まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

グッズとイベント 映画

マーベルがMCUアントマン/スコット・ラングの自伝「Look Out for The Little Guy」の抜粋を紹介

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・エンターテイメントが 2023年9月5日 リリース予定のアントマン/スコット・ラングの自伝書籍「Look Out for The Little Guy」のプロモーションとして、本文の抜粋を紹介しています。この書籍はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の劇中にも登場しています。

sponsored link
 

「クアントマニア」ではスコット・ラングが自伝本を発売し、そのイベントを開催する様子などが映画の冒頭で描かれていましたが、この本はそれを実物化したものであり、MCUのアントマンの足跡について記されているようです。

マーベル公式は256ページに及ぶこの自伝の冒頭部分の18000文字ほどを抜粋して紹介。スコット・ラングが本を執筆するに至った経緯には、二人のアベンジャーズたちの関与があったことも明かされています。

以下はざっくりと要約、翻訳した内容です。

やあ。どういたしまして。ちょっと!ああ、俺は紹介が嫌いなんだ。

この本を読んでくださっている方は、まず、ありがとう!俺は自分の体をエンパイア・ステート・ビルほど大きくすることができても、自尊心がアリの大きさになる日もある。おそらくそれは、アベンジャーであり、地球上で最も強力で最も賢い人々と一緒に働くという職業上の危険かもしれないが、その感情はまだ残っています。思い出してみても、俺は世界の半分を救ったのです。

とにかく、俺の名前はスコット・ラング。あなたは今、あるいはかつては俺のことを「アントマン」として知っていたかもしれない。

しかし、スコット・ラングとは誰なのか?そうだね、俺は普通の中年白人男性で、派手なオタク大学に通い、結婚し、堅実な事務職に就いていたんだ。俺は以前、セキュリティを扱う巨大なテクノロジー企業である VistaCorp でコンピューター担当として働いてた。(ああ、皮肉なことですが、ちょっと待って!) 妻のマギーと俺にはキャシーという名の女の子がいて、サンフランシスコ郊外で、平和な生活を始めようとしていたんだ。

確かに、俺たちはテレビで世界が時折奇妙な存在の攻撃にさらされているのを見ていました。しかし、俺たちはまた、アベンジャーズと呼ばれるこの驚くべきスーパーヒーローのグループも見ていた。彼らは常に必要なときに正確に現れ、悪者を追い返した。そして彼らは俺たちの地球から、そして俺の人生から去っていったんだ。

しかし、地球上にはまだ悪者たちがいた。具体的に言うと、俺の職場だ。

時間が経つにつれて、俺の会社は完全に順調ではないことに気づき始めました。俺の上司の(誤った)指導のもと、俺が働いていた会社 VistaCorp は、その優れたセキュリティ技術を利用して顧客を利用し始めたんだ。具体的には、何者かが支払い処理ソフトウェアに欠陥を見逃したか、意図的に欠陥を作り、顧客口座から数百万ドルをかすめ取ったということ。

俺はそれではいけないと決心した。

「合法的」「合理的」「賢明」などと形容されるような、会社に対する抵抗を何度も試みた後、俺は別の方向に進むことにした。

良い点から説明しよう。俺は顧客に500万ドルを返し、VistaCorp の不正取引を世間に暴露した。

そしてその一方で、俺は非常に高価なスポーツカーを非常に高価なプールにダイブさせ、俺自身もサンクエンティン連邦刑務所に3年間入れる事になった。

さらに悪いことに、これはマギーとの結婚生活が破綻した時期でもあったんだ。理由の詳細には触れたくない、これはあくまでスコットとマギーの話だ。しかし、「夫が突然3年間単身赴任する」ということは、必ずしも結婚生活を救うものではなかった、ということだけは言っておきたい。

しかし、より重要なのは、離婚と投獄が、俺を愛する愛しい娘キャシーから実質的に引き離したことだ。彼女の貴重な最初の数年間はあまりにも長すぎた。彼女と俺が関係を築く機会さえあるだろうかと思いました。

結局、俺は刑期を終え、社会に戻ろうとしました。たとえ世界が俺をどうすべきかまだ分かっていないように見えたとしても。有罪判決を受けて仕事を得ることができなかった。お金も住む場所もなかった。キャシーと再会しようという俺の一度の喜びの試みも、マギーとその婚約者によって打ち切られ、面会交流や共同親権について話し合う前に、自分の人生を立て直さなければならないと言われたんだ。

