まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」、プロデューサーがアベンジャーズやガーディアンズにはないパワーを解説

投稿日:

マーベル・スタジオのプロデューサー、ネイト・ムーアさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に登場するチームと、アベンジャーズやガーディアンズを比較し、エターナルズにしかない能力について説明しました。このパワーは1976年のコミックシリーズを参考にしていると言います。

sponsored link
 

ムーアさんによると、エターナルズはそれぞれのエネルギーをプールする事で、ユニ・マインドと呼ばれるものを作り出す事が出来るとの事。

ユニ・マインドは、1976年のジャック・カービーの作品から拝借した概念です。これにより、エターナルズたちは、一人の力を増幅することができます。しかし、そのためには、すべてのエターナルズがある程度つながっていなければなりません。つまり、世界の反対側にいてユニ・マインドを作ることはできないのです。彼らは互いに接近していなければならないのです。これは増幅装置ですが、すべてのエターナルズの力が必要になります。

ムーアさんは、ユニ・マインドによってチームは「パワーを増幅する」ことができるが、ヒーローたちが「お互いに接近している」ときにのみ機能すると述べました。

ユニ・マインドは、マーベル・コミックにおけるエターナルズの神話の重要な一部であり、メンバーそれぞれのユニークな能力をさらに大きな力に変えることを可能にしていました。スプライトがこのユニ・マインドの力を悪用に危機に陥ったエピソードもありました。

©MARVEL

ユニ・マインドは純粋なエネルギー体であり、種族や年齢、性別はありませんが、コミックでは老人のような姿で描かれる事があります。

トレーラーではユニ・マインドの儀式のシーンと思われるものが含まれており、これに至るまでにチームが一丸となる事が描かれると考えられます。

「エターナルズ」の公式あらすじは以下のとおりです。

数千年にもわたり、宇宙的規模の“脅威”から人類を守り続けてきた者たちがいた。
彼らの名は、エターナルズ──。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後、地球に再び想像を絶する“脅威”が迫っていた。
その時、数千年の時を経て、エターナルズが人類の前に姿を現す。
地球滅亡まで彼らに残された時間は、あと7日……。
タイムリミットが迫る中、彼らは世界中に散らばった仲間たちと結集し、人類を守ることができるのか。
そして彼らを待ち受ける<衝撃の事実>とは……。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日 公開予定です。

ソース:MCU Producer Confirms Eternals’ Weird Superpower That the Avengers Lack

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

MCU版「ブレイド」は 2022年10月7日公開?マーベルインド公式がおもらし

マーベル・スタジオがリブートを計画しているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「ブレイド」の公開日が 2022年10月7日 である事がマーベル・インディアの公式ツイッターアカウントが共有し …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」公開に先駆けてデイリービューグルがTikTokを開設

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公開を控える中、劇中に登場する架空のメディア会社デイリービューグルがTikT …

映画「スパイダーマン:NWH」、MJがヒーローとなる計画があった事が明かされる

現在、日本を除く世界中で大ヒット上映中の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」。今作ではゼンデイヤさん演じるMJがヒーローとなる計画があった事が明かされました。海外メディア OK とのインタビュ …

サミュエル・L・ジャクソンさんが何らかの撮影開始を示唆 ─ シークレット・インベージョンかザ・マーベルズか

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんが自身のInstagramを更新し、撮影の開始を示唆しました。すでに …

サノス再び!?海外で”サノスリターン計画”の情報

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ1から3までのインフィニティ・サーガにおいて、ラスボスとも称されるスーパーヴィランのサノスはその圧倒的なパワーと行動をアベンジャーズたちに見せつ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。