まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、もともとはメンバー毎のソロ作品が構想されていた

投稿日:

先日米国で発売されたマーベル・スタジオの歴史を記した公式本「The Story of Marvel Studios: The Making of the Marvel Cinematic Universe」にて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は公開前に4本の短編映画が準備されていた事が明かされました。ロケット&グルート、ガモーラ、ドラックス、スターロードの4本の幻の短編があったことがこの本に記されています。

sponsored link
 

本の中ではマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ社長の発言を以下のように紹介しています。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に向けて、ドラックス、ロケット&グルート、ガモーラの短編映画を作るというアイデアがありましたと、ファイギ氏はこの本のライターに語りました。そしてプロデューサーは、ファンタジーの物語に魅了された子供(スターロード)を描いた4本目の短編映画を作りたかったと語りました。

「そして、『ガーディアンズ』に主演します。途中で、大きな宇宙のヒーローが短編の子供であることを明らかにするのです。私たちはそれが巧妙だと思っていましたが、やりすぎでした」と付け加えました。

同書の同じセクションでは、マーベル・エンターテイメントのクリエイティブ集団であるマーベル・クリエイティブ委員会が、「Vol.2」(邦題:リミックス)での大々的な発表を含む、ジェームズ・ガン監督のフランチャイズ作品の多くを快く思っていなかったことが明らかにされています。

「カート・ラッセルとクリス・プラットが父と息子の役を演じるということは、ファンにとっては、素晴らしい時間を過ごせることを意味しています。しかし、ラッセルは、マーベル・スタジオ、(ジェームズ・)ガン、そしてプラットと同様に、この展開を確信していた」と付け加えています。

マーベル・クリエイティブ委員会は、気がつけば2017年には解散していたとも記載されています。

2012年に公開された「アベンジャーズ」は2008年の「アイアンマン」から約4年かけてメインとなるキャラクターが一人ずつ紹介されてきました。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」も元々はその手法に乗っ取って準備されていたようですが、長くなりすぎるという判断の元、1作めで全員の紹介からチーム結成を描くことになったようです。

メンバーを一人ずつ紹介する手法はキャラクターにより深みを与えやすくなる反面、開発期間も長くなりコストも増大しますし、観客側の負担も増えることになります。幻の4つの短編映画がどのようなものだったかは気になるところですが、1つにまとめたことでガーディアンズはMCUのフェーズ2で登場し、長きに渡って人気を獲得しています。来月公開予定の「エターナルズ」も「ガーディアンズ」同様にメンバーごとに分けて描くのではなく、チームとしてMCUにデビューすることになります。

現在、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズは3作目を制作中であり、先日、撮影が本格的に始まった事が主演のクリス・プラットさんより報告されました。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」は2022年ディズニープラスで配信予定、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」は2023年5月5日 米国公開予定。日本公開は4月予定です。

ソース:Marvel Almost Introduced Guardians of the Galaxy Heroes in Four Solo One-Shot Short Films

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で削除されたスマートハルクのシーンが公開

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)に登場したスマートハルクですが、その登場に際して複数のプランがあったことが脚本家のクリストファー・マルクス氏とスティーヴン・マクフィーリー氏によって以 …

映画「ソー:ラブ&サンダー」はソーとジェーンのラブストリーを描くものではない?監督がコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が、海外誌 Empire とのインタビューに応じ、本作で久々の登場となるナタリー・ポートマンさんが …

映画「キャプテン・マーベル」からミン・エルバの未使用アートが公開

マーベル・スタジオのアートスーパーバイザーであるイアン・ジョイナーさんが、自身のSNS上で、映画「キャプテン・マーベル」(2019年)に登場したミン・エルバの未使用のコンセプトアートを公開しました。 …

【噂話】実写版「マーベル・ゾンビーズ」の計画が進行中?コミックライターが気になる発言

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のアニメ「ホワット・イフ…?」のエピソード5ではマーベルヒーローたちがゾンビになってしまった世界が描かれました。これは …

クリス・ヘムズワースさん、MCU新作3本に署名したと報じられる ─ 「ソー5」、「アベンジャーズ5」?

俳優のクリス・ヘムズワースさんがマーベル・スタジオと新たに3本の作品への出演契約に対して署名したと、海外メディア Giant Freakin Robot が報じました。ヘムズワースさんはMCU(マーベ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。