まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、ショーン・ガンさんがキャラクターの最後を告げる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」に出演するショーン・ガンさんが、自身がモーションを担当しているロケット・ラクーンを演じるのが今作で最後になる事を明かしました。

sponsored link
 

ジェームズ・ガン監督の弟であるショーン・ガンさんは、1作目からクラグリン役の演技と並行して、ロケットのモーションも担当。

ショーン・ガンさんは海外メディア Empire Magazine とのインタビュー(from The Direct)の中で、「年をとった今、ロケットの演技をするのはかなりハードなんです。」とした上で、本作が「ロケットにとってに白鳥の歌になります。」と最後の作品になる事を示唆しました。

この事がロケットの退場とイコールが確立されるわけではありませんが、本作がロケットに焦点が当てられている事と、監督が誰かの死を示唆している事で、ロケット退場説が再び有力になったことも否めないようです。

1週間ほど前にジェームズ・ガン監督のInstagramにてファンがキャラクターの生死について語りあっている際、とあるファンが「死ぬ必要はないよね。どこか別の世界に送ればいい。簡単な話さ。」と退場と死が必ずしも同一ではないとコメントした際に、ガン監督は「それは物語の仕組み上ありえません」と否定しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

James Gunn(@jamesgunn)がシェアした投稿

これもまたロケットに限った話ではありませんでしたが、不穏な結末が待ち構えている事を示唆しているようです。

ショーン・ガンさんがモーションを演じるロケットが最後になる事は確実なようで、ロケットが本作を無事に乗り越えられた際は新たなモーションアクターが担当する事になるようです。ロケットは声をブラッドリー・クーパーさんが演じているCGキャラクターのため、モーションアクターがリキャストになっても相当な目利きでない限り見分けはつかないかもしれません。

ロケットが本作でどのような結末を迎えるのか、注目となっています。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」は 2023年5月5日 米国公開予定、日本公開は5月3日予定です。

ソース:Did Rocket’s Death Just Get Spoiled by a Guardians 3 Actor?

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」、タイカ・ワイティティ監督がグランドマスターの削除理由について語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が映画本編には登場しなかったジェフ・ゴー …

「スパイダーバース」外伝「The Spider Within」、10月21日に限定上映へ、マイルスが戦う相手とは

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズのアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の後日談となる短編アニメーション「The Spider Wi …

映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」、オーディンの最期のシーンの変更の真相が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2017年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」では当初オーディンの死とヘラの復活はニュ …

米ディズニープラスからファンタスティック・フォーの映画が削除される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 米国でサービス展開中のディズニープラスから、2005年公開の映画「ファンタスティック・フォー/超能力ユニット」と2007年公開の映画「ファンタ …

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」ヴィランのザ・フォーリナー役にクリストファー・アボットさんを起用

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「クレイヴン・ザ・ハンター」のヴィラン役として、クリストファ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。