まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

アーロン・テイラー・ジョンソンさんがソニー映画「クレイヴン・ザ・ハンター」でクレイヴンを演じると報じられる

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが計画していると伝えられていた映画「クレイヴン・ザ・ハンター」で主人公のクレイヴンをアーロン・テイラー・ジョンソンさんが演じると、Variety Deadline など複数の大手メディアが報じました。スパイダーマンのヴィランであるクレイヴンを主人公としたこの映画は「ヴェノム」や「モービウス」などと共にソニーのスパイダーマン・ユニバースを拡張することになります。

sponsored link
 

Varietyの記事によると、本作はアヴィ・アラッド氏とマット・トルマック氏がプロデュースし、脚本はアート・マーカムさん、マット・ホロウェイさん、リチャード・ウェンクさんが担当するとの事。さらに2023年1月13日にリリースされる予定だと伝えています。

アーロン・テイラー・ジョンソンさんはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でクイックシルバー/ピエトロ・マキシモフを演じていましたが作中で死亡。マルチバース経由での再登場を期待するファンも多いですが、今回の報道があったことでその可能性はかなり低くなったようです。

マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズの世界は今の所は別世界扱いですが、この先同一化されたとしても、アーロン・テイラー・ジョンソンさんがヒーローとヴィランの両方を演じる事は特に問題にはならなさそうです。

映画「エターナルズ」の主人公とも言われているセルシ役を務めるジェンマ・チャンさんは、映画「キャプテン・マーベル」にてヴィランのミン・エルヴァを演じており、ヒーローとヴィランのダブルキャスティングとなっています。

「クレイヴン・ザ・ハンター」の実写化が叶う事で、ヴィランチーム「シニスター・シックス」の結成に一歩近づく感じがしますが、まだまだ不明な事も多い作品で、今後の情報には要注目です。

映画「クレイヴン・ザ・ハンター」は 2023年1月13日 米国公開予定です。

ソース:Aaron Taylor-Johnson to Play Marvel’s ‘Kraven the Hunter’ for Sony Pictures

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、なぜワンダはあんな事になってしまったか

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」が公開され約一週間、今回の記事ではワンダのこれまでを振り返りながら、 …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、新たなリーク写真はヴィランの影響を示唆か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の撮影現場でとられた新たな写真がSNS上で拡散されています。ガーディアンズシリーズでは珍しくない、 …

ドコモのギガプランでディズニー+が1年無料

マーベルの映画やドラマなど、映像作品を楽しむために欠かせない動画配信サービス「ディズニープラス」がドコモユーザー向けにキャンペーンを展開中。 sponsored link   「ドコモのギガプラン」& …

【映画紹介】「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」真の敵は誰なのか【MCU Vol.9】

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 2014年公開の映画「キャプテン・アメリカ/ウィンター …

ブリー・ラーソンさん、「アイアンマン2」や「マイティ・ソー」のオーディションを受けていた事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でキャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースを演じるブリー・ラーソンさんが自身のYoutubeチャンネルで、過去にオーディションを受けたものの役を入手でき …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」脚本家、マーベル・スタジオと新たな契約を結んだと報じられる
NEXT
ドラマ「シークレット・インベージョン」にクリストファー・マクドナルドさんがキャスティング

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。