まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【ネタバレ注意】映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のあらすじ&感想など

投稿日:2022年11月14日 更新日:

2022年11月11日公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、この記事は本作のあらすじや感想、今後の予想などをまとめた記事になっています。

※これより先は「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

あらすじ

ティ・チャラの危篤状態から始まり、シュリは未完成の人工ハートシェイプ・ハーブに望みをかけるも間に合わず、ラモンダ女王からティ・チャラが息を引き取った事を告げられます。国王ティ・チャラの死はワカンダ全体で悼まれ、葬儀が執り行われました。

1年後。国連議会に参加したワカンダの代表ラモンダ女王は、他国からヴィブラニウムを独占している事を責められるも、盗みに送り込まれていたとある国の傭兵たちを突き出し、各国に供給することの危険性を指摘していました。そんな中、アメリカは独自調査にて海底のヴィブラニウムを発見するも、海底に住むタロカン人とその王であるネイモアによって全滅してしまいます。

その頃ワカンダでは兄ティ・チャラの死後、研究に没頭する妹シュリの姿がありました。「ブラックパンサーはもういない。これからはテクノロジーの時代」だというシュリは、母ラモンダの希望であるハーブの再生研究をそっちのけでテクノロジーの研究に取り組んでいました。母の望みに応えない娘でしたがラモンダは娘の身体と心を心配し、ドライブへと連れ出しました。

水辺で焚き火をしながらラモンダはティ・チャラの葬儀の際に身に着けていた白い喪服を火にくべ、故人との別れに区切りをつけます。シュリはこの伝統の儀式には則らず、世界を焼きたかったと悲しみと怒りが入り混じった感情を抱えている事を吐露します。

シュリとラモンダが二人でティ・チャラを偲ぶ中、水中からネイモアが現れ、海底調査に使われたヴィブラニウム探知機の開発者を連れてくるよう要求します。ネイモアはこれによってヴィブラニウムと共に自分たちの存在が世界に知られ狙われる事を恐れており、この危機はヴィブラニウムを地上で共有しないワカンダの責任で、連れてこない場合は戦争になると告げて去っていきました。

ネイモアの置いていった探知機を解析し、CIA捜査官エヴェレット・ロスの力を借りてリリ・ウィリアムズという少女が作ったことを突き止めると、シュリとオコエは彼女の通うマサチューセッツ工科大学へと向かい合流します。

19歳のリリをネイモアに引き渡す事をためらうシュリたちは、彼女をワカンダで保護する事に。大事な荷物の回収のために向かったリリの家でFBIに包囲され、逃亡劇が開始。その最中に今後はネイモラやアットゥマたちタロカン人に襲撃されてしまいます。オコエが応戦するも歯が立たず、リリを引き渡せないシュリは「ネイモアに会わせて」と自身を人質にオコエを救い、二人は連れさられました。帰国したオコエはこの失態を理由にドーラミラージュの隊長を解任。ラモンダはシュリ捜索のためにナキアに任務を託します。

タロカンに囚われたシュリ(とリリ)はネイモアからタロカンの歴史について学びます。伝染病で住む場所を追われた先祖が行き着いた先で、ヴィブラニウムの影響を受けた植物を煎じて飲んだ事で病から回復し、さらに海中で呼吸が出来るような肉体的変化の途中で生まれたのがネイモアであり、自身をミュータントだと呼称しました。

ネイモアは自分とシュリがよく似ていると語り、母の形見である件の植物を紐にしたブレスレットを贈呈します。そして、タロカンを隠すためにリリを殺すか、あるいはリリを引き渡す代わりにタロカンとワカンダで協定を結び地上を焼き払ってしまうかの二択を迫ります。

答えを出せないまま監獄で過ごすシュリとリリの前に、ラモンダの命を受けたナキアが登場。看守を殺害し檻から脱出します。しかしシュリはこのままでは戦争になってしまうと息のあるほうだけでも助けようとしますが、ナキアによって強引に連れ去られてしまいました。

首尾よく帰国したシュリたちでしたが、民を殺されたネイモアは即刻ワカンダを襲撃、ワカンダの街は洪水に見舞われてしまいます。ラモンダとリリが国王の間から遠隔操作で救助活動に取り組む中、ネイモアが水爆弾で攻撃、ラモンダは意識を失って沈みゆくリリを救出しましたが、自身は命を落としてしまいました。ネイモアはシュリに答えを出すように求め、1週間後に再び襲うと告げて去っていきました。

兄に次いで母をも失ったシュリはネイモアへの復讐を決意し、リリと共に弱点を突き止め、ブラックパンサーを復活させるためにハーブの研究を再開します。シュリはネイモア達が力を得る事になった植物を思い出し、貰ったブレスレットの糸を解析、ティ・チャラのDNAともかけ合わせ人工ハーブの再生に成功しました。

