まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アニメ「ヒットモンキー」、声優やサイドキャラクターのシンジ、ハルカ、アキコ、イトウの詳細が発表

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

Huluの大人向けマーベルアニメ「ヒットモンキー」が全10話のシリーズになる事が発表され、キャストとキャラクターの詳細が発表されました。「ヒットモンキー」は東京の裏社会を舞台とし、アメリカ人暗殺者ブライスの亡霊に助けられたニホンザルが復讐の旅に出て、有名な「殺し屋の中の殺し屋」に成長する物語を描いています。

sponsored link
 

主人公モンキー(声:フレッド・タタショア)

日本のアルプスで平和に暮らしていたモンキーは、部族の悲劇的な死によって打ち砕かれ、自分の窮地を招いた人間の世界で復讐と暴力の道を歩み始めます。彼は人殺しの中の人殺しであり、ちょっとした怒りの問題を抱えています。シリーズを通して、彼は本来の優しい性格と、自分がしなければならない悪行との間の葛藤を乗り越えていかなければなりません。元殺し屋で、今はモンキーの良心の呵責に耐えているブライスの亡霊との複雑な友情を通して、モンキーが怒りに溺れるのか、それとも怒りを良い方向に向けるのかが決まる。これは「ヒットモンキー」の物語である。

殺し屋ブライス(声:ジェイソン・サダイキス)

信じられないような間違った人生の選択をしてきた、世間知らずの殺し屋。仕事、旅行、ギャンブルで憂さを晴らしているが、殺しをするとなるとこれ以上の人はいない。日本アルプスで殺された後、ブライスとモンキーの亡霊が復讐のために結びついた。ブライスは、皮肉屋でひねくれた世界観を持つひどい指導者で、最後の使命を果たし、モンキーが本来あるべき姿になるのを助けるためには、最終的に自分の心を深く掘り下げなければならない。

ヨコハマ シンジ(声:ジョージ・タケイ)

生涯現役の公務員で、友人であり政治の師でもあるタカハラ ケンの政治活動を支えてきた人物。しかし、悲劇に見舞われたとき、彼らの政治的な夢を前に進めるためのバトンを受け取るのはシンジになる。両親を亡くした姪の明子を女手一つで育て上げた善良で誠実な男である。シンジは、誰もが望む政治家である。

アキコ(声:オリビア・マン)

賢く、野心的で、パワフルなアキコは、未来の日本の首相であるヨコマハシンジの姪です。大学と法科大学院のためにアメリカに滞在した経験を持つ彼女は、叔父の選挙運動の将来について強い意見を持って戻ってきました。しかし、彼女の本来の善良な性格には、シーズンが進むにつれて現れてくる暗黒面が隠されています。

ハルカ(声:アリー・マキ)

北部の小さな町出身の誠実な警官であるハルカは、腐敗した街を改革することを夢見て東京にやってきた。しかし、多くの悪徳商法を前にして、彼女は自分の価値観を持ち続けることができるのか?彼女の新しいパートナーであるイトウは、彼女の善悪の感覚を試し、最終的には彼女がずっと求めていた指導者であることを証明する。しかし、彼らの事件を完遂するために、彼女はいつも感じていたような警官になるために必要なものを持っているのだろうか?

イトウ(声:ノビ・ナカニシ)

警視庁の笑いものであり、酒癖が悪いイトウは、ヒットモンキーが実は善人なのではないかと疑っている東京で唯一の人物。しかし、新しいパートナーのハルカでさえ、誰も彼を信じてくれない。彼の名誉を回復するためには、自分の過去を深く掘り下げ、悪魔と向き合わなければなりません。



本作はジョシュ・ゴードンさんとウィル・スペックさんがクリエイター、ショーランナー、エグゼクティブ・プロデューサーを務め、キース・フォグルソンさん、マット・トンプソンさん、ニール・ホルマンさんが共同エグゼクティブ・プロデューサー、ダフィー・ブードローさん、モリー・ブロックさん、マーカス・ローゼントレイターさんがプロデュースを担当しています。

アニメ「ヒットモンキー」は 2021年11月17日 より米Huluにて配信開始です。日本での配信予定は不明です。

ソース:公式

-ドラマ
-,

執筆者:

関連記事

「ホークアイ」と「デアデビル」のキングピンは同一人物なのか?ヴィンセント・ドノフリオさんが言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」で、長年のファンにとって衝撃的なリターンを見せた …

ドラマ「ロキ」、5話のカエルはもっとシーンがあったと脚本家が明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第5話「未知への旅」に登場したスロッグことカエルのソーには削除されたシーンがあ …

映画「アントマン3」、キャスリン・ニュートンさんが「ホークアイ」ケイト・ビショップ役のテストを受けていた事が判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」で主人公スコット・ラングの娘 …

「エブエブ」アカデミー賞助演男優賞キー・ホイ・クァンさんの「ロキ」S2での役割について判明している事

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2023年3月12日(現地時間)にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された第95回アカデミー賞の授賞式で、助演男優賞に「エブリシング・エブ …

ディズニーCEOがMCUフェーズ4からの失敗の原因について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ウォルト・ディズニー社のCEOボブ・アイガー氏が海外メディア CNBC とのインタビューの中で、マーベル・スタジオの最近の苦戦の理由として、デ …

PREV
ルナ・スノーのニューシングル「Fly Away」のミュージックビデオが公開
NEXT
米ディズニープラス、11月12日から映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」配信、同日にはマーベルスペシャルルックも発表

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。