まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」監督がとある2つのシーンがなければMCU史上最悪の映画になる所だったと明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のライアン・クーグラー監督が、本作のBlu-rayなどに含まれるオーディオコメンタリーにて、とあるシーンの重要性について語っています。

sponsored link
 

映画が始まってまもなくのラモンダ女王が国連議会に参加するシーンと並行して流れるドーラミラージュと傭兵の戦闘シーンにて、監督は「面白い秘密を教えてあげよう。この映画では、あらゆる種類のものを試していました。そしてある時点で、私たちは映画からこれらの2つのシーンを削除することを試みました。そして、私たちはただ、『X、Y、Z があるから、これらがなくても機能する』と話していました。」と、この2つのシーンを削除したバージョンを公開する予定があった事を明かしました。

しかし、後にこの2つのシーンが重要である事を認識したと言います。

「そして、午前6時に早く見に来たのを覚えています。シーンを除外したバージョンで試写会する前に、確認したかったんです。そして、再生ボタンを押して見ていましたが、それは最悪の映画でした。言いたいことがわかりますか?」

続けて、「『これは酷い』と感じたんです。午前6時45分くらいに、携帯でネイト(ムーア・プロデューサー)に電話したり、みんなに『ああ、これは間違いだ。急いで修正しなきゃ』ってね。おかげで、この2つのシーンが映画を成立させるためにどれだけ重要かを理解する旅になったんだよ。」と語っています。

これら2つのシーンはたしかに物語の大筋とはあまり関係のないものでしたが、ブラックパンサーが不在でもワカンダが強国である事、またヴィブラニウムの重要性を雄弁に語るものでもありました。そしてそんなワカンダがネイモアとタロカンに圧倒される事で、本作の敵の脅威についても強調する事につながっていました。

他国がヴィブラニウムを狙っているのもここで明かされる事であり、今後ワカンダとアメリカの間で戦争が勃発するという噂もある事から、「ワカンダフォーエバー」だけでなくMCU全体にとっても大事なシーンとなってくる可能性もあるかもしれません。

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」はディズニープラスで配信中、ドキュメンタリ「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ブラックパンサー:ワカンダフォーエバーの裏側」が 2023年2月8日、ドキュメンタリ「ボイスライジング:ミュージック・オブ・ワカンダフォーエバー」は 2023年2月22日 に米国ディズニープラスにて配信予定です。

ソース:Black Panther 2 Would Be ‘Worst Movie Ever’ Without These 2 Scenes, Reveals Director

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなプロモアートが到着

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新しいプ …

映画「ザ・マーベルズ」再び延期へ、公式ポスター公開で11月公開が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」のティザーポスターを公開し、映画の劇場公開が2023 …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のフィッツはMCUに戻りたくないと語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルテレビジョン、ABC制作のマーベルドラマ「エージェント・オブ・シールド」でS.H.I.E.L.D.のエージェント、レオ・フィッツを演じ …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」より、クアンタムスーツの未使用アートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)から、実際に劇中で使われたものとはかなり異なる様相のクアンタムスーツのアートが、アーティスト …

映画「マーベルズ」のミズ・マーベルはやっぱりインヒューマン?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」から、ドラマ「ミズ・マーベル」と矛盾するようなイース …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。