まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の削除されたクレジットシーンは続編を示唆している?

投稿日:2023年8月3日 更新日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」の削除されたポストクレジットシーンが続編を示唆しているのではないかとして話題になっています。アメリカでは本作のBlu-rayが発売され、そこに収録されているギャグリール集から明らかになりました。

sponsored link
 

ギャグリール(NG映像)集の4分手前ごろから映る映像では、ピーター・クイルの実家に訪問してくる新生ガーディアンズのメンバーの姿が確認できます。

※動画削除済み

©MARVEL,Disney

クラグリンの後ろにはウィル・ポールターさん演じるアダム・ウォーロックの姿もあり、本編のミッドクレジットシーンにて着用しているコスチュームを引き続き着用しているのがわかります。

映像的には5秒ほどで、その中で何かしらの具体的な会話があるわけでもなく、このシーンがどういった内容だったのかを知る手がかりは今の所ありません。

単に地球の近くまで来て挨拶しによっただけなのか、それともスターロードの力を必要として助けを求めに来たのか、あらゆる可能性が考えられるようです。

「Volume 3」のラストは「伝説のスターロードは帰ってくる」の言葉で締められており、ピーター・クイルのソロ作品が示唆されていますが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.4」についてはジェームズ・ガン監督が楽しみにしているとも発言しています。

ジェームズ・ガン監督は以前にハイ・エボリューショナリーに関する削除シーンを正史であると考えている事を明らかにしていますが、今回明らかになったこのシーンに対するコメントは現状ありません。

もしもこのシーンも正史だと考えているのなら監督はどのような未来を考えていたのでしょうか。そしてそのアイデアはケヴィン・ファイギ社長を通じて4作目の監督と脚本家に引き継がれるのか、長い目で見守る必要がありそうです。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」はディズニープラスで配信中です。

sponsored link
 

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」、監督は中年の危機を描くという ─ ゴアは史上最高の悪役に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督がAP通信とのインタビューに応じ、本作のテーマやクリスチャン・ベールさん演じるヴィラン、ゴア・ザ・ …

映画「デッドプール&ウルヴァリン」、デップー原作者がカメオ出演を否定、その他カメオの新情報

コミック「デッドプール」の原作者のロブ・ライフェルドさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」にカメオ出演しているのではないかと噂されている件について、 …

Netflixドラマ「デアデビル」のエロディ・ユンさん、エレクトラとしてMCUに戻りたいと明かす

Netflixのマーベルドラマで高評価を受けていた「デアデビル」は、シーズン4の準備が進められていましたが、最終的にシーズン3でキャンセルされてしまいました。 デアデビルも人気のキャラクターで、FOX …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ヴェノムには別のプランがあったという

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したクリス・マッケナさんが海外メディア Empire とのインタビュー(D …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のワールドプレミアイベントが2月7日にライブ配信

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のレッドカーペット・ワールドプレミアイベントが現地時間の2023年2月6日にロサンゼル …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。