しかし幸運なことに、俺を助けてくれた男が一人いた。

過去数年間を洞窟 (または亜原子領域) で過ごしたことがない限り、おそらく少なくとも ピム・テック の名前を聞いたことがあるだろう。少なくとも、ハンク・ピムの名前は。

まだご存知でない方のために説明すると、ハンク・ピムは驚くべき科学的進歩であるピム粒子の発明者だ。ピム粒子は、いずれかの方向に大規模に分子の縮小または拡大を引き起こす力を持っている。言い換えれば、超小型のものから超大型のものまで何でも作ることができるんだ。ハンクと彼の妻、ジャネット・ヴァン・ダインはこれを自分たちに直接利用し、オリジナルのアントマンとワスプとして数え切れないほどの英雄的な行為を行っていたんだ。

そして、スーパーヒーローゲーム以外でも、ハンクはピム・テックとして知られる本格的な研究開発事業を開始した。しかし数年前、ピム・テックは彼の発見を戦場で利用するために悪用し、その結果得られたテクノロジーを我々が本当に戦いを望んでいない人々に売りつけようとする不謹慎な人々の手に渡ったのです。その時までに、ハンクは文字通り自分の姓を掲げていた会社から追い出されていた。しかし、彼は自分の発明で何が計画されているか、そしてそれを止めなければならないことを知っていました。彼は、自分の作品をピム・テックから取り返す為に俺を「雇った」としましょう。

おいおい、スコット!今なんて言った。なんで親権争いからバイオテクノロジーのスパイ活動に変わったんだ?

そう、ちょうど俺が刑務所からよろよろと出てきて、自分自身を見つけようとしていたとき、ハンク・ピム――当時は知らなかった――が俺を見つけてくれたのです。ハンクは俺について研究しており、俺が電子機器と窃盗の両方に熟練していることを知っていました。そして最も重要なことは、彼は俺が失うものは何も残っていないことを知っていました。

俺には気づかないうちに、ハンクは俺を、非常に手ごわい金庫からアントマンのスーツを盗むようにそそのかして、俺を「試し」ました。それが成功すると、ハンクと彼の娘のホープ・ヴァン・ダインが、警察の拘留から俺を「盗んで」、仕事をオファーし(あたかも俺に選択肢があるかのように!)、そして最もクレイジーな最高のパフォーマンスをやり遂げるように俺を訓練してくれました。 

では、世界を脅かす可能性がある軍事技術を正当な創造者に返せば、再び平和が戻るよね?

でも、それは間違ってた。

文字通り、俺がピム・テック作戦を成功させるや否や(昔の刑務所仲間や非常に熟練したアリの協力を得て)、気がつくとアベンジャーズと対面していた。

まあ、とにかく二人だ。キャプテン・アメリカとファルコン。信じてくれ、十分です。俺はすでにファルコンと戦い、今度は彼とキャップ(俺がすぐに彼に電話することになるので、大したことではありません)が実際に俺の助けを求めていました。

おお。つまり、すごい!もう俺を追跡しているのは、気難しい年老いた半ば引退した科学者だけではなくなりました。今や俺は地球最強のヒーローたちの注意を引いたのです。

つまり、彼らが俺に求めていたのは・・・少し難しい。基本的に、アベンジャーズには、ここで立ち入るには複雑すぎる問題をめぐって大きな内部分裂があり、キャップとファルコンは、彼らの側に新鮮な(そして非常に適応力のある)筋肉を必要としていました。特に、これらすべてがドイツの空港での大規模なアベンジャーズ対アベンジャーズの騒動で最高潮に達したときは特にそうだった。ドイツ!俺は小さな独房で3年間を過ごしたばかりだったのに。今、俺は突然「ヨーロッパ旅行をしている」のか?

いさかいの詳細には立ち入りたくないが(実際、俺にはそうしない法的義務がある)、率直に話しておこう。

俺はもっ​​と「悪い」側にいたかもしれないと思う。

ご存知かと思うけど、最終的にはその戦いはすべて解決されました。そうでなければ、俺たちの地球は終わりのないアベンジャーズ内での衝突の灼熱の戦場になってしまったでしょう。

それで・・・今地球は平和ですか?

いいえ。その後、サノスのおかげで、宇宙の全生命の半分が消滅しました。つまり、地球にも他の場所にも平和はありません。

俺は行方不明になってから5年間近くにいませんでしたが (その理由はすぐに分かります)、でもちょうど間に合うように戻ってきて、別のタイムラインにジャンプして、宇宙のあらゆる悪者たちとフィールドで戦ったのです。ニューヨーク州北部で、アベンジャーズがサノスを阻止し、すべての人々を本来あるべき場所に戻すのを助けました。最後になりましたが、俺の貴重な希望を俺と一緒に戻すことも含めて!

