まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【映画紹介】「アイアンマン3」心折れる社長【MCU Vol.7】

投稿日:2020年2月7日 更新日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

※この記事は本作の予告編程度の軽微なネタバレ、及び前作までのネタバレを含む可能性があります。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。

2013年公開の映画「アイアンマン3」
MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の7作目、
フェーズ2の最初の作品

MCUシリーズ 前作はこちら

アイアンマンシリーズ 前作はこちら

あらすじ

映画「アベンジャーズ」(2012年)のニューヨーク決戦から7ヶ月、トニー・スターク(アイアンマン)はスターク・インダストリーズの経営をペッパーに任せたまま、不眠不休でアーマーを作り続けていました。
異世界からの脅威に対してこれから先どう対抗していくのか、悩み苦しみ、不眠症やPTSDを併発していたのです。そしてその不安からアーマーを手放せなくなっていました。

そんな中、親友のハッピーがテロに巻き込まれてしまいました。
マンダリンと名乗るテロリストが手を引く爆破テロによって、命は助かったものの重篤でした。
精神不安定な状態に加えて怒りを覚えたトニーは、テレビのインタビューを通してマンダリンを挑発してしまうのでした。

見どころ

”さらばアイアンマン”のキャッチフレーズで公開された本作品。
2020年現在、アイアンマンシリーズの最後の作品でもあります。

「アイアンマン」(2008年)と同じくテロリストと戦う本作品。
トニーの技術が上がる反面、メンタル面でかなり落ちていく様子が描かれています。これまでのように軽々しい口をきくものの、不安定さを見て取れます。
これはロバート・ダウニーJrさんの演技力の賜物ですね。

アクションシーンはソーやハルクと違って、アイアンマンらしいテクニカルな戦い方。
ラストバトルの撮影中には、足首骨折により撮影中断もあったほど激しく仕上がっています。
また、シリーズで一番多くの種類のアーマーが登場し、そのシーンもかなり壮観で見応えがあります。

トニーの心を再起動する物語、ぜひご鑑賞ください。

アイアンマンの能力

マーク42

本作品のメインとなるアイアンマンのアーマー。

劇中では「自動キャッチ型スーツ」とも呼ばれている通り、トニーの身体にインプラントされたセンサーを元に、遠隔操作で自動装着されるようになりました。

パーツごとに分離制御可能で、時速1000kmで長距離飛行が可能です。
また、トニーの操作によって他人に装着することも可能なアーマーになっています。

キャラクター

トニー・スターク (アイアンマン)/演:ロバート・ダウニーJr

大富豪の天才発明家。ニューヨーク決戦で死にかけて以来、とにかく不安で胸いっぱい。

ジェームズ・ローズ(アイアンパトリオット)/演:ドン・チードル

トニーの親友で、本作では昇進して空軍大佐。
ウォーマシンを星条旗カラーに塗り替えられ、アイアンパトリオットという名称で国のために働かされます。本人はウォーマシンのほうが好みのようです。

マンダリン/演: ベン・キングズレー

テロ組織テンリングス(映画「アイアンマン」に登場)のボス。

ペッパー・ポッツ /演: グウィネス・パルトロウ

今までのようなアタフタは減りました。トニーの事を心配する反面、呆れてしまう場面も。

ハロルド・ホーガン /演:ジョン・ファヴロー

トニーの親友でスターク社の警備部長 。

アルドリッチ・キリアン /演:ガイ・ピアース

A.I.M.の創設者にして社長。その昔、トニーに約束を破られて自殺しかけたやわらかメンタル。

マヤ・ハンセン /演:レベッカ・ホール

エクストリミスを発明した植物学者。A.I.M.から研究資金を貰う代わりにエクストリミスを提供しました。
トニーがもっと自由奔放だったころに夜遊びした関係。

ハーレー・キーナー /演:タイ・シンプキンス

ローズヒルに住む小学生。両親は蒸発してしまったが、妹(劇中未登場)とふたりで強く生きているものの、学校ではいじめられっ子。
トニーをサポートします。

Youtubeムービーの無料プレビュー

-映画
-,

執筆者:

関連記事

【噂話】「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、日本とアダマンチウムの関係が再度報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で紹介され …

映画「ブレイド」の撮影は10月スタートへ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブレイド」の撮影が10月5日から2023年1月28日までのスケジ …

【映画紹介】「アイアンマン」MCUのはじまりの映画【MCU Vol.1】

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ※本記事は軽微なネタバレを含みます。あらかじめご了承いただける方のみ続きを御覧ください。 あらすじ 中東での自社兵器のデモに参加していたトニー …

セバスチャン・スタンさんがサムとバッキーの別れについてコメント ─ やっと自由に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズを演じるセバスチャン・スタンさんが、D23 Expo …

MCU版「スパイダーマン3」の米国公開が更に1ヶ月延期に ─ 日本での延期は未定 

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが手掛けるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマン最新作がさらに1ヶ月の延期となることを海外メディア …

PREV
ドクター・ストレンジ続編の新監督にサム・ライミ監督が交渉中
NEXT
ハルク カワイイ「マーベル Kawaii Art Figure2」発売中

  1. […] 【映画紹介】「アイアンマン3」心折れる社長【MCU Vol.7】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。