まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より内戦を予感させるオコエの削除シーンが公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より、ダナイ・グリラさん演じるオコエとダニー・サパニさん演じるエムカトゥの削除シーン「ボーダー族の娘」が公開されました。

sponsored link
 

この削除シーンはネイモアのワカンダ襲撃直後に位置するもののようで、ボーダー族の族長エムカトゥとオコエが国の将来について話し合う中で、劇場公開版とは違ってワカンダが一枚岩ではない事を示しているようです。

エムカトゥ:ワカンダの未来について話さなければならん。他の長老は藁をもつかむ思いで王位継承権をめぐって争っている。誰が次に暗殺される名誉を得るか・・・

オコエ:では、何をすべきかをお考えなのですか。

エムカトゥ:伝統に則った儀式を行うのだ。そして国境の部族を代表して、前に進んでほしい。

オコエ:女王になるために(笑)

エムカトゥ:そなたほど民衆の支持を得られる人はおらぬ。ワカンダはそなたを支持することを誇りに思うだろう。

オコエ:わかっています。

エムカトゥ:悲嘆に暮れる女性の気まぐれで、我々の偉大な国の運命を左右させるわけには行かぬ。私のアドバイスは、戦争を静めることだ。そしてすべてが収まったとき、そなたはこの国に本当にふさわしいリーダーになるだろう。

エムカトゥはボーダー族の族長とクレジットされているだけで、詳細は不明ですが、彼はウカビの父であり、ウカビと婚姻関係にあるオコエの義父にあたると推測されています。

前作「ブラックパンサー」ではウカビがティ・チャラに国を任せていられないとボーダー族を率いてキルモンガーのクーデターに加担していましたが、今作ではオコエを旗手としてシュリを王座から引きずり下ろす脚本があったようです。

儀式でシュリとオコエが直接対決していればオコエの勝利はほぼ確実であるようにも感じますが、公開版では最終的にシュリは身を引き、エムバクが王座についているため、エムカトゥ族長の思惑は必要なくなった事でこのシーンは削除されたのかもしれません。

ワカンダが真に一丸となれたのか、一石を投じる事になる削除シーンですが、「ブラックパンサー3」でどう展開していくのか注目となりそうです。

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」は 2023年2月1日 日米のディズニープラスで同時配信。ドキュメンタリ「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ブラックパンサー:ワカンダフォーエバーの裏側」が 2023年2月8日、ドキュメンタリ「ボイスライジング:ミュージック・オブ・ワカンダフォーエバー」は 2023年2月22日 に米国ディズニープラスにて配信予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ザ・マーベルズ」ティザー公開、最初の予告が日本時間の今晩公開へ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」の最初のトレーラーを明日(米国時)公開すると、SNS …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、アダム役ウィル・ポールターさんが噂について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」に出演するウィル …

デップー作者のロブ・ライフェルド氏「マーベルを非難します」

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ライアン・レイノルズさんが主演をつとめた映画「デッドプール」シリーズは、2018年までに2作品が公開され大ヒットしました。 これらの作品は当時 …

「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」はラブストーリーになるとプロデューサーが明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作中の大人向けアニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のプロデューサーを務めるエイミー・パスカル氏 …

【ネタバレ注意】映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のあらすじ&感想など

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年11月11日公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、この記事は本作のあ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。