ご想像のとおり、あれは多くの・・・。

それでそれ以来、俺は物事をもう少し楽にしようと努めてきました。傷を癒やすこと。懐かしかった人たちとの再会。それが何を意味するのかを考えていたんだ。

そうそう、そしてもちろん、この本を書いている!

そして、スコット・ラングが誰であるかを本当に知りたい場合は、この本を読むことから始めることをお勧めします。

したがって、この時点で、あなたも非常に深刻な質問を抱えていると思います。これを書いている間、俺は一日に何千回も自分自身に問いかけてきました。

一体なぜスコット・ラングが初めてのスーパーヒーローとして本を書いたのでしょうか?

ここだけの話、俺はアベンジャーであることを誇りに思っていますが、時々「新参者」のようにも感じます。確かに、俺は究極のクラッチで勝ち上がりましたが、野球の用語で言うと、俺はスターターではなく、DH(指名ヒーロー)です。

俺はこう考えています。俺は「みんなのアベンジャー」です。俺はあなたが一緒にビールを飲める相手であり、旅行中や空港までのドライブ中に犬の世話を頼んでも大丈夫な相手。俺はスーパーソルジャーでも億万長者でもありません(この本が大成功しない限り)。ただの普通の父親であり、サンフランシスコ・ジャイアンツのファンであり、今でも過去の誤りを正そうとしている間違いを犯した男だ。

一言で言えば、俺は異常な状況に何度も追い込まれた普通の男。

そして、それがなぜ俺がこの本を書いたのかという質問にまだ完全には答えていないことはわかっています。

簡単な答えは、「アベンジャーズに頼まれたから」です。

ある日、ブルース・“ハルク”・バナーとクリント・“ホークアイ”・バートンが俺をランチに連れて行ってくれました。彼らは、サノスとブリップで何が起こったのか、そして最終的に物事を元に戻すための俺たちの長い闘いが世界に本当に理解されていないことを懸念していると言いました。

最初は、重い話題に直面したときにいつもそうしているように、「何が起こったのか、少なくとも世界の半分は知っているよ」と冗談を言いました。

ブルースは、「ああ、もちろんだとも。しかし、何十億もの人がこれらの不快で心を揺さぶるような出来事を経験したが、その背後にある完全なストーリーは知らないんだ」と答えました。そして最終的には、人々がトラウマ的な出来事を乗り越え、乗り越えるために最も必要なのは、それがすべて意味をなすのに役立つ物語です。

「わかった」と俺は同意した。「しっかりとした計画だ。それで、誰にその話をしてもらうつもり?」

クリントはこう答えた。「お前だ、スコット。君はつい最近この事件に巻き込まれた男だ。あなたはまだ一般の世界に片足を突っ込んでいる。そして、君はみんなに好かれる男だ。そして信頼されている。」

そしてブルースは、「これは大変なことだが、そしてあなたほど楽しく過ごす方法を知っている人は誰もいない」と契約を締結した。

良い事だ。でも俺にはまだたくさんの疑問があった。俺はその歴史のすべてを目撃したわけではなかった。俺はワカンダの戦いや、サノスがさまざまなインフィニティ・ストーンを集めるきっかけとなった出来事には参加していなかったんだ。

しかし、ほとんどすぐに、自分の答えが何になるかわかりました。俺の知る限り、アベンジャーズに仕事を頼まれたら、どんな仕事でも、「はい」と答えるさ。それで俺はそうた。2回の素早い握手(ブルースは現在ハルクの体に永久に残っているが、「固くなりすぎない」ように心がけていた)で決着した。彼らは俺にすべてのアーカイブ映像とドキュメントを提供し、行きたいところならどこへでも連れて行ってくれ、必要なだけ質問させてくれたんだ。

ただ一つ言えるのは、実際にそれが俺にとって100パーセント解決できたわけではないということです――内面的には。2 人の素晴らしいスーパー ヒーローが信頼を寄せてくれたという自信のピークから、恐ろしいほど急激に自信喪失に陥りました。彼らの合理的な理由にもかかわらず、この事件全体は、大人になってからのほとんどの期間、俺の心の中で燃え続けてきた疑問を引き起こしました。

なんで俺なんだ?

