まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」、ポストクレジットシーンの抑えておくべき4つのポイント

投稿日:2021年7月13日 更新日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」が2021年7月8日(木)より劇場公開され、翌日にはディズニープラスでのプレミアアクセスも始まり、最初の週末を終えました。今回はその「ブラックウィドウ」のネタバレの領域に踏み込みつつ、ポストクレジットシーンの注目ポイントをピックアップしました。

※この記事は映画「ブラックウィドウ」の内容に関するネタバレを含んでいます。作品を視聴した上で御覧ください。

sponsored link
 

時系列と舞台

エレーナがナターシャの墓参りをしている事から「アベンジャーズ/エンドゲーム」の最終決戦の後である事が伺えます。西暦でいうと2023年以降という事になります。

エンドゲームは2023年の話ですが、もう少し厳密に考えるとエンドゲームから8ヶ月後を描いた「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が時系列の鍵を握っています。

アメリカの高校生の夏休みが6月から8月にかけてなので、「ファー・フロム・ホーム」は2024年の6月から8月であると推測出来ます。

「ファー・フロム・ホーム」が高校生の夏休みを描いている事を起点として推測される時系列を整理すると以下のようになります。

  • エンドゲーム:2023年10月から12月
  • ワンダヴィジョン:2023年年末から2024年年始、エンドゲームから3週間後以降
  • ファルコン&ウィンター・ソルジャー:2024年4月から6月、エンドゲームから半年後
  • ファー・フロム・ホーム:2024年6月から8月、エンドゲームから8ヶ月後

※「ワンダヴィジョン」ではハロウィンが描かれましたが、同1話に登場したカレンダーは8月のため、ヘックス内の時間の流れは参考にできません。モニカがS.W.O.R.D.に復帰したのがエンドゲームから3週間後と明言されている事から上記の時期だと推測されます。

また、ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌが登場しましたが、ケヴィン・ファイギ社長が「本来はブラックウィドウで先に登場するはずだった」という発言を考えると、「ブラックウィドウ」のポストクレジットシーンはドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」で登場した時よりも以前に設定されている可能性が高いです。

シーンの舞台はヴァルが「中西部アレルギー」と話している事から、ここはアメリカ中西部であり、ナターシャとエレーナの思い出の地オハイオの可能性が高そうです。

休暇中のエレーナと次のターゲット

休暇中だというエレーナはギャラアップを求めるもさらりと流されてしまいます。この会話から二人がある程度の期間、仕事をこなしている事が伺えます。

本編のラストではナターシャから世界中のウィドウズを洗脳から解放するよう託されたエレーナたち家族ですが、その後何があったかはポストクレジットシーンでは語られませんでした。サノスの指パッチンの影響はどうだったのか、アレクセイとメリーナのその後も不明です。

ヴァルから次のターゲットとして「この男のせいであなたのお姉さんは死んだ」とクリント・バートンの写真をタブレットで渡されます。この一言がなければヴァルのチームメンバー勧誘のターゲットとしても受け取れましたが、復讐心を煽るあたりそうは思えません。

レッドルームの洗脳が解けたにも関わらず、エレーナが暗殺者としてヴァルの元で働いているのだとすると話はややこしくなりそうです。

家族がうち解けて終了した「ブラックウィドウ」本編とは裏腹に、インフィニティ・ウォーやエンドゲームで家族が登場しなかった事の語られていない理由があるのかもしれません。

このままエレーナが指示通りクリントを殺害してしまう事があれば、エレーナはアベンジャーズにとってヴィラネスとなってしまいます。

ドラマ「ホークアイ」はケイト・ビショップが二代目ホークアイとなる物語ですが、以前にクリントを演じるジェレミー・レナーさんが死を連想させるような写真を投稿していたのもここに来て不安材料となりそうです。

ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ

ヴァルの持っていたタブレットは iPad mini に見える製品で、思い返せば「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の6話で見せたスマホも iPhone13(あるいはiPhone12 ProMax) に見える製品でした。

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」でも囁かれた「ヴィランはapple製品を使えない」と言ういわゆるアップルセオリーがMCUでも有効であれば、ヴァルはヴィランではないという事になるのでしょうか?

「ギャラをあげて」というエレーナに対して「やっぱり?私もそう」と答えるあたりは、ヴァルが組織のボスというより中間管理職のようなイメージを与えます。

また、クリントがナターシャの死んだ原因とするのも謎です。クリントがS.H.I.E.L.D.に誘っていなければヴォーミアで死ぬこともなかったと言えなくはないですが、それが通るなら他にもいくつも分岐ポイントはあったように思えます。

ヴァルの情報網も謎な部分が多く、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」ではキャプテン・アメリカの盾が政府のものではない事をジョンに伝えていました。政府のものだった盾はサノスに破壊され、ドラマで登場していた盾は過去からスティーブ・ロジャースが持ってきてサムに渡した盾なので、ヴァルの言うことは実際には正しいのですが、その真実をどうやって知り得たのかは疑問が残っています。

ナターシャの事を「この女性が何をしたかは想像もつかない」とコメントしたヴァルですが、本当はヴォーミアでの事も何らかの方法で知っていたのかもしれません。知っていてヴォーミアでの事をクリントのせいだとするのは悪意があり、クリントが次のターゲットにされる本当の理由はここではまだ明かされません。

「ホークアイ」でもヴァルは登場するのでしょうか?

ファニー

本編で犬を飼いたいと言っていたエレーナですが、実際に飼い始めたようです。ファニーはコミックに起源がなく、MCUオリジナルのキャラクターです。

名前はメイソンがナターシャのために用意したパスポートの偽名「ファニー・ロングボトム」から来ていると推測できます。

ファニーが暗殺犬として訓練されているのであれば、ドラマ「ホークアイ」でクリントとケイト・ビショップの犬であるラッキー・ザ・ピザ・ドッグとの犬対決もあるかもしれません。

映画「ブラックウィドウ」は劇場公開中 & ディズニープラス・プレミアアクセス配信中です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」からとあるヴィランが完全に削除されたと言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」から、登場 …

映画「エターナルズ」監督、クレジット後のシーンは2つあり、「重要であり驚きである」と明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のクロエ・ジャオ監督が、本作のミッドクレジットシー …

映画「ブラックウィドウ」に上映延期の可能性 ─ 代替案はストリーミング?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 新型コロナウイルスが全世界で猛威をふるい、映画界にも深刻な打撃を与えることになりそうです。 全米の大手映画館チェーン店が営業を停止し閉鎖状態に …

ワンダvsプロフェッサーXは実現するのか?映画「ドクター・ストレンジ2」のプレビズ映像とされるものが流出

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 様々な噂が渦巻いているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の …

アイアンストレンジ

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」より、劇中未使用のアイアン・ストレンジ公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)より、ドクター・ストレンジのアイアンアーマーを着用したコンセプトアートが公開されま …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」のアガサが帰ってくる?ケヴィン・ファイギ社長が示唆
NEXT
映画「ブラックウィドウ」のサウンドトラックが無料公開 ─ その他音楽情報

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。