まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ代表がスカーレット・ヨハンソンさんの新プロジェクトを発表

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」で主演を務めたスカーレット・ヨハンソンさんが、先日ビバリー・ヒルトン・ホテルで開催されたアメリカン・シネマテーク賞の第35回目の受賞者となりました。

そのイベントでマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、女優としてもプロデューサーとしても、彼女の「才能」「ビジョン」「知性」「知識」を称賛し、また、彼女が演じるブラックウィドウのキャラクター、ナターシャ・ロマノフとは関係のない、「マーベル・スタジオの極秘プロジェクト」を予告しました。また、「ブラックウィドウ」でマーベルの俳優として初めて製作総指揮を務めたヨハンソンさんが、今度のプロジェクトにもプロデューサーとして参加することを明かしました。

sponsored link
 

海外メディア Deadline によると、ファイギ社長は以下のように述べています。

スカーレットは10年以上にわたり、その才能とスター性をマーベル・シネマティック・ユニバースに提供してきました。彼女が長年にわたって重要な役割を果たすことを選んでくれたことに、私は非常に感謝しています。彼女との仕事は、私のキャリアの中で最も記憶に残る、やりがいのあるコラボレーションのひとつです。

イベントでは映画「アイアンマン2」や映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」で共演したジョン・ファヴロー監督や、MCUの仲間サム・ロックウェルさん、クリス・エヴァンスさん、サミュエル・L・ジャクソンさん、ロバート・ダウニー・Jr.さん、ジェレミー・レナーさんなどが、ヨハンソンさんを称えました。

スカーレット・ヨハンソンさんはマーベル・スタジオの親会社であるディズニーと、映画「ブラックウィドウ」の公開方法を巡って訴訟に発展していましたが、最終的に和解に至った事が報じられていました。その話題以降、初のプロジェクトの発表となりました。

この法廷闘争以前から、スカーレット・ヨハンソンさんの新プロジェクトについてはいくつか報じられており、ヨハンソンさん自身が「いつか別の形での(マーベル・スタジオとの)コラボがあるかもしれない。」と明かしていました。

今回発表されたプロジェクトもナターシャ・ロマノフ役ではないということで、ヨハンソンさんはプロデューサーとしてフローレンス・ピューさん演じるエレーナ・ベロワを主人公とした「ブラックウィドウ2」の映画制作に携わる可能性が考えられるようです。

いずれにしても形だけの和解ではなく、新たなプロジェクトが発表されたことは両者の関係性が良好状態である事を示しています。これはシンプルに祝福すべき事であり、今後の展開には要注目です。

ソース:Scarlett Johansson Receives American Cinematheque Tribute; Kevin Feige Teases “Top Secret” Marvel Project With Actress, Unrelated To ‘Black Widow’

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」よりフリッガとベイビー・ソーのコンセプトアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、赤ちゃんのソーと母親フリッガのコンセプトアートが公開されました。コーグが語るソーの物語のシーン …

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のモードックの外観がグッズでバレる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワウスプ:クアントゥマニア」に登場するM.O.D.O.K.(モードック)の見た目がトレーラーよりも先に、新たに …

【噂話】映画「アントマン3」の予告は映画「ブラックパンサー2」と同時公開に、「ガーディアンズHS」の予告も近日

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」のトレーラーは9月に開催された D23 Expo 2022 の会場限定で公開されてい …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」公開2周年を祝って舞台裏写真が公開

2019年公開4月26日に公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の公開から2周年を記念して、ルッソ兄弟監督やロバート・ダウニーJrさん、マーク・ラフ …

「エージェント・オブ・シールド」、「エージェント・カーター」が一部地域のディズニープラスでマーベルレガシーのカテゴリへ移動されてしまう

ディズニープラスで視聴可能なドラマ「エージェント・オブ・シールド」と「エージェント・カーター」がブラジルなど一部地域のディズニープラスで、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品ではなくマー …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。