アベンジャーズに出会う前から、そう自分に問い続けてきた。俺が VistaCorp で働いていた頃、彼らが顧客からお金を盗んでいたことを知り、夜も眠れなくなったのはなぜ俺だけだったのだろうか?なぜ俺は、ロビン・フッドを演じるためだけに、仕事を放棄し、結婚も諦め、サン・クエンティンで 3 年間を過ごしたのか?

そして最後に、これはまだ賢いのですが、VistaCorp の厄介なビジネスが世界に公になったとき、なぜ俺がそれに屈することになったのでしょうか?

これらの質問に対する答えはわかりません。そしておそらく今後も解決しないだろう。

ドクター・ストレンジですら教えてくれないし、信じてもらえないのは、俺の質問が足りなかったからではない。地球の戦いの紫塵が落ち着いた後、俺はその男と絆を深めてみました。言っておきますが、彼は俺の14,000,605通りの過去を俺に教えることに消極的か、興味がありませんでした。

しかし、俺が知っていることは次のとおりです。VistaCorp と刑務所での経験は、俺たちの世界が壊れていることを教えてくれました。そして、俺のような、可能性が低い人々がその仕事に乗り出さない限り、この問題は決して解決しないということです。

そして、ハンク・ピムが俺を前科者のたまり場から引き抜き、アントマン2.0として働かせたとき、俺には「なぜ」というぼんやりとした輪郭が見え始めました。もしかしたら、俺が耐えてきたあの困難な年月は、実はもっと高い目的のための準備だったのかもしれない。

それは良いことだ。なぜなら、ヒーローとして初めて外に出た直後、俺はドイツでアベンジャーズが他のアベンジャーズと戦うという、前述の非常に恐ろしくややこしい仕事に徴兵され、超スーパーマックス水中刑務所に送られたからだ。そして再び俺は転落し、自宅軟禁下でさらに2年間拘留されなければならなかった。

なぜまた俺が?

まだ完全に答えは見つかっていませんが、その答えが見え始めていました。成功、そして多くの場合、人生が量子力学に依存している男にとって、これは奇妙な以上に聞こえるでしょうが、基本的に、俺は感じていました。

一見考えられないようなシナリオから別のシナリオに引きずり込まれ、不可能だと夢にも思わなかったことをするよう求められたときでさえ、多くの信じられないようなことが実際に可能であることがわかり始め、そして俺はそれらを実行しているんだ。そして、彼らはますます感じ始めました。これ以上良い言葉が見つからないのです。

これは、アベンジャーズの仲間たちがミッション中や戦闘中に感じる種類の感情であることはわかっています。彼らはそれに慣れているかもしれませんが、俺はようやくそこに到達したところです。想像できる限り最も恐ろしい敵に直面したときでも、自分に不利な確率が指数関数的に積み重なったときでも、より大きな善に奉仕するために他の人たちと協力しているなら、自分は正しい場所にいて、正しいことをしているという感覚に。地球のみんなのために。

そして正直に言うと、これがアベンジャーズ物語全体の背後にある本当の話。それは皆さんと共有することが最も重要だと俺が考えたものです。それが俺がランチカウンターであの二人のアベンジャーズにイエスと答えた深い理由だった。なぜなら、またもや、不可能に思えること(少なくとも、非常に勧められないこと)をするよう求められていることが分かっていたからです。しかし、その代わりに、その感情を定着させ、自分を導くことにしました。

そして、その気持ちをみんなと共有する必要があることに気づきました。

なぜなら、結局のところ、予想外に、そして一見手の届かないところにある人生が、どこに自分たちを引きずり込むのか、誰にも分からないからです。スティーブ・ロジャースは、戦時中は痩せ型の男ができる限りのことしかやらないだろうと想像して、戦いに参加した。トニー・スタークは優秀で成功しましたが、心のどこかで父親の影から抜け出すことができるだろうかと疑問に思っていたことを俺は知っています。職業的に成功を収めたドクター・ストレンジですら、ミスティック・アーツのマスターになるなど想像もできなかったでしょうし、そのようなものが存在することさえ想像できませんでした。

そして、その同じ予測不可能性は、俺にとっても同様にあなたにも当てはまります。人生のせいで体が小さくなり、元刑務所の仲間が水を張っている浴槽に放り込まれたらどうしますか?そうですね、それは俺だけかもしれません。しかし、会社の強欲をあえて告発したために、人生で予期せず荷物をまとめて 3 年間の仕事を終えて、そのまま刑務所に入れられたときはどうでしょうか?

