まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

エヴェレット・ロス役マーティン・フリーマンさん、「ブラックパンサー2」の脚本は完成していた事を明かす

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー」でCIAのエージェント、エヴェレット・ロス役を演じた俳優のマーティン・フリーマンさんが、次回作「ブラックパンサー2」の脚本がすでに完成していたが、現在は作り直しているためこの先何が起こるかは分からないと、海外メディア Collider とのインタビューの中で明かしました。

sponsored link
 

フリーマンさんはインタビューで次のように話しました。

ええ、2作目の『ブラックパンサー』に出演しますよ。それがどんな形になるのか、近々ライアン・クーグラーと話すことになっています。脚本については(だから)何が起こるかわかりません。

チャドウィック・ボーズマンさん無しで「ブラックパンサー2」を製作する世界を想像できたかと聞かれたフリーマンさんは、

私の記憶が正しければ、チャドウィックが亡くなる直前には、脚本が出来ていて、その脚本に取り組んでいたんだけど、チャドが亡くなって、すぐに “ああ、そうか、じゃあブラックパンサーがいない世界もあるんだな。でもどうやってブラックパンサーなしでブラックパンサーをやるんだ?”と思いました。もちろん、チャドが亡くなる前に、彼なしでブラックパンサーをやるというのは馬鹿げた考えでした。狂っていたかもしれません。彼がここにいないということは、とても衝撃的で、今でもとても不思議なことです。だから、皆さんと同じように、次回作がどんな風になるのか興味がありますし、すぐにわかります。私が知っているのは、私がそれに参加しているということだけです。

とコメントしました。

主人公ティ・チャラ/ブラックパンサーを演じるチャドウィック・ボーズマンさんが2020年に逝去したため、同年内に撮影開始されるはずだった脚本は白紙となり、あらたに制作中ということのようです。

マーベル・スタジオは主人公不在のこの作品において、ティ・チャラ役をリキャストしないこと、ティ・チャラをCGで再現しないことを現状で明言しています。新たな主人公が誰になるかは明かされていません。

映画「ブラックパンサー2」は 2022年7月8日 米国公開予定です。

ソース:‘Black Panther 2’: Martin Freeman on Making the Sequel Without Chadwick Boseman

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ」続編のプリプロダクションが進行中

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、マーベル・スタジオの作品のいくつかも公開延期や撮影中断の報せが相次ぐ中、映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の作業は進行中である …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のデジタルリリースは3月1日から?米MSで予約が始まる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のデジタル版が米マイクロソフトのページに登場し、2022年3月1日から利用可能になっている事が明らかになりま …

トム・ホランドさんが映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の公開を祝福

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」が2021年10月1日に米国で公開された事を受け、MCU(マーベル・シネマティ …

映画「モービウス」、アル・マドリガルさんはSSUのコールソンになりたいと考えていたと言う

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」でロドリゲス捜査官を演じたアル・マドリガルさんが、海外メディア ComicBookMovie.com とのイ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ファーストティザーのチェックポイント

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公開まで半年を切り、本作のティザーが公開されています。今回の記事で …

PREV
ドラマ「ロキ」のポスターが公開
NEXT
ゲーム「Marvel's Avengers」今後のロードマップを公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。