まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ」、ベネディクト・カンバーバッチさんはブラックウィドウとの共演が少なかった事を残念に思う

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」シリーズで主人公ドクター・スティーブン・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチさんが、海外メディア Oracle Time とのインタビューの中で、今後共演したいMCU俳優について明かしました。

sponsored link
 

MCUで一緒に仕事をしたい人物について質問されたカンバーバッチさんは「サミュエル・L・ジャクソン です。もし彼がまだMCUに出演しているなら、スクリーンタイムを共有したいですね。他は分からないな。どのタイムラインかによるかな?」とニック・フューリーとドクター・ストレンジの物語を描きたいと明かしました。

そして、インフィニティ・サーガを振り返り、「スカーレット・ヨハンソンとは悲しいかな、あまりスクリーンタイムがなかったし、クリス・ヘムズワースやトム・ヒドルストンとはもっと共演したいですね。マーベルが『エンドゲーム』のあの素晴らしいグループショットで最初の10年を祝ったばかりの時に、僕はパーティにかなり遅れて参加したということなんです。」と、ドクター・ストレンジのMCUデビューが遅かった事が原因で、初期のキャラクターと共演するタイミングがほとんどなかったことが残念だと語りました。

そして、「アベンジャーズ/エンドゲーム」でのトニー・スタークの葬儀シーンについて「周囲にいる人たちに圧倒されてしまって、一緒に演技をするどころか、ほとんどみんなと話すことができなかったんです。スタークの記念館でのトラッキングショットは、かなり強烈でしたね。あの日はみんな目が回るような忙しさでした。僕はマイケル・ダグラスとミシェル・ファイファーに『こんにちは、おはようございます、お元気ですか?』という感じで、『一体何が起こっているんだろう?どうやってここに来たんだろう?』という感覚でした。まさに魔法ですね。」と振り返りました。

ドクター・ストレンジは3作目の制作が分かっており、アベンジャーズの新作2本が発表された事で、ストレンジとフューリーの共演シーンのチャンスは十分にありそうです。また、ソーも続投が決まっている他、ロキはマルチバース関連で出会う可能性もあり、カンバーバッチさんの希望はいずれ叶うかもしれません。

残念ながらドクター・ストレンジとナターシャ・ロマノフを同時に見る可能性はかなり低そうで、ナターシャの過去を再び描くような「ブラックウィドウ2」でもない限り、実写作品では難しいかもしれません。俳優同士の共演は難しいとしても、スカーレット・ヨハンソンさんはプロデューサーとしてMCUに関わっていくとケヴィン・ファイギ社長が過去に話しており、俳優と裏方の立場で共同作業していく事はあるかもしれません。

なお、ベネディクト・カンバーバッチさんは2008年の映画「ブーリン家の姉妹」でスカーレット・ヨハンソンさん、ナタリー・ポートマンさん、アンドリュー・ガーフィールドさんたちと共演されています。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Benedict Cumberbatch Talks Wristwatches, Marvel and Freediving

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」にて、ブルース・バナーはソウルワールドで誰と会ったのか明かされる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ/エンドゲーム」において、インフィニティ・ガントレットとインフィニティ・ストーンは大きな …

映画「エターナルズ」、初期プロットでは更に二人のメンバーの登場が考えられていた事が明らかに

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のクロエ・ジャオ監督が海外メディア Fandom とのインタビューの中で、制作当初はさらに二人のエターナルズが登場する予定だった事を …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、レッドカーペットライブが6月24日午前9時45分より配信決定

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のレッドカーペットライブが日本時間の2022年6月24日午前9時45分から配信される事が発表されまし …

ドコモのギガプランでディズニー+が1年無料

マーベルの映画やドラマなど、映像作品を楽しむために欠かせない動画配信サービス「ディズニープラス」がドコモユーザー向けにキャンペーンを展開中。 sponsored link   「ドコモのギガプラン」& …

マ・ドンソクさんが2022年夏にマーベルプロジェクトのために渡米すると報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」にギルガメッシュとして出演していたマ・ドンソクさんが、2022年の夏にマーベルとのプロジェクトの撮影のために …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。