まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【噂話】アベンジャーズ映画「ザ・カーン・ダイナスティ」、「シークレット・ウォーズ」脚本家変更か

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作を予定しているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」と「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」の2作品で、物語を執筆する脚本家が変更されるという噂について海外スクーパーが言及しています。

sponsored link
 

スクーパーの MTTSH 氏はファンからの「ラヴネスとウォルドロンはザ・カーン・ダイナスティとシークレット・ウォーズとは関係がないということですか?」との質問に対して簡潔にイエスと回答。二人の脚本家がプロジェクトを離れていると言います。

「ザ・カーン・ダイナスティ」の脚本は「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のジェフ・ラヴネスさんが担当する予定で、以前にはアベンジャーズ5作目に登場するキャラクターについてポロリ発言等もしていました。

「クアントマニア」も「ザ・カーン・ダイナスティ」も征服者カーンを中心としているという点で一貫した起用だと考えられていましたが、しかし「クアントマニア」の脚本に対する評価はふるわず、SNS上では降板を求める声などもあがっており、5月頃から降板ではないかとの噂が流れていました。

「シークレット・ウォーズ」の脚本は「ロキ」シーズン1、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」を執筆してきたマイケル・ウォルドロンさんが起用。これもマルチバースをテーマにした作品としての流れから、自然な起用だと考えられていました。しかしロキの評価は高かったものの、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に納得が行かないファンも多く、こちらもラヴネスさん同様に差し替えを求める声が上がっていました。

なお、二人の降板については断言しているものの、新たな脚本家が誰なのかという点は言及されておらず、情報の真偽も不明です。

このスレッドについているコメントでは「インフィニティ・ウォー」や「エンドゲーム」のクリストファー・マルクスさんとスティーヴン・マクフィーリーさんの帰還を望む声が高くなっていますが、今の所彼らが戻ってくるという報道はありません。

sponsored link
 

「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」は 2026年5月1日、「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」は 2027年5月7日 の劇場公開が予定されていますが、ストライキ問題を中心とする昨今のMCU全体の遅延の影響で、これらのスケジュールがさらに延期される可能性は高くなっています。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ジェームズ・ガン監督、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデースペシャル」は人生最高の作品に

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」のジェームズ・ガン監督が、海外メディア RadioTimes. …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」よりスターク製ゴブリングライダーのコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より新たな未使用コンセプトアートが公開されました。今回はコンセプトアーティストのジョシュ・ニッチさんがIns …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」「ホークアイ」、映画「スパイダーマン3」、アトランタで間もなく撮影開始と報じられる

新型コロナウイルスの影響で映像業界でも多くの作品が多大な遅延を余儀なくされていますが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)においても例外ではありません。 そんな中、ディズニープラスで配信予定 …

ディズニープラス、1月の配信作品リストが公開

動画配信サービス「ディズニープラス」の2021年1月の作品ラインナップが公式サイトで公開されました。1月は待望のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)ドラマ「ワンダヴィジョン」が配信開始。残念 …

MCUフェーズ7のスケジュールは現状維持されている事が確認される

7月に開催されたSDCC2022の時期に報じられたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ7の映画4作品について、現在もスケジュールが維持されている事が明らかになりました。海外メディア …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。