まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ガーディアンズ3」、ジェームズ・ガン監督は削除されたエンディングは”正史”だと考えている

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」の削除されたエンディングシーンの一部が先日公開されましたが、本作のジェームズ・ガン監督はこの部分の脚本を「正史」であると考えている事を明らかにしました。

sponsored link
 

Blu-rayの特典映像にもなっているこのシーンについて、ジェームズ・ガン監督は自身の Threads にて、「正史だと考えています。動物たちを救うときにドラックスが彼を救うのを見ることができるのは間違いなく正史です。」と投稿。

 
Post by @jamesgunn
View on Threads

マーベル・スタジオや次の監督がハイ・エボリューショナリーの身柄をどう扱うかは分からないとしつつも、以前にVFXアーティストが明かしていたように、爆発する船に置き去りにされたわけではなく救助されている事は間違いなく正史であると指摘しました。

通常、削除されたシーンが正史と見なされるケースはありません。これはMCUに限らず映画一般的な事ですが、劇場で公開されたものだけが全てであり、その後、デジタルディスクの特典やオンラインで公開された映像は単なるオマケとするのが一般的です。

そうしなければ余計な混乱を来しますし、何よりすべての削除シーンについて正史か正史でないのかを監督にコメントしてもらう必要性さえ出てきてしまいます。

今回監督も指摘しているように、本編映像にこっそり仕込まれていた救出シーンは間違いなく正史であり、ハイ・エボリューショナリーが生き延びていた事は間違いないと言えるでしょう。

しかしハイ・エボリューショナリーが今後登場するとした時、その物語がノーウェアから再開される保証はなく、時間があいてキルンのような刑務所惑星に移送されたり、脱獄している可能性も十分に考えられます。

ハイ・エボリューショナリーはコミックとは違って地球人ではなくなっているため、ワンダ・マキシモフと中心としたミュータントとの関係もMCU版にはないと考えられており、そもそも再登場する機会自体がさほど多いわけでもなさそうです。

彼の今後については今のところマーベル・スタジオとケヴィン・ファイギ社長に委ねられており、新ガーディアンズの前に立ちはだかるのか、改心して協力体制となるのか、再登場自体がまったく計画されていないか、無限の可能性が広がっています。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」は 2023年7月7日 よりデジタル配信中、Blu-ray、4k UHD、DVDが 2023年8月1日 に米国発売、日本語版は 2023年8月18日。米国でのディズニープラス配信日は 2023年8月2日、日本での配信日は不明です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ディズニープラス、12月の配信作品リストが公開 ─ マーベル作品は追加なし

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 動画配信サービス「ディズニープラス」の12月の作品ラインナップが公式サイトで公開されました。残念ながらX-MENシリーズの残りの映画作品や、エ …

映画「ニュー・ミュータンツ」の新たな映像にロッキードの姿を確認

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 公開が迫る映画「ニュー・ミュータンツ」の新たな動画が公式Twitter上で公開され、これまでに監督が登場を示唆していたものの映像には登場してい …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場予定だったソーとロキの兄弟のコンセプトアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場する …

映画「マーベルズ」より、チームの3人とフューリー、グース、ヤン王子のキャラポスターが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」より、新たなポスターが公開されました。本作でチームを …

【噂話】映画「ヴェノム3」にトム・ホランドさんではないスパイダーマンが登場?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが撮影中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム3」に、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバー …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。