ハーブを飲んだシュリでしたが、伝統を軽視していたせいか、祖先の平原に行くことも出来なければ、出てきたのはラモンダやティ・チャラではなく、従兄弟であり前作のヴィランだったキルモンガーことウンジャダカでした。両親や兄に会えなかったシュリですが、何故かブラックパンサーの力だけは手に入れていました。

ネイモアの再来を前に先んじて攻勢に出る事にしたワカンダは、探知機を使ってネイモアたちをおびき出し、他国の海上(ワカンダは内陸国)で戦闘を始めます。リリはワカンダで作り直したアイアンハートのアーマーを着て参戦し、オコエもミッドナイト・エンジェルズとして共闘しました。

シュリはネイモアを首尾よくロイヤルタロンファイターに誘い込み、リリと計画した水分蒸発作戦に入るも、ネイモアの槍でエンジンを損傷。どうやら船の内部はヴィブラニウム製ではなかったようで、いとも簡単に破壊されてしまいました。

砂漠への不時着を指示するも、ついたのは水辺も見える砂浜。ここで一騎打ちとなりました。ブラックパンサーのスーツが衝撃を吸収すると言っても、戦い慣れたネイモアに圧倒されるシュリ。腹を貫かれても簡単に死なないのは、1作目でエヴェレット・ロスを救ったキモヨビーズと同じヒーリング効果の賜でしょうか。

串刺しにした事で決着がついたと早合点し水辺に向かうネイモアに、タロンのエンジンによる炎の不意打ち攻撃を食らわせてマウントを取るシュリ。爪で喉を引き裂く寸前に母親であるラモンダ女王の「自分が何者なのか示しなさい」との声を聞き、すんでの所でトドメを中止。「私達の復讐に民を巻き込んではいけない」と停戦に持っていきます。

戦争が終わったワカンダでは新たな王を決める儀式を始めていましたが、シュリは参加せず、エムバクが名乗りをあげていました。一方でミッドナイト・エンジェルとなったオコエは、ワカンダへ情報を流した罪で囚われていたエヴェレット・ロスを救出。

シュリはナキアの元を訪れ、ラモンダとのドライブの際に出来なかったティ・チャラの供養の儀式を行っていました。後からやってきたナキアはトゥーサンと名乗る少年をシュリに紹介。トゥーサンはシュリが秘密を守れる事を確認すると、自身がティ・チャラ王子である事を明かしました。

感想

フェーズ4全体的な共通のテーマである喪失とそれらへの向き合い方を含みつつ、ワカンダの現状を描く本作。ティ・チャラを演じていたチャドウィック・ボーズマンさんの死という現実の出来事にも言及していかなくてはならない注目の作品でした。

シュリの生き様

もともとシュリは主人公ではなかった事もあり、過去のMCUであまり深く描かれてはいません。前作「ブラックパンサー」で登場して以降、伝統を軽んじる少女である事はこれまでも描かれていました。しかし本作で急遽主人公になってしまったせいか、もともとコミック・リリーフキャラとして存在していたシュリの「ワカンダフォーエバー」における行動原理がよく分からない事になっています。

冒頭でラモンダからブラックパンサーの復活を求められるも必要ないと言い切ったはずなのに、ラモンダの死後は突如としてブラックパンサーの力を求めています。仇敵ネイモアを倒す、復讐のために力を求めるのはもはやヒーローの姿ではありませんでした。

そもそもラモンダの死の原因となったネイモアの襲撃は、ナキアがタロカン人を殺してしまったからで、シュリもこれがきっかけで戦争になると発言していました。自身で理解していたにも関わらず、さらなる復讐に身を投じてしまったシュリ。

ラストバトルでネイモアの背後から炎を浴びせたのも中々卑怯な戦い方で、アットゥマvs.オコエでアットゥマが槍を返して仕切り直させてくれた正々堂々さと比べると、全体的にワカンダのほうがヴィランのようでもありました。

ティ・チャラが「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」と「ブラックパンサー」を通じて復讐しない決意を描いていた事を考えると、シュリは兄からヒーロー、王、ブラックパンサーとしての心構えなど何も学んでいなかったのだと分かります。

しかしラストでは前半部分で否定していた追悼の儀式を自ら行うことで、心境の変化も描かれていました。今はまだ力を手に入れただけのシュリですが、今後この力の使い方を学んでいく事になるのでしょう。

ラモンダもよく分からない事に

息子を失い、娘もさらわれたラモンダですがもう少し落ち着くべきでした。感情的になりすぎたラモンダは1度もネイモアと交渉せずにナキアにシュリの奪還をさせ、その際にタロカン人を殺してしまったことが開戦を早めてしまいました。ラモンダの死はある意味因果応報でしたが、クライマックスではシュリの頭の中に登場し、「自分が何者なのか示しなさい」と失態のそっちのけでメンターのような雰囲気を出しています。

ティ・チャカ前王とティ・チャラは「シビル・ウォー」と「ブラックパンサー」の2作に渡って父と息子の関係が描かれましたが、それに比べると母と娘の関係は深くは描かれませんでした。

