まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「ガーディアンズ3」、ゾーイ・サルダナさんは今後のガモーラを【ネタバレ】と考えている

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」でガモーラを演じるゾーイ・サルダナさんが、海外メディア GamesRadar+ とのインタビューの中で、今後のMCUにおけるガモーラについて語りました。

※これより先は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のネタバレを含んでいる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

サルダナさんは「私が望まないことは、ガモーラが消えてしまうことです。彼女はファン、特に若い女性ファンにとって、とてもインパクトのあるキャラクターでした。マーベルには、このキャラクターを体現できる次世代の俳優を見つける方法を考え、ファンが世代を超えて戻ってくるような不滅性を与えてほしいと願っています。」と新しい誰かに役割を譲りたいとの考えを明らかにしました。

当初、シリーズ最初の1本である「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の契約のみでMCUに参加したサルダナさんは「でも、私自身はどうかというと……1本の出演で契約して、10年やって来れました。ラッキーだったし、何の不満もありません。そして、潔さと感謝を胸に、前に進んでいます。」と現在の心境を語りました。

過去のインタビューでは「ガモーラは恋しいけど、緑のメイクに5時間かかる事やその後のケアとして皮膚科に通うことは恋しくない」とも発言しており、最新作ではガモーラも退場候補の一人として依然有力な事に変わりないようです。

俳優を変更してキャラクターを残すという考えはドラックスを演じるデイヴ・バウティスタさんも同様なようで、「ドラックスはどこにも行かないが、僕が演じることはない」とも過去に語っています。

「007」のジェームズ・ボンド形式については10年以上前にケヴィン・ファイギ社長も支持しており、今後のMCUでは実際にこういったキャラクターの継続方式が採用される可能性は十分にあるようです。

一方でクリス・ヘムズワースさんは呼ばれる限り永遠にソーを演じ続けたい意向を示し、将来的に年老いて老婆になったワンダを演じたいと語るエリザベス・オルセンさんのような俳優さんたちもいます。

幸いな事にマルチバースを取り入れているMCUではジェームズ・ボンド方式を取り入れることは比較的容易で別の世界のキャラクターとして登場させる事が可能であり、実際に3作目のガモーラ自体が過去から来た、1作目、2作目とは別のガモーラです。

ガモーラやドラックスは最新作でどのような結末を迎えることになるのでしょうか。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」は 2023年5月5日 米国公開予定、日本公開は5月3日予定です。

ソース:Zoe Saldaña hopes Gamora lives on despite her stepping down after Guardians of the Galaxy Vol. 3

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】リンジー・ローハンさんがMCUでセクシーなスーパーヒーローを演じると言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 俳優のリンジー・ローハンさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に出演するためにマーベル・スタジオと交渉中であると、海外メディア …

ドクター・オクトパスのアームはスターク製?「スパイダーマン:NWH」の新たなスチル写真が話題を呼ぶ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 海外誌 Empire Magazine 12月号にてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より新たなキャラクターアートがリーク

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の新たなキャラクターアー …

映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」より未使用に終わったロキのコスチュームアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(2017年)から、実際に劇中で使われたものとは違うロキのコンセプトアートが、アーティストのアレクシ・ブ …

ケヴィン・ファイギ社長がRDJさんのアイアンマンについて「元に戻すつもりはない」とコメント

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が海外メディア Vanity Fair とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。