まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

エミリー・ブラントさんは夫ジョン・クラシンスキーさんがリードを再演する事に期待している

投稿日:

ロンドン映画祭に出席した俳優のエミリー・ブラントさんが、夫ジョン・クラシンスキーさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に出演した事と、その後について、 HeyUGuys とのインタビューの中で言及しました。

sponsored link
 

ブラントさんは夫が「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に出演した事について、「彼は(マーベルの)大ファンだから、本当に嬉しかったわ。そして、なぜそれが人々を宗教的、熱狂的にさせるか理解できます。MCUは今や映画の歴史の中で大きな位置を占めていますからね。だから彼は感激していましたよ。」と述べました。

そしてインタビュアーが「ファンはまた彼に会える事を望んでいますよ」と再登場への期待を口にすると、「そう?まあ、そうだといいですね。そう願うわ。誰にもわからないものね」と口元で人差し指をたてる意味深なジェスチャーで締めくくりました。

ジョン・クラシンスキーさんが「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でファンタスティック・フォーのリード・リチャーズを演じた事で、ファンの多くはクラシンスキーさんの妻であるエミリー・ブラントさんがリードの妻スー・ストームを演じることにも期待しています。

2021年時点でエミリー・ブラントさんは「スーパーヒーロー映画が多くの人々にとって宗教なようなものであることを本当に理解しています。でも私はスーパーヒーローを演じたいという燃えるような欲求を持っていません。」とコメントしていましたが、ジョン・クラシンスキーさんの再登場と共に、MCUでの夫婦共演が実現するのか、今後の情報には注目です。

なお、以前にはスー・ストーム役にはジョディ・カマーさんの名前も報じられていました。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」はディズニープラスで配信中、映画「ファンタスティック・フォー」は 2025年2月14日 米国公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、脚本家はとあるシーンについて未だに書き直していると言う

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したエリック・ソマーズさんとクリス・マッケナさんが The Q&A …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たなトレーラー公開日が判明

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の第2弾トレーラーの公開日がアナウンスされました。現地時間の 2021年11月 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」には真のアガモットの眼が登場する?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の先日公開された動画から、コミックに準拠したアガモットの眼が登場する …

映画「エターナルズ」のサルマ・ハエックさんがエイジャックの作中での役割と将来希望するクロスオーバーについて明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でエイジャックを演じるサルマ・ハエックさんが、今作におけるエイジャックの役割を説明しました。また、将来的にMCUで誰と共演したいかに …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアの強さはどれくらい?あの神に匹敵すると監督が回答

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のライアン・クーグラー監督が、Marvel.com とのインタビューの中で、本作で …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。