まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「シャン・チー」主演シム・リウさんがフィン・ファン・フーム登場の噂を否定

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」で主演を務める俳優のシム・リウさんが、海外メディア NBC News とのインタビューの中で、ドラゴン型エイリアン、フィン・ファン・フーム登場の噂を否定しました。

sponsored link
 

昨今のアメリカにおけるアジア系民族に対するヘイトクライムを背景に、ハリウッドと映画、そしてアジアとの関連性についてシム・リウさんは以下のように述べました。

ジャッキー・チェンやジェット・リー、そしてブルース・リーが大好きで育ちました。しかし、年を重ねるにつれ、疑問を感じるようになりました。特にエンターテインメント業界では、それが私たちの唯一の価値なのでしょうか。

マーベルには、たくさんのヒーローがいます。アジア人のヒーローも、アジア系アメリカ人のヒーローも、男性も女性も、あらゆる年齢層の人たちがいて、その全員がマーシャルアーツをやっているわけではありません。しかし、だからといって、それぞれのアークやストーリー、微妙なニュアンスがないわけではありません。それが重要なのだと思います。

そして、「本作は(日系アメリカ人を母にもつ)デスティン・ダニエル・クレットン監督をはじめとするアジア文化をよく知る人たちによって作られたこと、また、フィン・ファン・フームという不思議な名前の変幻自在のドラゴンのような存在など、原作要素が映画に登場しないことも助けになっています。」とコメントしました。

インタビューの中で噂について直接尋ねられたわけではありませんが、リウさんは回答の流れで噂を否定する形となりました。

このエイリアンは映画のタイトルにも含まれているテンリングスを作った種族であり、コミック通りのオリジンを描くのであれば避けては通れない存在です。

映画では別のオリジンとなるのか、あるいは2作目以降に持ち越される可能性もありますが、フィン・ファン・フームは本当に登場しないのか、あるいは秘密を守るためのコメントなのかどちらでしょうか。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日 日米同時公開予定です。

ソース:Simu Liu, the Asian Marvel superhero emerging at a critical time

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】マーベル公式サイトに映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」からキャラクターが追加

マーベルの公式WEBサイト、marvel.com のキャラクターリストに、現在公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」からいくつかのキャラク …

映画「エターナルズ」、コミックからの性別変更について「チームは人類の縮図にしたかった」と説明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」の記者会見に登場したスタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏とクロエ・ジャオ監督が、今作の映画においてエイジャック …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」、監督がクレジットシーンの先の可能性について言及

ソニー・ピクチャーズ制作のSSUの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が海外メディア Deadline のポッドキャスト Hero Nation にゲストとして登場 …

イベント「アベンジャーズ展」が2022年に日本上陸、世界23都市で行われた没入型展覧会

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界を体感できる没入型展覧会「アベンジャーズ展」(原題:AVENGERS STATION EVOLUTION)が2022年に日本で開催されることが発表さ …

ソニー・ピクチャーズが女性中心のマーベル映画を開発中

ソニー・ピクチャーズが新しいマーベル映画を開発中であると、海外メディアの Variety が報じました。 sponsored link   記事によると、Netflixのマーベルドラマ「ジェシカ・ジョ …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」、制作されなかったドクター・ストレンジのカメオシーンが明らかに
NEXT
ドラマ「ロキ」の新たな動画”Mischief Featurette”が公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。