まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ヒュー・ジャックマンさん、MCUへの復帰をあらためて否定

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

FOX制作の「X-MEN」シリーズの映画でウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンさんが Jake’s Takes に登場し、新作映画「Reminiscence」について対談しました。その中でX-MENの話題になり、マルチバースが進行中の今、復帰の可能性について尋ねられ、あらためて否定しました。

ジャックマンさんは、「ジェイク、君からこの話を聞いているのに、ケヴィン・ファイギからの受信箱には何もないということは、僕がどんなアイデアを思いついたとしても、おそらく復帰の可能性はないということだよ。そこははっきりさせておきましょう。」と述べました。

さらにジャックマンさんは、ウルヴァリン最後の出演作となる「ローガン」の撮影を開始する前に、「これが最後だ」とわかっていたので、「最大限に活用する」ことができたと説明しています。

「ローガンを撮影する前に気付いたんだけど、アイデアがあって、どんなものになるか分かっていて、これで終わりだと思ったんだ。これが最後のシーズンだとわかっていたので、それを最大限に活用することができました。今でも心に残っているキャラクターですが、もう終わったことだと思っています。」

最後に「それをみんなに言ってください。特にライアン(レイノルズ)には言ってください。彼は信じていないし、私が冗談を言っていると思っていますから。」とコミカルに締めくくりました。

ジャックマンさんは先日、皮膚がん再発の可能性があるとして生検を受け、非常に治療可能な基底細胞癌(BCC)であったこと、現在の撮影が終わり次第、再検査する事を公表しました。

生検を受ける前の報告では「忘れずに検査を受けて、日焼け止めを塗って。子供の頃の僕のようにならないで。」と皮膚がんを防ぐために日焼け止めをきっちり塗るように、ファンに向けて警鐘を鳴らしていました。

ヒュー・ジャックマンさんは以前からウルヴァリン役について引退の意を表明しており、インタビューでは「若い人たちに任せたい。ウルヴァリンはいい役なので一人がずっと演じるのではなく、ジェームズ・ボンドみたいに複数で演じるのがいい」ともコメントしていました。

また、ウルヴァリンを演じたいと公言する役者さんは多く、「パシフィック・リム:アップライジング」のスコット・イーストウッドさんや、「ウォーキング・デッド」ジーザス役のトム・ペインさん「ザ・ボーイズ」でホームランダーを怪演するアントニー・スターさん、そしてソー役クリス・ヘムズワースの兄であるルーク・ヘムズワースさんなど、立候補者は跡を絶ちません。

ウルヴァリンの永遠の宿敵デッドプールを演じるライアン・レイノルズさんはヒュー・ジャックマンさんとの再共演を目指しているようですが、「デッドプール3」で共演する事は出来るのでしょうか?さらに、マーベル・スタジオが開発中としている「The Mutants」はX-MENに関するものなのでしょうか?

sponsored link
 

はたしてウルヴァリンは誰が演じ、どのような形でMCUに登場するのでしょうか。今後の情報には要注目です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー」脚本家が、本作はマーベル映画の見方を変える作品と語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の脚本家デイブ・キャラハムさんが、海外メディア CBR とのインタビューの中で、本作がマーベル映画の見方を変え …

映画「マダム・ウェブ」の新たなリーク写真が公開

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影現場から新たなリーク写真が公開されました。今回も前回同様に主演のダコタ・ジョンソンさんの姿が確認出 …

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」プロデューサーがマイルズとグウェンの関係に言及

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサーを務めるクリストファー・ミラーさんとフィル・ロードさんが海外メディア Empire のインタビュー …

東京ディズニーランド、9月20日からのキャッスルプロジェクションにアイアンマンらが初登場

オリエンタルランドは、東京ディズニーランドにて新しいナイトタイムエンターテイメント「キャッスルプロジェクション」を 2024年9月20日 より開始する事を明らかにしました。発表されたコンセプトアートで …

ライアン・レイノルズさんが近々映画「デッドプール3」の情報公開の可能性がある事をほのめかす

20世紀FOX制作のマーベル映画「X-MEN」シリーズのスピンオフとして始まった「デッドプール」で主演を務めたライアン・レイノルズさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)としての制作が発 …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」より「Mr.インクレディブル」にインスパイアされたコンセプトアートが公開
NEXT
ルイス、カートに続きパクストン役俳優も映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に戻らないかもしれないと言う

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。