まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

アラクア・コックスさんがキャスティングコールを共有 ─ ドラマ「エコー」のキャスティングか

投稿日:

ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」でエコー/マヤ・ロペスを演じる女優のアラクア・コックスさんが自身のInstagramにて、ディズニープラス向けショーのキャスティングコールの画像を投稿しました。エコーはデビュー前から単独ドラマの制作が報じられており、今回公開されたものはそれに関連するものだと見られています。

sponsored link
 

アラクア・コックスさんがInstagramのストーリーに投稿した画像は以下のようなものでした。

Image from Instagram@alaquacox

今回のキャスティングコールでは、「ジェシカ」と「アイリス」という2人の女性キャラクターを演じる女優を募集していることが明らかになりました。

ジェシカは、「強くて、激しく独立していて、揺るぎない」キャラクターで、「時に不機嫌になる」傾向があるとされています。

ジェシカ:女性、15~18歳、ネイティブアメリカンまたはラテン系、ろう者。強く、激しく独立していて、揺るがない。時に不機嫌になる傾向がある。アメリカ手話に精通していること。

一方、アイリスは「温かく育つ」キャラクターとされています。

アイリス:女性、20代後半~30代前半、ネイティブアメリカンまたはラテン系、ろう者。温かく育つ。アメリカ手話に精通していること。

どちらの役も、耳の聞こえない役であり、手話の技術が必要なようです。

エコー自身が耳の聞こえないキャラクターであり、父親はネイティブ・アメリカンのシャイアン族の戦士で、母親はラテンアメリカ人です。ジェシカとアイリスは過去のシーンに登場するエコーとその母親の可能性がありそうです。

また、2022年の2月から米国で撮影が始まることも判明しました。

このショーのタイトルは伏せられていますが、アラクア・コックスさんが投稿したからには非常に高い確率で彼女が主演のドラマ「エコー」である事は疑いようがありません。この撮影日程からすれば配信は2023年の前半あたりになるのでしょうか。

エコーはデアデビルやキングピンと関係の深いキャラクターで、まずは配信を控えているドラマ「ホークアイ」でデビューする事になります。

「ホークアイ」はこれまでMCUに登場してきたクリント・バートンが二代目ホークアイとなるケイト・ビショップへとその名を継承する物語。ケイト、エコーに加えて「ブラックウィドウ」のナターシャ・ロマノフの妹エレーナ・ベロワも登場し、新世代の女性キャラクターが数多く登場する作品となります。

真偽不明の噂話ではS.H.I.E.L.D.のエージェントであるジェマ・シモンズモッキンバード/バーバラ・”ボビー”・モースの登場なども囁かれていました。

ドラマの中でエコーはどのような役割になるのでしょうか。

ドラマ「ホークアイ」は 2021年11月24日 ディズニープラスで配信開始です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」から新たなキャラクターポスターが公開 ─ 正式名称はどうなる?

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」から、2話「変異体」のラストで登場した、変異体ロキのキャラクターポスターが公開されました。この変異体はレディ・ロキと考えられていましたが、 …

ドラマ「ワンダヴィジョン」の監督が今作のダーシー・ルイスについて明かす

来週から配信が始まるドラマ「ワンダヴィジョン」には過去のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズからいくつかのキャラクターが再登場しますが、中でもダーシー・ルイスは2014年に公開された …

ドラマ「シーハルク」、現場写真でマーク・ラファロさんを確認

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」の撮影現場写真でハルク/ブルース・バナーを演じるマーク・ラファロさんの姿が確認されました。これは「シーハルク」に出演する女優のアナイ …

ドラマ「ワンダヴィジョン」、意外な場所で六角形が発見され海外で話題に

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」では1話から通して6という数字がキーになっているようで、特に六角形が目につく映像になっています。今 …

ドラマ「ホークアイ」よりエレノアとジャックのキャラクターポスターが公開

ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」より新たなキャラクターポスターが公開されました。今回公開されたのはホークアイ/クリント・バートンの相棒ケイ …

PREV
映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の新たなトレーラー”Rise Up”が公開
NEXT
アニメ「What if...?」、1話のイースターエッグをピックアップ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。