まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」、来月から撮影開始

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」の主人公アガサ・ハークネスを演じるキャスリン・ハーンさんが、先日開催されたシカゴ映画祭に出席し、その際のインタビューでドラマの撮影が来月から始まることを明かしました。

sponsored link
 

ジャーナリストの Brooke Geiger McDonald 氏がインタビューの動画を撮影し、ツイッターに投稿。

その中でハーンさんは「私たちはカヴンの準備をしている最中で、とてもデリシャスなものになるでしょう。約1か月後に撮影を開始します。」と述べています。

「アガサ:カヴン・オブ・カオス」が改題される前、「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス」として準備されていた頃、撮影は2022年10月開始とも2023年始めとも報じられていました。タイトルは変更されたものの、そのスケジュールには影響がなかったようで、ほぼほぼ予定通りといった撮影時期になるようです。

本作の内容に関して全く明らかになっていませんが、Murphy’s Multiverse は本作が18歳から20歳のゲイのキャラクターを演じる俳優を募集していると報道。

一人は、「機知に富み」、「ユーモアのセンスがある」、「ちょっとしたファンボーイ」のキャラクターという事で、コミックファンはこのキャラクターをウィッカン/ビリー・マキシモフだと考えています。

もう一人は、「体格が良く」、「素晴らしいユーモアのセンス」を備えた「親切な魂」の持ち主との事で、これがヤングアベンジャーズのハルクリング/テディ・アルトマンだと考えられています。ハルクリングはクリーの戦士とスクラルの王族の血を引く混血宇宙人で、ハルクとは関係ありません。

2020年のコミックでは二人の結婚式も描かれています。

©MARVEL

ただし、MCUのビリーはまだ幼く、ドラマ「ワンダヴィジョン」と映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ではジュリアン・ヒリアードくんが演じていました。

ヒリアードくんはビリーの再演を希望していますが、何らかの展開で時間がスキップされ、成長したビリーを別の俳優さんが演じることになるのか、注目となりそうです。

ドラマ「アガサ:カヴン・オブ・カオス」は 2023年冬にディズニープラスで配信予定です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドキュメンタリ「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ムーンナイトの裏側」が日本でも配信開始

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の裏側をお届けするドキュメンタリ番組「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ムーンナイトの裏側」が米国と同じくディズニープラスに追加さ …

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」からバッキーのワカンダアームの秘密を明かす動画が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」から、VFX担当のエリック・リーブンさんがバッキーのワカンダ製義手の秘密について説明する動画が公開さ …

ドラマ「ワンダヴィジョン」、悪魔の数字が見つかる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」の中で、いわゆる悪魔の数字である「666」が発見されたことが海外掲示板のRedditで報告され、話題を呼んでいます。見つかった …

ドラマ「ムーンナイト」にオスカー・アイザックさんが交渉中

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のムーンナイト/マーク・スペクター役にスター・ウォーズシリーズや映画「X-MEN/アポカリプス」でアポ …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド ファイナルシーズン」のポスターが公開

米ABCが放送を予定しているドラマ「エージェント・オブ・シールド」のファイナルシーズンとなるシーズン7のポスターが、公式Twitter上で公開されました。 Get ready to travel wi …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。