まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

バッキーとジョン・ウォーカーの共演にサムが拗ねる、「こっちはスティーブ・ロジャースを再登場させたい」

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」の主演を務めるアンソニー・マッキーさんが、海外メディア Variety とのインタビューの中で、クリス・エヴァンスさんの再登場について言及しました。

sponsored link
 

「キャプテン・アメリカ」最新作にスティーブ・ロジャースが再登場する可能性について質問されたアンソニー・マッキーさんは「そう願っています。クリス(・エヴァンス)は僕の相棒なんです。みんなクリスを愛しているし、楽しんでますよね。セバスチャンがワイアットと一緒に映画(サンダーボルツ)に出て、僕が外されたことにすごく腹が立っているんです!セバスチャンがワイアットと共演するのなら、僕はクリスと共演すべきだよ」と述べました。

なお、クリス・エヴァンスさんは過去のインタビューでスティーブ・ロジャースの再演について「完璧でなければ難しい」と、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のラストシーンを大切にしている事を明かしています。

本人が消極的なため、実際に再登場する可能性はかなり低いと考えられますが、アンソニー・マッキーさんの情熱と「完璧な脚本」が用意されれば老スティーブが本作に顔を出す事も有り得るかもしれません。

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でサムの相棒だったウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズを演じるセバスチャン・スタンさんと、ヴィランのひとりだったU.S.エージェント/ジョン・ウォーカーを演じたワイアット・ラッセルさんの二人は共に映画「サンダーボルツ」に出演する事が発表され、彼らが「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」に登場するかどうかは不明な状態が維持されています。

自分を置き去りにして二人が新たな映画に行ってしまった事について少し拗ねているアンソニー・マッキーさんですが、補足しておくと「キャプテン・アメリカ」最新作にサムの相棒がいないわけではありません。トレス中尉が新たなファルコンとして再登場する事が発表されており、コミック通りサムのキャプテン・アメリカとトレスのファルコンのコンビが描かれると見られています。

映画キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」は 2024年5月3日 米国にて劇場公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」よりポスターが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサーを務めるクリストファー・ミラーさんが、自身のTwitterを通じて本作のポスターを公開しました。 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の冒頭10分の本編映像が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の冒頭10分間の本編映像が、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの公式Youtubeチャンネルにて公開さ …

マーゴット・ロビーさんがマーベル・スタジオと最終交渉に入っていると報じられる

女優のマーゴット・ロビーさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品への出演に関して、マーベル・スタジオと最終交渉に入っていると、海外メディア Giant Freakin Robot が報 …

【噂話】映画「ソー/ラブ&サンダー」撮影開始?─シドニーにナタリー・ポートマンさんが到着

現地時間の9月1日火曜日、ナタリー・ポートマンさんとその家族がプライベートジェットでシドニーに到着したと海外メディアが報じました。 sponsored link   ナタリー・ポートマンさんがソー/ジ …

映画「エターナルズ」、デイン役キット・ハリントンさんと監督がポストクレジットシーンについて語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」にデイン・ウィットマン役で出演したキット・ハリントンさんとクロエ・ジャオ監督が海外メディア Variety …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。