録

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:ダークホールド・ダイアリーズ」(旧題:アガサ:カヴ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。