まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

ドクター・ドゥームのプロジェクトが進行中?米ラジオで放送された謎の音声が話題に

投稿日:

Twitterユーザーの@WashedUpTweeter 氏が、アメリカのラジオDJであるハワード・スターンさんがドクター・ドゥームのプロジェクトに関与している可能性を示す証拠を発見したと投稿しました。投稿ではハワード・スターン・ショーのコマーシャル中に、スターン氏とクルーのマイクがオンになったままになっており、ドクター・ドゥームを中心とした興味深い会話が展開されていました。

sponsored link
 

この謎の会話の中でスターンさんはこの夏の仕事としてマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が電話してきたと話し、「僕はドクター・ドゥームをやるつもりだ。」と述べています。そしてこれに関してスケジュールを調整中とし、「ロバート・ダウニーJr.に電話して演技のテクニックを教えてもらったよ」と明かしています。その後もクルーにジョン・ファブロー監督の電話番号を聞くような会話も展開されていました。

会話に登場する人物たちから察するに、これが真実であればMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のプロジェクトであるのは間違いないようです。

ロバート・ダウニーJrさんはMCUでアイアンマン/トニー・スタークを演じた印象が強いですが、もともとはドクター・ドゥームとしてキャスティングが予定されていました。そのため、彼にドゥーム役のアドバイスを求めるの事は理に適っています。

しかし、ハワード・スターンさんはラジオパーソナリティとしては異例の著名人で、テレビ出演も多いものの、演技に関しては自伝映画で本人役を演じた一本だけ。

もともと、スターンさんの放送は炎上騒動や物議を醸すことが多く、聴取率を上げるため下品で過激な発言や、性的に卑猥な内容や人種差別をネタとしたジョークなどが目立つとされています。そのため、マーベルファンの一部は今回の音声もいたずらの一部ではないかと見ており、鵜呑みには出来ない姿勢を見せています。

ドクター・ドゥームはファンタスティック・フォーの代表的なヴィランであり、マーベルユニバース全体にとっても指折りの脅威のひとつ。MCUにおいても1作退場はないと考えられており、サノスや征服者カーンのように複数の作品にわたってヒーローたちを苦しめる事が予想されています。

MCUでリブートされる映画「ファンタスティック・フォー」は監督が降板したことで今後のスケジュールが不透明になっていますが、近々発表があるとされる今後のロードマップなどで新情報が公開されるかもしれません。

ソース:Did Howard Stern Just Leak Marvel Studios’ Doctor Doom Plans?

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ」よりドルマムゥの異なるコンセプトアートが公開

映画「ドクター・ストレンジ」(2017年)に登場したドルマムゥのコンセプトアートが公開されました。アーティストの ジェラド・S・マランツさんがInstagramで公開したもので、実際の劇中に登場したド …

映画「スパイダーマン:NWH」、ミッドタウン高校のコンセプトアートが公開、トニーやジェーンの姿も

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より、主人公ピーター・パーカーが通っているミッドタウン高校のコンセプトアートが公開されました。Maciej …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の日本版ポスターが公開され海外で話題に

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新たなポスターが続々と公開されています。映画の米国公開まで一ヶ月を切る中、マレーシア最大の映画館チェーンG …

ジェイミー・アレクサンダーさんが映画「マイティ・ソー」の公開10周年をお祝い

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」の公開10周年を祝って、レディ・シフを演じたジェイミー・アレクサンダーさんがInstagramを更新しました。2011年5月6日に …

MCU版「ブレイド」は元々ドラマとして計画されていた ─ 主演マハーシャラ・アリさんが明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズとして公開予定の映画「ブレイド」は、元々は映画ではなくテレビドラマシリーズとして制作される予定であったことを、主演を務めるマハーシャラ・アリさんが …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。