まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「ロキ」ソフィア・ディ・マルティノーさん、ロキとシルヴィの関係を初恋中のティーンに例えて説明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」でシルヴィを演じるソフィア・ディ・マルティノーさんがマーベルとのインタビューの中で、ロキとシルヴィの絆について語りました。マルティノーさんは二人を「初恋をするティーン・エイジャー」に例えています。

sponsored link
 

マルティノーさんはインタビューで以下のように述べています。

トムが演じるロキはとても魅力的で、恋に落ちやすい男なんです。これは、シルヴィにとって非常に傷つきやすい立場です。私は、彼女が簡単にそのような状況に陥らないようにしたかったのです。それはとても気まずい瞬間なのです。彼らはそれをどうやって言葉にすればいいのかわからない、お互いにどう振る舞えばいいのかわからないのです。すべてがあまりにも強烈で、ちょっとやりすぎなんです。

第5話ではヴォイドの中でロキとシルヴィは2人の間に何が起こっているのかを話し合おうとしましたが、シルヴィがロキに自分の弱さを見せることについて、いまだに「非常に気が進まない」と感じていることを明かしました。

シルヴィはいまだにその弱さを見せることや、そのような形で誰かに思いを寄せたりすることを認めることを非常に嫌がっています。それは、彼女が一度もできなかったことなのです。機会がなく、好きな人はもちろん、気になる人にも会ったことがありません。彼女は壁を作っています。誰かのためにそれを崩すことはできないし、たとえそうしたいと思っても、それを取り除くのは難しいのです。

また、ロキとシルヴィを「最もハグを必要としているが、どうすればいいのかわからない」タイプの人々だと指摘しました。

ハグが本当に苦手な人っていますよね?ロキとシルヴィもそんな感じなんじゃないかな。ハグが一番必要なのに、どうすればいいのかわからない人たちです。そんな感じがします。私はただ二人を抱きしめて、「大丈夫だよ、みんな。大丈夫だよ。グループハグをしよう」と言いたいですね。

マルティノーさんが説明したように、5話でもまだすこし壁があるような態度のシルヴィでしたが、ロキとメビウスがしたように最終話でハグをすることが出来るのでしょうか。自分同士というシンプルかつ複雑なロマンスの終着地点がどうなるか、来週への期待が高まります。

ドラマ「ロキ」は 毎週水曜日 16時より ディズニープラスで新エピソードを追加配信中。次回、第6話(最終話)は 2021年7月14日 配信です。

ソース:‘Loki’: Sophia Di Martino on Fighting and Falling in Love

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、コンセプトアートの中にいくつかのマーベルキャラクターが発見される

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のメイキングドキュメンタリー「マーベル・スタジオ・アッセンブル」のロキ編が公開され、番組で様々なコンセプトアートが紹介される中で、一部のマ …

ドラマ「ホークアイ」の新トレーラーとフィーチャレットが公開

来週からディズニープラスで配信スタートのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」より、新たなトレーラー「Show Me」とフィーチャレットが公開されました。コミックのデザイ …

本日もドラマ「ワンダヴィジョン」の新たなポスターが公開 ─ 現代に追いついた?

動画配信サービス「ディズニープラス」で配信予定のドラマ「ワンダヴィジョン」のポスターが連日、公式SNS上で公開されており、6日目となる本日公開のポスターではテレビがブラウン管から液晶になるなど、モノク …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド ファイナルシーズン」のワンマンスティザーが公開

米ABCのドラマ「エージェント・オブ・シールド」のファイナルシーズンとなるシーズン7の放送開始を一ヶ月後に控え、One Monthと題されたティザー動画が公開されました。 What year are …

ドラマ「ムーンナイト」、5話と6話はコミックファンを「満足させる」という

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるグラント・カーティスさんとジャスティン・ベンソン監督、アーロン・ム …

PREV
アニメ「What if・・・?」関連話題 ─ あのキャラの米声優は戻ってこない?あのキャラクターが再登場?
NEXT
ドラマ「ロキ」、5話のカエルはもっとシーンがあったと脚本家が明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。