まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアはミュータントである事が確認、前作ポスクレ登場予定だった事も判明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と俳優のテノッチ・ウエルタさんが海外メディア Empire とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」に登場するネイモア・ザ・サブマリナーが前作から登場する予定があった事を明かしました。

sponsored link
 

前作、「ブラックパンサー」のポストクレジットシーンについてケヴィン・ファイギ社長は「ライアン(・クーグラー監督)は、『ブラックパンサー』のラストでタグを投下していました。ワカンダの宮殿をカメラが突き抜け、王座に向かう濡れた足跡が映し出されるのです。」とネイモアをちら見せするアイデアがあった事を明かしました。

また、本作でネイモア・ザ・サブマリナーを演じるテノッチ・ウエルタさんは、ネイモアがコミックのアトランティスの支配者ではなくタロカンの支配者に変更されているとしつつも、確かにミュータントである事を確認したと言います。

そして、前作でティ・チャラがワカンダを開国した事を指摘し、「この決定により、タロカンは危険にさらされる事になります。そして自国を守るために行動を起こさなければなりません」と、ワカンダと衝突する事になる原因を明かしました。

コミックではネイモアは最初のミュータント(初めてマーベルコミックに登場したミュータント。時系列上は紀元前5000年のアポカリプス、紀元前17000年のセレーネが先)としてデビューし、アベンジャーズやX-MENにも参加した事がある重要なキャラクター。特に今後はX-MENの再実写化が控えているだけに、MCUのネイモアが本作でどういう立ち振舞をするのかは注目されています。

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」は 2022年11月11日 公開予定です。

ソース:Namor Is ‘A Dream Antagonist’ For Black Panther: Wakanda Forever, Says Ryan Coogler – Exclusive Image

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ディズニープラスがMCU以外の作品をマーベルレガシーとしてリブランド

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 動画配信サービス「ディズニープラス」の米国版ホームページがリニューアルされ、マーベルの映像作品がとてもわかりやすくなったと報じられています。ま …

ラッセル・クロウさんが映画「ソー:ラブ&サンダー」にキャスティングされていると報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」にラッセル・クロウさんがキャスティ …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、ショーン・ガンさんがキャラクターの最後を告げる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」に出演する …

映画「ブラックパンサー2」、計画変更前のプロットが明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でナキアを演じるルピタ・ …

映画「ブラックウィドウ」脚本家がトニー・スタークのカメオの計画があった事を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の脚本を担当したエリック・ピアソンさんが、 Phase Zero ポッ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。