理由は尋ねません。「ここからどこへ行けばいいですか?」と尋ねます。

なぜなら、少なくとも現時点では、それが人生においてあなたに課せられた仕事であり、あなたが辞めることのできない種類の仕事だからです。

逃げることはできますが、身を縮めて浴槽に飛び込むことはできても、隠れることはできません。

技術的に言えば、俺は超能力を持っていない、と前に言いました。しかし、別の見方をすると、俺は実際にそうなのです。さらにすごいことがあります。それは皆さんも同じです。

体の大きさを自在に変えることができる俺は、世界が「大きい奴」と「小さい奴」で溢れていることを見てきた。そして当然のことながら、前者は常に後者を踏みつけています。これは仕様による場合もありますが、地位や意欲のせいで、偉い人たちは、ただ生きていこうとしている毎日の勤勉な人々のことさえ見ていないこともあります。

だからこそ、この小さな男の世話をするのが、俺のような人間、そしてこの本を通してこれから説明するように、あなた方の仕事なのです。それは、単に仕事を受け入れることを選択するだけで、俺たち全員ができる超強力な能力です。

あなたは理由があってこの場所と時間にいるのですが、他の誰もそうではありません。したがって、次の不確実で、可能性が低く、「不可能」なステップがあなたに明らかになったとき、自分がピムであろうとなかろうと、体のあらゆる粒子を使って、「なぜ俺なんだ?」という考えを向けるようにお願いします。あるいは「なぜ俺ではないのか?」

少なくとも、アベンジャーズに彼らの物語を伝えると約束したとき、俺はそうしようと努めました。そして、それを行う方法を俺が知る最良の方法は、同時に俺にも伝えることです。なぜなら、俺が学んだように、起こった何か大きなことについて話し始めると、そこから学べる小さな教訓も見えてくるので、自分自身と他の人を助けるためにそれを共有したいと思うからです。

おそらくそれは、娘のキャシーの人生のかなりの部分で彼女のそばにいて、俺が学んだことを彼女と共有する機会がなかったからかもしれません。俺はまだそれに取り組んでいますが、彼女自身がすでに大人になり、俺が彼女を導くことなくすでに多くを見たり経験したりしているので、今は難しい。俺はその船に乗り遅れましたが、信じてください、あなたは「お父さんの知恵」の本をまるまる一冊家に焼きたいと思っています。

それが俺がこの本でやろうとしていることです。俺がそれをどのように見て、経験し、ヒーロー仲間から直接聞いたかから、すべてを語ります。あなたをヒーローの世界へご案内します。

その過程で、あなたは俺の物語、スコット・ラングの物語について聞くことになるでしょう。俺が始まりから、俺が(アリの)人間になり、そして今もなりつつあるまで。俺が信じられないほど魅力的だから?いいえ。なぜなら、俺の人生は、あなたの人生と同じように、その教訓を他の人と共有する方法を見つけられなければ、その価値の半分を失ってしまうからです。

そして最後に、なぜなら、俺の言葉から他に何も受け取らないなら、俺が共有したいのは、俺たち全員を巨人たらしめているのは、俺たちが小さな男にどれだけ気を配っているかであるということです。仲間の人間が最も必要としているときに、俺たちがどのように助けるか。俺たちの最大のスーパーパワーは、単に聞く耳、心配する目、または差し伸べられる手である可能性があります。単に現れて、人生が俺たちに与えた信じられないほどありそうもない仕事をすることで、俺たちはどのようにして「ヒーローの制服」を着ているのか。

仕事について言えば、残り一冊分の本を書かなければなりません。ああ、なぜ俺はこれに同意したのですか?なんで俺なんだ?

書籍「Look Out for The Little Guy」は 2023年9月5日 発売予定、映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」はディズニープラスで配信中です。

-グッズとイベント, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

クリス・ヘムズワースさん、「ソー:ラブ&サンダー」後も再演に意欲を示すも、心配を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」で主演を務めるクリス・ヘムズワースさんが海外メディア Today …

映画「キャプテン・アメリカ4」に「メイズ・ランナー」、「アリータ」のローサ・サラザールさんが出演か

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」にローサ・サ …

【噂話】映画「シャン・チー2」の公開日が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作を予定しているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー2」の公開日が 2025年2月14日 …

エリザベス・オルセンさんが今後共演してみたいキャラクターについて言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」などでスカ …

ジェイミー・アレクサンダーさんが映画「マイティ・ソー」の公開10周年をお祝い

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」の公開10周年を祝って、レディ・シフを演じたジェイミー・アレクサンダーさ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。