まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ジェームズ・ガン監督、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」での誰かの退場を再強調

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のジェームズ・ガン監督が、来年公開予定のシリーズ最新作の中でチームメンバーの誰かが退場する事を再度強調しました。

sponsored link
 

ガン監督は「Vol.3」のポスターを自身のInstagramで公開し、「3部作の完結編、時代の終わり」とコメントを添えて投稿。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

James Gunn(@jamesgunn)がシェアした投稿

この投稿に対してとあるファン(mrsi6733氏)が 「マーベルは今後もガーディアンの映画を作り続け、ソー:ラブ&サンダーのような映画にキャラクターを登場させるので、時代が終わるわけではありません」と楽観的な反論を投稿しましたが、監督は「全員ではありません」と再登場出来なくなるキャラクターがいることを改めて強調しました。

監督は2020年のファンとのQ&Aの中で、3作目で誰かが死ぬことを予告していましたが、これがチームの主要メンバーなのかただのモブキャラのことなのかははっきりとしていませんでした。しかし今回のやり取りを見る限りでは、主要メンバーの誰かが3作目で退場すると考えて差し支えないようです。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのチームメンバーの中で、ロケット・ラクーンに関しては2014年の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の作中で寿命が短いという設定が語られているため、退場の第一候補として考えられます。

また、ガモーラはそもそも死んでおり、「Vol.3」に登場するのは「アベンジャーズ/エンドゲーム」で過去から来たガモーラであるため、彼女が過去に戻るようであればガモーラもまた再登場出来なくなると考えられます。

ドラックスを演じるデイブ・バウティスタさんは同役の引退の意向を明かしていますが、次回作以降では別の俳優が演じるだろうと語っており、生存フラグを示唆しています。

ネビュラ役カレン・ギランさんは「Vol.3」のあとに登場の余地があるかどうか分からないと、どちらともとれる結末になっているような事をコメント。

スターロードとマンティスの今後に関する事は不明ですが、「ホリデースペシャル」で彼らが兄妹であると判明してすぐにどちらかが欠けてしまうような展開は、ファンに大きなダメージを与えてしまう事が考えられます。そして、コミックでは両名とも死を経験しているので、そんな事はしないだろうと気を抜く事は出来ません。

クラグリンはメインと呼べるか微妙なポジションですが、ヨンドゥの遺産の一人でもあるため生き抜いて欲しい所ですし、「ホリデースペシャル」で新登場したばかりのコスモはコミックでは新ガーディアンズの中心人物でもあるため、比較的生存フラグが強そうです。

ポスターに描かれたメンバーが一堂に会するのは今回が最後という事で、注目の作品となるようです。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」は 2023年5月5日 米国公開予定、日本公開は5月3日予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット4」に映画「ブラックウィドウ」が出展決定!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」が、TOHOシネマズとともに、バーチャルリアリティ(VR)空間上で開催される世界最大級のイベント「バーチャルマーケット4」に …

【続報】マーベル・スタジオはダニエル・クレイグさんをヴィラン役にしたがっていると報じられる

9月半ばにマーベル・スタジオがダニエル・クレイグさんと交渉の席についていると報じた海外メディア Giant Freakin Robot が、その続報として、スタジオはヴィラン役としてクレイグさんを迎え …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、米国でのBlu-ray発売日が明らかに

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のBlu-ray、4k UHD ディスクなどの米国発売日が明らかになりました。 …

映画「ブラックウィドウ」訴訟問題がルッソ兄弟監督の新作契約を難航させていると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の主演を務めたスカーレット・ヨハンソンさんがディズニーを訴訟した件で、映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などの監督を務めたルッ …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たなコンセプトアートによると、ヴィラン達はもっとパワーアップする予定だった事が明らかに

マーベル・スタジオのコンセプトアーティストを務めるフィル・サンダースさんが、自身のInstagramにてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のエ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。