まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、米興行収入で4億ドル、世界で9.3億ドルを突破

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の米興行収入が公開から41日目に4億ドルを突破したと、海外メディア Deadline が報じました。

sponsored link
 

パンデミック後の劇場作品としては「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」が8億ドル、「トップガン:マーヴェリック」が4.16億ドルを米国、カナダで稼ぎ、ドクター・ストレンジはそれに次ぐ3位の座を獲得しました。

他のMCU作品の米国興行収入と比較すると以下のような順番となります。

  1. アベンジャーズ/エンドゲーム:8.58億ドル
  2. スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム:8億ドル
  3. ブラックパンサー:7億ドル
  4. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー:6.78億ドル
  5. アベンジャーズ:6.23億ドル
  6. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:4.59億ドル
  7. キャプテン・マーベル:4.26億ドル
  8. アイアンマン3:4.1億ドル
  9. キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー:4.08億ドル
  10. ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス:4億ドル

また、本作の世界興行収入は最終的に9.5億ドルを記録するだろうと記事は指摘しており、MCUの他作品に比べて苦戦しているのは中国とロシアで公開出来なかった事が影響しているとの事。

今後は7月に「ソー:ラブ&サンダー」、11月に「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の公開が控えており、1作目で7億ドルを稼いだブラックパンサーの最新作がどのような数字を出すかは注目が集まっています。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は2022年6月22日よりディズニープラスで配信開始、デジタルでの購入配信は6月22日、 レンタル配信は7月6日からスタート、Blu-ray、4k UHD は8月5日発売です。

sponsored link
 

ソース:‘Doctor Strange In The Multiverse Of Madness’ Domestic Box Office Crosses $400M, 10th MCU Title To Do So

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】ドラマ「アガサ:ダークホールド・ダイアリーズ」におけるワンダの状況が判明か

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:ダークホールド・ダイアリーズ」におけるスカーレットウィッチことワンダ・マキシモフの扱いについて、海外スクーパ …

【噂話】映画「サンダーボルツ」にマット・デイモンさんがキャスティング

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」にマット・デイモンさんがキャスティングされていると、海外メディア Giant Freakin Robo …

「デッドプール&ウルヴァリン」監督が「アベンジャーズ5」の最有力候補に、60人以上のキャラが登場するとも

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ5」の監督として、今夏公開予定の「デッドプール&ウルヴァリン」のショーン・レヴィ監督が最有力候補になって …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、脚本家はとあるシーンについて未だに書き直していると言う

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したエリック・ソマーズさんとクリス・マッケナさんが The Q&A …

噂が一転、ハルクとシーハルクは映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」には登場しないと新たな報道

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」にハルク/ブルース・バナーとシーハルク/ジェニファー・ウォルターズが登場し …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。