まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ミカエラ・コールさんが映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」にキャスティングと報じられる ─ ストーム役、シュリ役のリキャストなどの噂

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」にミカエラ・コールさんがキャスティングされていると、海外メディア Variety が報じました。Variety に続いて複数のメディアが立て続けに報じており、情報の確度としてはかなり高いようです。

sponsored link
 

記事によると、コールさんの役割はふせられており、マーベル・スタジオはこの事についてノーコメントとの事。

また、関係者によると、コールさんはライアン・クーグラー監督と一緒にアトランタのパインウッド・スタジオに入り、先月末から「ワカンダ・フォーエバー」の撮影を開始していると伝えています。

The Direct では彼女の役割について、X-MENのストームである可能性を指摘しています。

ストームことオロロ・マンローとブラックパンサー/ティ・チャラはコミック上で結婚していた時期があり、MCUへのX-MEN導入の一歩として、ブラックパンサー最新作に登場するという噂は以前からありました。しかしティ・チャラを演じるチャドウィック・ボーズマンさんの死去によりティ・チャラの登場がなくなった最新作で、ストームがどのような役割を果たすのかは不明です。

一方 TMZ では、コールさんはシュリの役割のリキャストである可能性を指摘しています。

これまでシュリを演じてきたレティーシャ・ライトさんですが、昨年に新型コロナウイルスのワクチン反対の趣旨の動画をSNSで拡散するなどして炎上し自身のTwitterアカウントを削除、その他LGBTに対し否定的な発言をしたり、過激かつ根拠がない主張を繰り返していた結果、YouTubeも「利用規約違反」として削除されるなど問題が続いています。

シュリはティ・チャラの妹であり、新たなブラックパンサーとなる第一候補のキャラクターです。実際にシュリがヒーローとして主役になるのであれば、俳優さんが抱える現実的な問題を懸念してディズニーが敬遠する可能性は否定できないようです。

もちろんストームでもシュリでもない可能性もあり、今後の情報には要注目です。

すでに撮影が始まっている「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」ですが、CIA捜査官のエヴェレット・ロスを演じるマーティン・フリーマンさんや、ジャバリ族のリーダー、エムバク役のウィンストン・デュークさんが撮影に入る事を最近のインタビューで明かしています。

また、ティ・チャラの元恋人ナキア役のルピタ・ニョンゴさんも撮影に向けたワークアウトを自身のSNSで公開しました。

その他、ラモンダ王妃役アンジェラ・パセットさん、ドーラミラージュ隊長オコエ役のダナイ・グリラさんが続投する事が明かされている他、新キャストとしてテノッチ・ウエルタさんがヴィランのひとりとして参加すると報じられています。

映画「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」は 2022年7月8日 に米国公開予定です。

ソース:‘Black Panther’ Sequel Casts Michaela Coel (EXCLUSIVE)

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「モービウス」にヴェノム登場?監督が意味深発言

ソニー・ピクチャーズの映画「モービウス」のダニエル・エスピノーサ監督がスウェーデンのメディアとのインタビューの中で、主演のジャレッド・レトさんやベテラン俳優マイケル・キートンさんとの仕事の仕方について …

トム・ハーディさん、「ヴェノム3」について考え始めている事を明かす

ソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の主演であり脚本も担当しているトム・ハーディさんが、「2作目が成功しないと青信号にならない」と一言添えつつも、「ヴェノム3」につい …

映画「ソー/ラブ&サンダー」に謎の少年役がキャスティング

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「マイティ・ソー」シリーズの4作目となる最新作、「ソー/ラブ&サンダー」のキャストに、謎につつまれた新キャラクターが追加されたと海外メディアの The …

アンドリュー・ガーフィールドさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」への関与を強く否定

何かと噂の絶えないスパイダーマンの最新映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ですが、その噂の一人、2012年公開の「アメイジング・スパイダーマン」でピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフ …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、サンドマン登場も確定か?

12月に米国公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」。そんな「ノー・ウェイ・ホーム」を特集した Empire Magazine 12月号の …

PREV
映画「ザ・マーベルズ」には悲しい要素があると監督が明かす
NEXT
【噂話】カーター役ヘイリー・アトウェルさんが「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」に戻ってくる?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。