ネイモア、タロカンにも謎の部分が

「ワカンダの草の数より多い兵隊」とワカンダよりも多量のヴィブラニウムを保有しているというタロカンですから、地上人に見つかって何が怖いのかよくわかりません。そもそも地上を焼き払うつもりでいるならば、キャプテン・アメリカやキャプテン・マーベルが誕生するよりも前の時代で攻めていれば余裕なはずでした。ヴィブラニウム探知機が戦争開始の合図だと思ったと発言していますが、地上人の進化を待ってくれていたのは謎の一言に尽きます。

ネイモアを演じたテノッチ・ウエルタさんによるとネイモアの年齢は劇中の発言から約500歳ですので、この数年で急激に兵隊が増えたとは考えにくいでしょう。

しかしながらネイモアの強敵感はとてもよく表現されており、ラストで至った仮初の同盟関係もあわせて、ネイモアとタロカンが今後のMCUでどう動くかは注目です。

新王エムバク

ラストで新たな王に名乗りをあげたエムバク。復讐に対する復讐という不毛な怒りを燃やすシュリに対して、ネイモアを殺してしまったら戦争が永遠に続くと忠告していました。また、ティ・チャラとの約束でシュリをサポートするなど、本作の良心とも言える存在でした。

シュリは本作において国民を巻き込んだ戦争の先陣を切った戦犯でもありますし、元々ワカンダの国民との交流なども描かれておらず、彼女が国のトップにならずに済んだのはいい落とし所だと言えそうです。

今後の展開

コンテッサ・ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌの登場は以前から予想されていましたが、ヴァルがエヴェレット・ロスと夫婦だったというのはサプライズでした。

さらにヴァルはCIA長官という事ですが、サンダーボルツはCIA管轄下の組織となるのでしょうか。それともヴァルがCIAから抜けるか追い出されるかして結成されるのでしょうか。

アメリカとワカンダの間で戦争が起きるという噂もヴァルとサンダーボルツが絡みそうですが、今のところワカンダとサンダーボルツが対立する理由があまりありません。

少なくともバッキーはワカンダに恩がありますし、今の状態では義手が簡単に無効化されてしまうのは「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」からも明らかです。また、アレクセイ、エレーナ、タスクマスターといったロシア人メンバーがアメリカの組織であるCIAの言いなりになるというのも不思議な所で、ワカンダとサンダーボルツが激突する事は今のところあまり想像できません。CIAが手綱を握れそうなのはU.S.エージェント/ジョン・ウォーカーぐらいなものと考えられます。サンダーボルツはワカンダと戦うのではなく、戦争を止めるために割って入るのでしょうか。

また、新たに紹介されたティ・チャラ王子も気になる所です。

以前に少し紹介しましたが、コミックのティ・チャラにはストームとの間にアザリと言う名の息子がいますが、MCU版ではナキアとの息子になり名前も違います。アザリはブラックパンサーを継ぎながらもストームの能力の一部を遺伝しており、雷を操れたりもしますが、おそらくティ・チャラ王子にはそのような能力はないでしょう。

王子の年齢も低く設定されているようで、ケイト・ビショップやキャシー・ラングらとともにヤングアベンジャーズを結成するには少し幼すぎるかもしれません。MCUがマーベル・コミックのようにさらに何十年も続けばフェーズ7以降でブラックパンサーを継承する事になるかもしれません。


チャドウィック・ボーズマンさんの死去により脚本が変更された事が影響しているのか、とにかく主人公シュリに確固たる信念がなかった本作。アクションと音楽も良く、3時間近い上映時間を長いと感じさせない作りになっていたのはさすがで楽しめる映画になっていました。シュリの心の成長については次作以降に期待です。

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」は劇場公開中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ミズ・マーベル」、イマン・ヴェラーニさんはMCUがEarth-616ではないと考えている

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」で主人公ミズ・マーベル/カマラ・カーンを演じているイマン・ヴェラーニさんが、本作のローンチイベント会場で …

キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンスさんとアントマン役ポール・ラッドさんが対談 ─ アントマン3の情報を要求するキャップ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で共演をしていた俳優のクリス・エヴァンスさんとポール・ラッドさんが海外メディアVariietyの対談企画「Actors on Actors 」に登場して、 …

ペッパー・ポッツ役グウィネス・パルトロウさん、MCUへの復帰に対して条件付きの意欲を見せる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でペッパー・ポッツを演じていたグウィネス・パルトロウさんが、海外メディア People の番組内で、MCUへの復帰について心境を明かしました。その中でパル …

クリス・ヘムズワースさん、映画「シビル・ウォー」に出番がなくてクビになったと思っていた事が判明

2016年公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」ではアベンジャーズが二分され内戦する様子が描かれましたが、この時、出番のなかったソー役のクリ …

MCU映画のひとつの公開延期が報じられる ─ ライアン・レイノルズさんも反応

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画のひとつの公開日が延期になっていると、海外メディア The Hollywood Reporter のボリス・キット記者が報じ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。