まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

カート役デヴィッド・ダスマルチャンさんは映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に戻れるか分からないと言う

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン」シリーズで主人公スコット・ラングの泥棒仲間、カート役を演じる俳優のデヴィッド・ダスマルチャンさんが、シリーズ最新作「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に戻るかどうか分からない事を明かしました。

sponsored link
 

海外メディア Comicbook.com とDC映画「スーサイド・スクワッド」の最新作に関するインタビューの中で「アントマン」について尋ねられたダスマルチャンさんは「残念ながらアントマンの世界では・・・正直なところ、次にどこへ行くのかわかりません。」と再演するのかどうか分からない事を明かしました。

「クアントゥマニア」はすでに撮影が始まっており、この時点でオファーがないとなると1作目や2作目ほどの出番はないのは確実なようです。

カートと同じく、スコットの泥棒仲間ルイスを演じたマイケル・ペーニャさんも昨年のインタビューで再演したい意欲を示していましたが、3作目では他に描くべきキャラクターも多いため出番はないかもしれないと不安な胸の内を明かしていました。

もうひとりの泥棒仲間デイヴを演じるラッパーのT.I.さん(ティップ・“T.I”・ハリス)は妻を含む複数の女性から性的虐待容疑で告発されたと海外メディアで取り上げられており、これが原因かどうかは不明としながらも続投しないと報じられています。

本作では娘キャシーのヒーローデビューや、ドラマ「ロキ」でその片鱗を見せた征服者カーンが描かれる予定ですが、ルイスたちの警備会社エックス・コン・セキュリティはどうなってしまうのでしょうか。

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」は 2023年2月17日 米国公開予定です。

ソース:David Dastmalchian Does Not Know If He Returns for Ant-Man and the Wasp: Quantumania

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックウィドウ」の本編映像”Prison Break”が公開

明後日公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」より、レッドガーディアン/アレクセイの脱獄シーンの映像「Prison Break」が公開されました。アレクセイの …

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ氏が映画「ブラックパンサー2」について言及 ─ CGも代役もなし

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー2」について、主演のチャドウィック・ボーズマンさんが昨年亡くなった事で主役不在の状態についてマーベル・ …

映画「エターナルズ」はまだ編集中であることが判明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」がまだ完成していない事が判明しました。これは海外メディア Sundance Collab と「エターナルズ」の編集を担当するディラン …

映画「ブラックウィドウ」IMAX版のポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のIMAX版のポスターが公開されました。IMAX版は109シネマズやシネマサンシャインが対応した劇場で公開予定となっており、巨大 …

映画「ニュー・ミュータント」の約6分の本編プレビューが公開

20世紀FOXが制作したX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータント」の約6分間にわたる本編プレビューがYoutubeで公開されました。動画は5人のミュータントたちがそれぞれの能力を駆使して、“スマ …

PREV
「ブラックウィドウ」訴訟問題の広がる波紋、さらに複数の俳優が法的措置を検討中との報道
NEXT
アニメ「What if...?」の米声優リストが更新 ─ コールソンもカムバック?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年9月3日「シャン・チー」MCU
◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年3月25日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。