まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「GotG3」ネビュラ役カレン・ギランさんが脚本を読んで「涙があふれた」とコメントするも、監督はジョークでいじる

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」に出演するネビュラ役カレン・ギランさんが、海外メディア Yahoo! とのインタビューに応じ、完成した最新の脚本を読んで涙が洪水のように溢れたと感想を述べました。

sponsored link
 

インタビューの中でギランさんは「(マンティス役の)ポム・クレメンティエフと一緒に同じ部屋で脚本を読みました。それからお互いの顔を見合わせると、涙が洪水のようにあふれ出て来ました」と語りました。この理由の詳細については明かされませんでしたが、「とても感情的なシナリオ」だという事です。

このニュースを見たジェームズ・ガン監督は「たぶん紙で指を切ったんじゃないかな」「セリフが少なすぎると思われたからではないことを願っています。正直なところ、彼女らの役割はどちらもかなり大きく、欲張りな感じがします。」などと言ったジョークで反応。

これらを見たギランさんは「あと2回は独り言を期待していたのに」と返し、監督は「12個じゃ足りなかった!?」と答えました。

今作はもともとフェーズ4の最初の作品が計画されていましたが、監督の解雇、そしてリターンするという事件があったことでスケジュールが大きくズレる事になりました。しかし脚本はその時既に制作されており、3年前の脚本と内容はほとんど変わっていない事が明かされています。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」に関して監督は以前のインタビューにて、「これまでより重い話になる。誰かが死ぬ」と明かしており、今回のギランさんのインタビューでのコメントは自然なリアクションなのかもしれません。

今作のプロットやヴィランについては明かされていませんが、ドラックスを演じるデイブ・バウティスタさんはこれが最後の出演作品になるだろうと明かしています。ただし、「僕が演じるのは」と発言しているため、監督の言う「誰かが死ぬ」とはドラックスの事ではなさそうです。

その他、噂話としてシルヴェスター・スタローンさんの再登場や、アーノルド・シュワルツェネッガーさんがスタジオと交渉中だと報じられたこともありました。

今後の情報には要注目となっています。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」は 2023年5月5日 米国公開予定。日本公開は4月予定です。

ソース:Karen Gillan: The ‘Guardians of the Galaxy 3’ script left me ‘in floods of tears’ (exclusive)

-映画
-,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」のプレビズがまたもや流出

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなプレビズ画像とされるものがSNS上で拡散されています。この画像は先日、海外 …

映画「エターナルズ」第2弾トレーラーとポスターが公開

マーベル・スタジオ制作の映画「エターナルズ」の第2弾となるトレーラーとポスターが公開されました。英語版での動画タイトルはファイナルトレーラーとなっていますが、日本語版では「地球滅亡まで残された時間は7 …

チャーリー・コックスさんが「デアデビル」の今後について自身の考えを明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にデアデビル/マット・マードックとして出演したチャーリー・コックスさんが、アブダビで開催された第10回中東映 …

スパイダーマンの宿敵を描く映画「クレイヴン・ザ・ハンター」、来月から撮影に入ると報じられる

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」が来月2022年2月から撮影に入ると、海外メディア Murphy’s Mult …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」さらに延期、2021年9月24日に公開

つい先日公開延期が発表されたソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」ですが、さらに1週間延期され、2021年9月24日公開となることが多くの海外メディアで報じられました。 …

PREV
トム・ハーディさん、映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のプレミア上映の舞台で、ラストシーンをSNSでネタバレしないようお願い
NEXT
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のアートポスターが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。