まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

スパイダーマンの新たな敵「クイーン・ゴブリン」が誕生

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベルはスパイダーマンの新たなヴィラン「クイーン・ゴブリン」を発表しました。ピーター・パーカーのクローンであるベン・ライリーが瀕死の重傷を負ったピーターの後を継ぎ、スパイダーマンとして活動を開始、新たにビヨンド社で働くことになりました。そこでライリーは新たなヴィランであるクイーン・ゴブリンと対峙していくことになるといいます。

sponsored link
 

スパイダーマンの歴史に長いルーツを持つこの凶悪な新しいゴブリン「クイーン・ゴブリン」は、ライターのゼブ・ウェルズさんとアーティストのマイケル・ダウリングさんによる2022年2月の「アメイジング・スパイダーマン」#88に初登場する予定です。

マーベルのストームブレイカーであるパトリック・グリーソンさんによってデザインされたクイーン・ゴブリンは、今後数ヶ月の間にスパイディの大きな悩みの種となるとの事。

©2021 MARVEL

エグゼクティブ・エディターのニック・ロウさんは、新たなゴブリンの誕生について、「クイーン・ゴブリンは、ビヨンド・ストーリー・サミットでの最もクールなアイデアの一つでした。ライター全員がコンセプトやキャラクターについて意見を出し合いましたが、パット・グリーソンがデザインを掘り下げたとき、全員が夢中になったんです。スパイディのローグズ・ギャラリーに新たに加わったこのキャラクターを、皆さんは信じられないと思います。」とコメント。

グリーソンさんは「ニックとゼブから『ビヨンド』に登場するクイーン・ゴブリンのキャラクターデザインを手伝ってほしいと言われたとき、私は興奮しました。私たちは、古いゴブリンのおもちゃに少し手を加えて中世風にしました。アーサー・アダムスのような他のアートチームが彼女を使いこなすのを見るのは、さらに楽しいものです。ライティングチームは、彼女のデビューをクイーンにふさわしいものにしようと必死に取り組んでいます。私は今、いくつかの脳を溶かすようなシーンを書いているところなんです。」と述べています。

※X-MENに登場するゴブリンクイーン/マデリーン・プライアーとは異なります。

コミック「アメイジング・スパイダーマン」#88は 2022年2月2日 発売予定です。

ソース:公式

-コミック
-,

執筆者:

関連記事

ゴーストスパイダーがヒューゴー賞2021のファイナリストに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日行われた DisCon III で、2021年度のヒューゴー賞の最終候補作品が発表され、「GHOST-SPIDER VOL. 1: DOG …

マーベル・コミックスが新たなキャプテン・アメリカとなる黒人女性ニシェル・ライトを発表

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルが7月発売の「ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ」#2 で新たに黒人女性のキャプテン・アメリカが誕生する事を発表し …

ドラマ「シークレット・インベージョン」の結末はコミック「シージ」を元に「ソー5」への導線を設定しているのか?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」はスクラル人による地球侵略を描い …

マーベルが2021年の女性史月間のヴァリアントカバーを発表

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベルが2021年3月の女性史月間を記念したヴァリアントカバーを公開しました。アーティストのジェン・バーテルさんによるカバーは全8種類で、キ …

コミック「キャプテン・アメリカ#24」でシャロン・カーターが新たなアーマーをまとう

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 今週発刊されたコミック「キャプテン・アメリカ#24」にてレッドスカルが帰還しただけでなく、シャロン・カーターが新たなアイアンアーマーを手に入れ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。