まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、キャシー・ラングはコミックとは異なる?プロデューサーが言及

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のプロデューサーを務めるマーベル・スタジオのステファン・ブルサードさんが、海外メディア Inverse とのインタビューの中で、MCU版のキャシー・ラングがコミックのキャシーとは異なる可能性について言及しました。

sponsored link
 

ブルサードさんはインタビューの中で「『アントマン』は世代を超えた作品で、この映画はとても意義深いものだと思います。アントマンのマントはハンクからスコットに受け継がれ、現在はキャシーに受け継がれています。キャシーは、新しいアントマンと呼ばれてはいないものの、新しいワスプというよりは、むしろ新しいアントマンのような存在です。」と述べました。

コミックのキャシーはスタチュアもしくはスティンガーという名前で活動するヒーローですが、「クアントマニア」のグッズ情報や今回のプロデューサーの発言を考えると、MCUのキャシーはそうではなく、三代目アントマンとして機能するのかもしれません。

しかし過去の作品を振り返ると、「ソー:ラブ&サンダー」ではジェーン・フォスターがレディ・ソーと呼ばれることを嫌っていましたし、「シーハルク:ザ・アトーニー」でもハルクありきの命名に対して異論を唱えるシーンが用意されていました。

とはいえそれらはポリコレ的な表現というわけでもなく、「ホークアイ」でのケイト・ビショップは自らのヒーロー名としてレディ・ホークを提案するなどしており、キャラクターの性格に合わせたシーンが用意されていると考えられます。

実際にキャシーが三代目アントマンやニュー・アントマンを名乗るとすればスコット・ラングが本作で引退、戦闘不能、死亡といった状況に追い込まれると考えられますが、スコットを演じるポール・ラッドさんは次のアベンジャーズ映画の出演契約を結んでいることも明らかになっており、単純に死んで退場するとも思えなくなっています。

今週の劇場公開を目前としながらも未だに判明していないキャシーのヒーローネームですが、どのような形に落ち着くのでしょうか。

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」は 2023年2月17日 公開予定です。

ソース:YOUNG AVENGERS? QUANTUMANIA PRODUCER TALKS “NEXT GENERATION” OF MARVEL HEROES

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「アイアンマン」15周年を記念した動画が公開、RDJが本来ドクター・ドゥームをやるはずだった事が認められる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン」の公開15周年を記念して、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ …

映画「ドクター・ストレンジ2」サム・ライミ監督、「スパイダーマン」のあとにヒーローの過剰摂取に陥ったと語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のサム・ラ …

FOX映画「X-MEN」にスパイダーマンが登場していた?削除映像が話題に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2000年に公開された20世紀FOX制作の映画「X-MEN」にスパイダーマンが登場する削除シーンの映像がSNS上に投稿されました。スパイダーマ …

米ディズニーがデジタル配信戦略を変更か、「アントマン&ワスプ:クアントマニア」配信への影響は?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニーがオンライン上でのデジタルリリースに関する戦略を変更している可能性を複数の海外メディアが指摘しています。それによって、先日、デジタル …

ライミ版「スパイダーマン」4作目にアンジェリーナ・ジョリーさんが登場し、さらにその先の計画があった事が判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作したサム・ライミ監督とトビー・マグワイアさん主演の映画「スパイダーマン」(2002年)シリーズの幻の4作目にアンジェ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。